夏はお祭り! 鹿踊に込められた日本の魂を見に行こう!【ReDiscover Japan】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
夏はお祭り! 鹿踊に込められた日本の魂を見に行こう!【ReDiscover Japan】

写真提供:まつもとけいこ

皆さん、夏休みの予定は立てましたか? まだの方にご提案があります。この夏は、東北に鹿踊(ししおどり)を観に行きませんか?

鹿踊は東北地方を中心に伝承されている郷土芸能、獅子舞の一種。力強くダイナミックで、見る人の心を奪う芸能です。今回は、公益社団法人全日本郷土芸能協会の職員で行山流舞川鹿子躍の伝承者でもある小岩秀太郎さんに、鹿踊の見所を教えてもらいました。

岩手県大槌町の幕踊系「臼澤鹿子踊」

見所①:勇ましくも、少しおどろおどろしい感じもする装束

鹿踊は、踊り手が演奏を行なう「太鼓踊系」と踊り手とは別に祭囃子の演奏者がつく「幕踊系」に分けられます。

幕踊系の装束は、幕で体を覆い、頭に鹿を模した鹿頭(ししがしら)を乗せるのが特徴。髪の毛として木を削ったものや障子紙を取り付けています。地域や流派によって鹿頭は異なり、写実的な鹿であったり、牛、龍、麒麟といえるようなものであったりと、バラエティに富んでいます。いずれにしても、その姿は怪異ともいえるほど。

岩手県一関市の太鼓踊系「行山流舞川鹿子踊」 写真提供:行山流舞川鹿子躍保存会

太鼓踊系の装束では、腰には締太鼓、頭に本物の鹿角と馬の尻尾で作った髪の毛を付けた木彫りの鹿頭(ししがしら)をいただき、3メートル以上ある竹に障子紙を貼って御幣(ごへい・神社で神主が手に持ち、しゃらしゃらと振る神具)に見立てたササラを背中に背負います。流派によって少しずつ異なりますが、装束の重さは15キロ以上にもなるそうです。

見所②:装束の意味と「まれびと信仰」

幕踊系の装束も、太鼓踊系の装束も、どちらも異様な姿ですが、それもそのはず、鹿踊は近代日本を代表する国文学者・民俗学者の折口信夫のいう「まれびと信仰」の表れの一つと考えられています。「まれびと」とは、異界から来訪する霊的もしくは神の本質的存在を指しています。つまり鹿踊は、秋田のなまはげのように、異界から来た霊的な存在を表しているのです。

そのため、もともと鹿踊は、パレードや舞台で行なわれるものではなく、山から家々の庭にやってくるものとして行なわれる芸能でした。すーっと庭に入ってきて、太鼓を叩き、地面を背中に付けた白く長いササラで叩いて悪魔を祓って場を清め、五穀豊穣を願ったり、新盆の供養をしたり、楽しい演目を行なって場を和ませたりしていたのです。

岩手県奥州市江刺区では現在でも、もともとの姿を保った鹿踊を観ることができます。8月14日、15日、16日に江刺区に行くと、太鼓の音が聞こえてきます。それは新盆の家に鹿踊がやってきて供養の踊りをおこなっているから。その時期に江刺区を訪れることができる場合は、家の前に位牌がある家にお願いすれば、ホンモノの鹿踊を観ることができるかもしれません。

 

見所③:ストーリーのある演目

鹿踊には、願いが込められたような跳躍が凄まじい演目と、ストーリーのある楽しい演目があります。願いが込められた演目は観るだけで圧倒されるものですが、ストーリーがある演目は意味がわかったほうが楽しめます。小岩さんは、よく演じられる代表的な演目を2つ紹介してくれました。

○牝鹿隠し(めじしかくし)

牝鹿役、「中立(なかだち)」と呼ばれる親鹿役と、6人の牡鹿役で行なわれる演目です。隠れてしまった牝鹿を牡鹿が探しまわるのですが、役者の表現力が問われ、ときに観客のなかにまで牝鹿を探しに行く牡鹿役もいるほど。探す姿がこっけいな、楽しい演目です。

○三人狂い(荒金、島霧などとも呼ばれる)

3人の若い牡鹿役がでてきて、牝鹿を巡って戦う演目で本願成就の踊りと言われています。3人が輪の中で飛び上がったり、ササラをぶつけあったりして、力を見せつけ合うのが見所の、勢いのある演目です。

写真提供:まつもとけいこ

見所④:東北の、イメージとは違った姿が見えてくる

実はこの鹿踊、宮城県の南三陸町が発祥の地と言われています。南三陸は「無添加食品」「ゆるキャラ」「キラキラ丼」「体験学習」「民泊」「スタンプラリー」「捨てられていた“めかぶ”の商品化」「牡蠣のトレーサビリティ」などを早くから取り入れて商売を行なうなどと、斬新なことを実現してきている町です。

その進取の気勢に富んだ南三陸で、「新しくおもしろくかっこいいことをやろう」と生まれた鹿踊が、北上川沿いに広がっていき、各地で「さらにおもしろいものを」と様々な形に変化していったのではないか、と小岩さんは推測します。つまり、鹿踊が残っている地域は、新しいもの、おもしろいものを取り入れる気持ちにあふれた、昔の文化の発信地だったのだと言えるのではないでしょうか。

郷土芸能は、その土地の人たちが長年にわたって楽しみ、守り、磨き続けてきたもの。文章や映像では表しきれない魂のこもった鹿踊の迫力は、生で見てみないと本当には伝わりません。ぜひ一度、東北に鹿踊を観にでかけてみてはいかがですか?

<鹿踊に行ってみよう>

鹿踊を見に行ってみよう!2013年の鹿踊の予定

取材協力:公益社団法人全日本郷土芸能協会 小岩秀太郎さん

行山流舞川鹿子踊facebookページ

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
[連載企画]人を癒す希望の火を灯す(第2話)キャンドル・ジュンさん
独自記事 【 2021/3/15 】 Art & Culture
(第1話)に続き、今回の副編集長対談はキャンドルアーティストCANDLE JUNE(キャンドル・ジュン)さんとオンラインで行いました。 キャンドル・ジュンさんは、1994年よりキャンドル制作を始め、2001年より平和活動『Candle Odyssey』を開始。紛争地や被災地を巡り、キャンドルに火を灯す活動を行っています...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
【ethica副編集長対談】RICCI EVERYDAY 仲本千津さん(前編)
独自記事 【 2021/2/15 】 Fashion
今回の副編集長対談はウガンダ発のファッションブランド「RICCI EVERYDAY(リッチーエブリデイ)」創業者の仲本千津さんを訪ねました。 「RICCI EVERYDAY」は、豊富なバリエーションのアフリカンプリントの中でも、ひときわカラフルでプレイフルな生地を使用し、デザイン性のみならず機能性も兼ね備えたバッグ...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

サーファー女性の座談会「海が教えてくれたこと」
世界にはもっと手書きのラブレターが必要よ! The World Needs More Love Lettersの取り組み

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます