トートバッグの購入がコウノトリの保護につながる! 「CREEZAN」が始めた新しいSDGsの取組み
独自記事 【 2020/5/25 】 Fashion
『ethica(エシカ)』5月号のテーマは、「SDGs」です。 「赤ちゃんを運んでくる鳥」という言い伝えでおなじみのコウノトリ。実はこのコウノトリは国際的にも生息数が少なく、絶滅危惧種に指定されている希少な鳥だということを知っていますか? 日本では、野生のコウノトリは1971年に一度絶滅してしまったのですが、最後に生息していたのが兵庫県豊岡市でした。その後、豊岡市では、コウノトリを絶滅から救おうと野生復帰のための保護...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Chapter 1】
独自記事 【 2020/5/4 】 Fashion
「未来は、私たちの手で変えられる」。そんな熱い想いを抱くモデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。およそ20年をフランスで暮らし、日本に移り住んで5年。国民性や文化の違いを乗り越えて、いまの日本の若い世代を自分の言葉で勇気付けたい、と語ります。 本企画は、パリでファッションを学び、モデルとして活躍する国木田さんに、日本の女性たちのエンパワーメントを目指し、ファッションの歴史を紐解きながら、セクシャリティやジェンダー...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(後編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を無駄遣いしない」というブランドの思想を体現、他企業の掲出済み広告や廃棄予定の未使用ポスターなどを使っ...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(中編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を無駄遣いしない」というブランドの思想を体現、他企業の掲出済み広告や廃棄予定の未使用ポスターなどを使っ...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を無駄遣いしない」というブランドの思想を体現、他企業の掲出済み広告や廃棄予定の未使用ポスターなどを使っ...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だということがわかります。   小説『武蔵野』で知られる明治の文豪・国木田独歩(1871-19...
サステナブルファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」が渋谷にオープン!
独自記事 【 2020/3/16 】 Fashion
『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。 エシカルな暮らしには、できるだけモノを廃棄せずリサイクルして利用するという視点が欠かせません。スペインのファッションブランド「ECOALF(エコアルフ)」は、そのような視点を持った、リサイクル素材や環境負荷の低い素材を活用した商品を展開するサステナブルなファッションブランドです。その「ECOALF」がアジア初進出となる旗艦店「ECOALF 渋谷」...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬまた あき)さんです。話を聞いていくうちに、仕事も家庭も大切にしながら、自分とご縁のあった人や取り組み...
1 / 17123...816...»

次の記事

トートバッグの購入がコウノトリの保護につながる! 「CREEZAN」が始めた新しいSDGsの取組み
日本の美意識を世界に伝えたい!江戸小紋の染職人・廣瀬雄一さん【伝統継承Innovator】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます