(第1話)エシカルな生活や消費の意味
独自記事 【 2021/9/20 】 Work & Study
私が所属するGetty Imagesでは、世界中のクリエーターから提供された写真、ビデオ、イラスト等のクリエイティブ素材、そしてニュース、スポーツ、エンタメ等の報道素材を取り扱っています。このような素材はストックフォトと呼ばれ、広告、TV、映画、書籍、オンラインメディアなど様々な媒体で使用されており、おそらく皆さんも、知らず知らずのうちに日々目にしている可能性が高いと言えます。それゆえGetty Imagesでは、物...
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第3章:食から考える豊かさ編(第1節)
独自記事 【 2021/9/20 】 Work & Study
新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学で社会学を学びながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。 この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。 第3章は「食から考える豊かさ」と題し...
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第2章:ベトナムと日常への気づき編(第4節)
独自記事 【 2021/9/13 】 Work & Study
新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学で社会学を学びながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。 この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。 第二章は「ベトナムと日常への気づき」...
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第2章:ベトナムと日常への気づき編(第3節)
独自記事 【 2021/9/6 】 Work & Study
新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学で社会学を学びながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。 この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。 第二章は「ベトナムと日常への気づき」...
保津川の自然を守り「プラごみゼロ」を目指す環境先進都市・京都亀岡市のペットボトル削減チャレンジ
独自記事 【 2021/8/30 】 Work & Study
渡月橋へと繋がる保津川下りが有名な京都府亀岡市。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、明智光秀ゆかりの地として脚光を浴びました。また、2020年には「SDGs未来都市」に選ばれ、環境先進都市としてさまざまな取り組みを行なっています。 そんな同市がこの秋、ドイツ生まれの家庭用浄水器メーカーBRITA Japan、無料給水アプリを提供するmymizu(マイミズ)と協力し、ペットボトルを削減する取り組み『BRITA Japa...
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第2章:ベトナムと日常への気づき編(第2節)
独自記事 【 2021/8/23 】 Work & Study
新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学で社会学を学びながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。 この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。 第二章は「ベトナムと日常への気づき」...
日本とニュージーランドの高校生がオンラインイベントで SDGsをテーマにしたビジネスアイデアを英語で発表
イベント 【 2021/8/16 】 Work & Study
これからのSDGsやビジネスを牽引するのは未来を担う若者達です。文部科学省がオンラインイベント『NZ×#せかい部 SDGs起業アイデアソン』を通じて、高校生のSDGsへの意識向上はもちろん、国際感覚と起業意欲を養うためにバックアップします。イベントの内容は日本の学生がSDGs先進国であるニュージーランドの高校生と一緒に貧困問題やウェルビーイング、ジェンダー平等をテーマにビジネスアイデアを考えて英語で発表するもの。8月...
読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第2章:ベトナムと日常への気づき編(第1節)
独自記事 【 2021/8/16 】 Work & Study
新企画「あなたにとってウェルビーイングとは何か」を担当します永島郁哉と申します。早稲田大学で社会学を学びながら、休日には古着屋に行ったり小説を書いたりします。 この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。 第二章は「ベトナムと日常への気づき」...
1 / 23123...816...»

次の記事

(第1話)エシカルな生活や消費の意味 【寄稿連載】ビジュアルコミュニケーションから学ぶ ゲッティイメージズジャパン 遠藤由理 
子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます