100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」 子どもから大人まで未来のことを楽しく考え、体と心をエネルギーチャージ!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」

フレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)が10月4日(土)・5日(日)の2日間、六本木の東京ミッドタウン芝生広場にてラッシュジャパン初となる野外イベントを開催。2050年の理想的な地球環境を考えた「2050年のLUSHな(みずみずしく、みどりと潤いにあふれた)未来のために」をコンセプトに、化石燃料からCO2を増やさない100%自然エネルギーで運営するエコフレンドリーなイベントとなっている。イベントではLUSH創立者の一人でもある Rowena Bird(ロウィーナ・バード)が来日するほか、音楽やアート、ワークショップ、フレッシュハンドメイドコスメなどを体験できる4つのエリアがあり、大人から子どもまで、年齢や性別を問わず楽しめるコンテンツが用意されている。

来場者のパワーがエネルギーとなる!ラッシュ製品の空容器のリサイクルや「チャリティポット」で自然エネルギーの推進活動をサポート

これまでも自然環境や人権などを考えたエシカルキャンペーン企業を掲げてきたラッシュ。商品容器にリサイクル素材を導入、空容器を回収しリサイクルして活用するなど、リサイクル・リユースを推進する取り組みや、2007年より発売中の売り上げの全額が国内の草の根団体へ寄付される「チャリティポット」では、継続的に環境問題に取り組む団体を支援している。今回のイベントでは、「チャリティポット」の販売とラッシュ製品の空容器の回収が行われる。空容器のリサイクルに協力すると各日先着250名にイベント限定「LUSH LIFE PARK エンジョイセット」をプレゼントというリサイクル活動をしながら、得をしてしまうという環境にも私にも嬉しいキャンペーンとなっている。

環境、エネルギー、動物、私たちの未来をよりハッピーなものにするためには?多彩なアーティストによるライブ&トーク

豊かな自然といつまでも共存できる未来。グリーンエネルギーがつくり出す、持続可能な未来。そんな理想的な未来のためにできることとは?そしてどんな未来を描く?「LUSH GREEN STAGE」と題したエリアでは、ラッシュが目指すハッピーな世界の実現に賛同するアーティストによるライブ&トークが行われる。10月4日(土)には杉本彩、My Little Lover / akko、10月5日(日)には坂本美雨らが出演。地球環境や未来について考え、開放的な空の下で多彩なアーティストのライブパフォーマンスを楽しんでみては?

写真左から、杉本彩さん、My Little Lover / akkoさん、坂本美雨さん

大人も子供も一日中楽しめる!フレッシュハンドメイドコスメの魅力を五感いっぱいで感じることができるアクティビティ

「LUSH CHRISTMAS TREE HOUSE」エリアでは日本のツリーハウス第一人者、小林崇による使用済の木製什器をリユースしたクリスマスツリーハウスが登場。キッズエリアで子供たちがラッシュの空き容器から自由に工作したオーナメントを飾ることができ、バイクを漕いで作りだした電力で美しいイルミネーションを点灯させたりと、来場者の手で完成させるツリーハウス。リユースした素材を使い、イルミネーションの電力は人力とまさに100%自然エネルギーで運営する「LUSH LIFE PARK 2014」のシンボルとなるツリーハウスと言えるだろう。

「LUSH CHRISTMAS FACTORY」、「LUSH LIFE WORLD」エリアでは限定アイテムの製造体験や環境ワークショップが行われるスペース、キッズエリアなどが用意される。数多くの体験やワークショップが行われるが、その中でもエシカが注目したのはセラピストたちによるトリートメント体験ができる「LUSH SPA」と大人から子供まで一緒に楽しめる「KIDS AREA」だ。「LUSH SPA」ではラッシュ製品を使って「フットケア」「ハンドケア」「ヘッドケア」(各15分)の3つのトリートメントが体験可能。本格英国スタイルのスパと音楽でひとときのイメージトリップ。「KIDS AREA」では粘土のように楽しくカタチを作って遊べるクレイソープ「洗隊レンジャー」を使った作品作りや回収した使用済みブラックポットを使ったツリーオーナメントの作成などができる。ベルト状で低い綱渡りのような「スラックライン」も設置され、アクティブに体を使って遊ぶことも。

大人も子供もみんながハッピーになれて、さらに地球環境の事も考えられたエコフレンドリーなイベント。ラッシュを知らない人でも、誰もが楽しめるコンテンツとなっているので、家族や友達同士で出かけて、楽しみながら未来の地球環境についてちょっと考えてみるのはいかがだろうか。

開催概要

日時:2014年10月4日(土)11:00-19:00、5日(日)11:00-18:00

場所:東京ミッドタウン 芝生広場

入場料:無料

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

アカウミガメの産卵地は北太平洋の中で日本の砂浜だけ オーガニックコットンを用いたアイテムの販売でウミガメの保護活動を支援。今夏は体験型イベントにも協賛。
My Little Loverのakkoさんによる感動的なグリーンエネルギー電飾点灯式 100%自然エネルギーで運営する野外イベント「LUSH LIFE PARK 2014」初日

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます