暑い夏こそ、フランス風の普段着アペロを楽しもう! ethica from paris 日本でも応用出来る3つの「普段着アペロの楽しみ方」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
暑い夏こそ、フランス風の普段着アペロを楽しもう! ethica from paris
梅雨も終われば暑い夏!キーンと冷えたビールや喉越しのよい爽やかなドリンクを飲みたくなる季節が到来します。さて、ここフランスでも、お待ちかねの夏!アペロが一番良く似合う季節がやってきました。

 

フランス人が大好きな「アペリティフ(=アペロapèro)」

 

一体、何だかご存知でしょうか? アペロを直訳すれば食前酒。なんだか畏まったお食事の時にお目見えする言葉のようですが、フランスではとても気軽な「とりあえず、ビール」的な「普段着」の存在。だから「アペロしませんか?」とはカジュアルなお誘いで、「ちょっと一杯どう?」とか、「お茶でもしない?」の意味に当たります。今日はフランス風、3つの「普段着アペロの楽しみ方」ご紹介します。

その1:テラスでのんびり、癒しのアペロ

夕方5時過ぎ、街中のカフェが「アペロ・バー」に変身です。仕事帰りの一杯、デートのお相手を待っている間の暇つぶし。そして、ご近所さんと立ち話に一杯。こんな感じでカフェのテラスは地元っ子がどんどん集まってくるのです。歴史があり有名文化人が集ったと言われるレ・ドゥ・マゴやカフェ・ド・フロール。ルーブル美術館、ピラミッド前のカフェ・マルリーだって同じ事。天気のよい日など、“テラス席”は大人気。店の中はガラガラなのにテラス席は超満員。そよ風に吹かれて仕事三昧の日常から解放。そこに喉を潤す“アペロ”があれば最高のリラックスタイムの始まり!と言わんばかり。開放的なテラス席を陣取ってアペロを飲むと、ふ〜っと一息、日常から離れた「バカンス」を思わせるのだとか。こうしてのんびり「癒しアペロ」楽しむのがフランス風なのです。

その2:気軽なお誘い、「アペロしない?」

アペロを楽しむのに時間も場所も体裁もお構いなし!がフランス風。週末のお昼、“今からアペロしない?”そんな急なお誘いがかかると、昨日の飲みかけのワインにコルクをはめ込んで、残り物のチーズをクルっと包み、さ〜出発。「お弁当つくらなきゃ、おもてなし料理しなきゃ。」なんていう心配もありません。道行く途中、バゲットやポテトチップス、ミニトマトやタルトを買って、近くの待ち合わせ場所へ。天気の良い午後は外でピクニックが始まります。サンマルタン運河のほとり、セーヌ川にかかる橋の上、近所の公園や広場がピクニック会場。持ち寄った物を地面にならべ、人数分の紙コップにアペロを注いで、「さあ、乾杯!」。おしゃべりを楽しみ、ゴロンと寝転がって、大きなあくび。初めて会った人もアペロのおかげですぐに打ち解けて、“今度は僕の家でアペロしない?”となるのです。フランス人にとって、友人を作ったり、親睦を深めるのには丁度イイ“アペロしませんか?”という習慣。なんだかとても心地よい存在ですね。

その3:お家の晩酌はナチュラル・アペロ

フランスは農業大国、そしてナチュラル製法、BIO(オーガニック、有機農法)製品への関心、浸透率も世界でもトップクラス。そんなフランスのグルメ界では、ナチュラルワインやBIO(オーガニック、有機農法)で作られた食べ物やドリンクの人気はグングンあがり、ナチュラルワインやBIOのおつまみだけを取り扱うバーやレストランも増えてきました。もっと驚くのは、近所のマルシェやスーパーで気軽にナチュラルワインやBIOビール、オーガニックのシードル(リンゴの発泡酒)がお手頃値段で買える事。我が家にもたびたび登場する、ナチュラルワインはボトルでななく、環境問題を考えた箱とパウチに包まれた画期的な形のもの。箱の下には蛇口がついていて、ここから好きな分だけナチュラルワインを注ぐ事ができます。2L程の大きなこのパウチBOX型ワイン。開封してからの保存期間も瓶詰の物より長いので、夫婦2人そしてお一人様晩酌にはぴったりなのです。まさに普段着のアペロ。今晩、あなたもこんなナチュラル・アペロで乾杯してみませんか?

ーーBackstage from “ethica”ーー

いかがでしたか、フランス風「普段着のアペロ」。 皆さんもアペロ時間を楽しみ、心に体にもゆとりのある食事習慣をはじめてはいかがでしょか?

 Mayu:   My profile, mon profil

I am a Japanese personal chef and vegetable expert  living in Paris. Born in Japan but, studied in USA, Canada and Mexico, then working in Tokyo and Europe.   My cooking and wine-sake knowledge have been developed with my international background.

I graduated from Japanese Traditional Cuisine  (Kaiseki) in Tokyo and from Le Cordon Blue in Paris, then, was working in the kitchen in restaurants and Ministry of Foreign Affairs.     Being as a personal chef, I have passion for BEAUTIFUL food with seasonal local products and the concept of ‘marriage’ with wine & japanese food, sake & french food.  Also,  I am interested in ‘food education’ for family and kids and ‘gluten free, bio,& multi-nutritious food’ for people  suffered from allergies.    In my cooking workshop,  I teach light and healthy french cuisine mixed with my japanese original idea, and beautiful japanese cuisine  with full of seasonal colour, excellent sources of nutritions and multi-vitamins.    But the most importantly, my objective is to make my guests have’ BIG SMILE’ &  ‘GOOD FEELING’.

パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードア ナリスト登録。パリでお料理教室Mayu’s Kitchen開催中。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で国際企業に勤務。海外生活中よくゲストを招 き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び、フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は 仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、フレンチ、和食、和モダン料理とのマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パー ティーのおもてなし料理を作る出張料理人。

お料理教室では、旬のBIO野菜を使っておしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜、バター少なめの 軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーで大変な子供やママ達のため代用食材でお料理を提供。世界各国から生徒が集まるため、英語、フ ランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室を開催中。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から届けられる新鮮な日本野菜でママンの和食も大人気。京 都・月桂冠酒造のフランス特派員として、SAKE・ 日本酒愛好家には酒と和モダンおつまみとのマリアージュを提案。巻き寿司、手毬、カワイイBENTO風なお料理のカルチャークラスは地元小中学校の子供達たちにも大人気。フランステレビ局<TV5MONDE Asia- Pacific>、WEB マガジン<ETHICA – 「私によくて、世界にイイ。」>などにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフレンチと和食・和モダンフードで世界をつなげて、皆HAPPYに心がける毎日。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Mayu Okada

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

ジャパンエキスポ2014「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」ethica from paris クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー、私によくて、世界にイイ。(日本によくて、フランスにイイ。)
DIYを身近に。甦れ、私のジュエリー! ethica from paris ヨーロッパでは家族代々受け継ぐ“婚約指輪”も定番の1つ。相手の家族に受け入れてもらえる!という安心感と嬉しさで、ぐ〜んと“婚約指輪”の価値が上がると思いませんか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます