エシカルは五郎さんに学べ! エシカリスタVol.29 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

最近、北の国からにはまりやっと、全巻(ドラマ+映画)見終わりました!

なぜ、このタイミングで見だしたのかは不明ですが、こんなに良い作品だと思いませんでした! もちろん、ホタルやジュンがとってもかわいいし、その成長を見ているのもおもしろいのですが、こんなところにエシカルがあるなんて思ってもいませんでした。

 

Some rights reserved by yoppy / Via Flickr

私のオススメは「北の国から〜’98時代」です。田中邦衛さん演ずる黒板五郎さんはここで、「時代に乗れない人」というような扱いをされます。ちょうど日本は大きな土地を大きな重機で耕し、大量生産・大量消費が目新しくかっこいい時代です。それが時代も世の中をも変えてくれると、五郎さん以外の人は信じきっています。そんな中、彼は有機農業にこだわり、その肥料や育て方を下の世代と一緒にやっています。私は北の国からをオンタイムで見たことはなかったのですが、その当時の社会性や考え方などを垣間見ることができた気がして、とても勉強になりました。五郎さんの「いいんだ、仕事はゆっくりやれ〜」という台詞があるのですが、こんなことを言う人はいまの時代いるのでしょうか? 特に都会に住む人は何かに追われて日々を過ごしており、「仕事は早くこなす!」がかっこいいとされているのではないでしょうか?

Photo=Some rights reserved by yoppy / Via Flickr

 

また、五郎さんのお家は完全リサイクルです。お金がないから、というのがはじめのきっかけですが、そこからヒントを得て、そこらへんに余っているもの、捨てられているもので家を作ってしまいます。雪子おばさんの家の窓は、捨てられたスキー場のゴンドラからできています。それを気に入った、中畑のおっちゃんが婿養子のためにそこにまた同じ家を立ててほしいと頼みます。全て捨てられたものでできた家です。そんな家がいっぱいの「拾ってきた街」を作りたいというのが彼らの夢です。電気も自家発電でやってみたり、全て自分たちでやろうとします。そして、それを周りの人がわざわざ手伝います。私も一度、そんな街を見てみたい! それがもし、実現されるのでれば、ぜひ、引っ越してその家に住みたい! と思います。なんて素敵なアイデアなんでしょう!

Photo=Some rights reserved by yoppy / Via Flickr

Some rights reserved by yoppy / Via Flickr

本物はやはり根強く残り、偽物は流行っては去りの繰り返しなのかもしれません。五郎さんのように、何十年と心の中に同じ信念を蓄え、生活できていければなぁと思いました。現在、この五郎さんの考え方が少しリバイバルされ、若者やお勤めの方々も、週末農家をしていたりしますね。ファッションでもslow fashionと呼ばれるものもできています。時代に逆行し、物を丁寧に作る。ない物をあるものに変える。人と人が助け合う。それがこれから時代は「かっこいい!」とされていくでしょう。北の国からはエシカルそのものな作品でした! 私のオススメ邦画リストに入れようと思います。

 

本記事はETHICAL FASHION JAPANに2014年9月19日に掲載されたものです。

http://www.ethicalfashionjapan.com/2014/09/io-blog-13/

Ethical Fashion Japan代表  竹村伊央さん

1982年名古屋市生まれ。高校卒 業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、 JUNKY STYLINGに勤務。またスタイリストとしても活躍し、エシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にEthical Fashion Japanを設立。同年に「ファッション×社会問題」をコンセプトにしたエシカルファッション誌「Emagazine」をローンチするほか、2013年3 月の1周年イベントでは日本初のエシカルファッションのショッピングイベントをエシカルブランド14社と開催。ファッションとしてエシカルを根付かせるさ まざまな取り組みを行う。

Ethical Fashion Japan

twitter :@ethicalJP

Facebook

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

竹村伊央

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

orange pekoeのボーカル、ナガシマトモコが初のソロ・アルバム『NIA』を9月10日リリース 圧倒的な歌唱力で注目を集める実力派女性ボーカリスト
アカウミガメの産卵地は北太平洋の中で日本の砂浜だけ オーガニックコットンを用いたアイテムの販売でウミガメの保護活動を支援。今夏は体験型イベントにも協賛。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます