パソコンの画面で見るのと実際に見るのとでは、感動の度合いが全く違います。
独自記事 【 2015/7/16 】 Art & Culture
エシカでは、「自分磨き」や「社会との関わり」について、読者の意識をワンランク上に押し上げる「美学」や「志」をもつ”特別な輝きを纏った”女性にインタビューをしています。 インターネットを通して誰もが繋がれる仕組み、溢れる情報の数々、そして、物質的には便利で豊かな現代社会。それ故に、”Face to Faceのコミュニケーションの大切さ”、”リアルな感動”が希薄な時代になったと感じます。今回は「インターネットでは味わえな...
【人気スタイリスト・大草直子さん推薦】『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石』
独自記事 【 2015/7/14 】 Art & Culture
世界と日本を行き来しながら仕事をする、社会企業家の白木夏子さんがそのなかで経験した大切な出来事を12の物語として紡いでいる旅と宝石をテーマにしたエッセイ『女(じぶん)を磨く 言葉の宝石』が昨年12月にかんき出版より発売され、多くの女性に感動を与えています。HASUNA表参道本店で撮影した独占インタビュー映像をETHICA TVで初公開致します。
チームラボの私によくて世界にイイ「デジタルアートの世界」
INFORMATION 【 2015/7/9 】 Art & Culture
これまで先進的なデジタルアートを次々と世に生み出してきたチームラボが、イタリア・ミラノで開催されている2015年ミラノ国際博覧会の日本館で「HARMONY」と「DIVERSITY」の2つの展示制作を担当しています。 この展示は日本館の出展テーマ(“Harmonious Diversity”-共存する多様性-)に基づき制作され、人と自然の共生や食の多様性について体感できる参加型の展示となり、その空間は、「鑑賞型ではなく...
6月30日はビートルズ来日公演の日、世界で絶賛させたジョン・レノンのトリビュート・ショー「LENNON」チケット発売開始!
INFORMATION 【 2015/6/27 】 Art & Culture
1962年、イギリス・リヴァプールで誕生した伝説のバンド「ビートルズ」。そのメンバーとして数多くの名曲を世に送り出したのがジョン・レノンです。1980年12月、40歳の若さで凶弾に倒れてから35年が経った今でも、ジョンは世界中の人々に愛され、影響を与え続けています。 そのジョンのトリビュート・ショーとしてアメリカやイギリス、オーストラリアなど世界各国で絶賛された「レノン」がいよいよ日本初上陸、12月8日から13日まで...
<エシカ独占インタビュー> 身長192㎝の「BIG」な新人、浜端ヨウヘイさん
独自記事 【 2015/6/11 】 Art & Culture
京都出身のシンガーソングライター浜端ヨウヘイさんのファーストアルバム「BIG MUSIC」が6月10日に発売され、早くも人気を集めています。 身長192㎝という大きな体もさることながら、去年11月リリースのデビュー曲「結‐yui‐」が全国40局以上のパワープレイを獲得、2カ月で1000回という破格のオンエア回数を記録したまさに「大型」新人です。その浜端さんにお話を伺いました
身長192㎝の大型新人、国内最大級のシンガーソングライター『浜端ヨウヘイ』が6月10日いよいよ待望のファースト アルバムをリリース
INFORMATION 【 2015/6/9 】 Art & Culture
2014年7月14日に山中湖村・村名変更50周年/世界文化遺産登録1周年で行われたAugusta Campに初出演、その後、2014年11月5日にリリースしたデビュー曲「結-yui-」が全国40局以上のパワープレイを獲得し、2か月で1000回という新人では破格のオンエアー回数を記録。2月25日にはPOPな「結-yui-」とは対照的な、ライブで欠かさず演奏してきたピアノ弾き語りバラード「無責任」を発売し、ラジオでオンエ...
ミラノ博覧会・日本館の演出に日本の一流クリエイターが集結。日本の食と文化を最新技術で表現
INFORMATION 【 2015/4/29 】 Art & Culture
2010年の上海万博に続き、5年に1度開催される国際博覧会が2015年5月1日〜10月31日までの184日間、イタリア・ミラノで開催されます。今回のミラノ博覧会のテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを」(Feeding the Planet, Energy for Life)。約140の国と国際機関が参加し、それぞれ魅力的なパビリオンを展開します。
世界が認めた日本のお茶と美意識 〜小堀遠州流茶人・小堀芙由子さんに聞きました〜
独自記事 【 2015/4/25 】 Art & Culture
日本人なら知っておきたい世界である「茶の湯」。日本文化の神髄とも言えるその世界に魅了されつつも、敷居が高い、作法が難しそうというイメージから、二の足を踏んでいる人も多いはず。でも実は「茶の湯」が持つ文化や美意識はもちろん、「日本茶」や「お茶」の成分に至るまで、「日本のお茶」は今世界から注目され、人気を博しています。 今回は、6歳よりお父様である小堀遠州流16代家元小堀宗圓様に茶の湯の教えを受け、現在に至るまで約20年...
16 / 22«...8...151617...»

次の記事

課題曲は「ムーンライト伝説」国民的アニソンカバーコンテスト「愛踊祭2018 ~あいどるまつり~」全国でアイドルたちが激戦中!
今こそ観たい!『風の谷のナウシカ』にみる、自然と人間の共生

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます