自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ取材、そして三原さんにとっての「私によくて世界にイイ。」にについてうかがいます。 【三原勇希・前編】...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュー。これまでの生い立ちや同地取材についてうかがいました。どんなことにでも果敢に挑戦する三原さんのエネ...
バリスタ世界チャンピオンの目標は「コーヒーで世界平和」 【井崎英典・後編】
sponsored 【 2017/12/27 】 Food
前編に続き、バリスタ世界チャンピオンの井崎英典(いざき・ひでのり)さんに、ethica編集長の大谷がお話をうかがいます。コーヒーに入れる新しい甘味料「ラカント バリスタセレクト」の開発に携わった井崎さん。コーヒー豆の質の向上や提供方法の多様化も手伝って、無糖派層が拡大しつつある昨今、「バリスタが加糖を推奨してるの!?」と思われる方も多いはず。実は「ラカント バリスタセレクト」は「コーヒーに入れる砂糖」の常識を覆す新商...
回り道してたどり着いた、アジア人初のバリスタ世界一 【井崎英典・前編】
sponsored 【 2017/12/25 】 Food
サードウェーブと言われる昨今のコーヒーブームは、コーヒーの質の向上と喫茶文化の多様化を促しました。様々なシチュエーションで気軽に美味しいコーヒーが飲めるようになった今日、サラヤから、コーヒーを最後まで美味しく飲むための画期的なプロダクト「ラカント バリスタセレクト」が発売されました。この開発に携わったのは、世界中のバリスタたちが集うワールドバリスタチャンピオンシップで、2014年度、アジア人初の世界チャンピオンに輝い...
女の子たちの可能性に向けて バーニーズ ニューヨークが六本木の街をピンクに染めた国際ガールズ・デー
独自記事 【 2017/12/12 】 Love&Human
2017年10月7日、外苑東通りに面したバーニーズ ニューヨーク 六本木店を訪れた人々に、マゼンタピンクのバラのプレゼントがありました。この日、同店では「国際ガールズ・デー」(10月11日)にちなんだトークイベントが開催され、モデルの森星(もり・ひかり)さんやネパールの少女たちが登壇。女の子たちの可能性に満ちた社会を応援するバーニーズ ニューヨークが、途上国の女の子たちを支援する「Because I am a Gir...
レゴ®ブロックが中高生たちの言葉を引き出す「ソフトバンクみらい会議」
独自記事 【 2017/10/18 】 Work & Study
2017年8月の3日間、ソフトバンク本社(東京都港区)にて、中高生を対象に、より良い生活を実現する未来の商品を考えるワークショップ「ソフトバンクみらい会議」が開催されました。ソフトバンク株式会社、こども国連環境会議推進協会の共同主催による同ワークショップの内容は、ソフトバンクグループが開発した「Pepper」に代表されるロボットや、VR、ARといった最先端技術についての講義、そしてレゴ®ブロックを使用したグループワー...
ファッション? アート? レディー・ガガ愛用ヒールレスシューズのルーツを探る
独自記事 【 2017/9/3 】 Art & Culture
レディー・ガガが愛用するヒールレスシューズの作者として注目を集め、今や世界的に活躍するアーティスト、舘鼻則孝(たてはな・のりたか)さん。近年はカルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督するなど、ファッションとアートの分野を横断した幅広い活動を展開しています。 夏休みの表参道ヒルズ(東京・渋谷)にて、自身の創作のルーツ、そして日本のファッション・文化について再考する「舘鼻則孝 リ・シンク展」(展覧会の紹介記...
感性とロジックを掛け合わせるアイデアソン「茶ッカソン」が世界を変える
独自記事 【 2017/8/28 】 Work & Study
アメリカのシリコンバレーで始まった、日本の喫茶文化と精神を取り入れた画期的なアイデアソン「茶ッカソン」。前編に続き、「茶ッカソン」の仕掛人である伊藤園の角野賢一さんとethica編集長との対談をご紹介します。 「茶ッカソン」はスタートから今年で4年目を迎えました。そこから生まれたアイディアをもとに、インバウンド向けの観光マップを制作するなど、いま新たな展開を見せています。「『茶ッカソン』をいわゆるCSR活動のようには...
1 / 4123...»

次の記事

自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】 【編集長対談】 モデル・タレント・ラジオDJ 三原勇希さん
<ethica編集長対談> イケアが展開するソーシャルグッドなキャンペーン  IKEA Foundation コミュニケーション戦略部長 ジョナサン・スパンピナート氏

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます