一生仕事を続けるための方法を考え続けてきた高津玉枝さん【ethica Woman】
独自記事 【 2013/10/4 】 Work & Study
【ethica Woman】は、働く女性がキャリアを積む過程で考えてきたこと、仕事をする上で知ってほしいことを、様々な女性に聞いて紹介するシリーズです。 第2回目は、フェアトレードショップ「LOVE&SENSE」を展開する高津玉枝さんにお話を伺いました。高津さんは2012年に経済産業省のソーシャルビジネスケースブックに取りあげられた、手仕事で東北を支援するプロジェクト「EASTLOOP」の運営もなさっています...
先見の明と、農家のこだわりが出逢った自社農園。
独自記事 【 2013/9/19 】 Work & Study
  明野ハーブ園を訪ねて ようやく秋の気配が訪れた8月26日、山梨県北杜市の標高800mの丘陵地に位置する株式会社ネイチャーズウェイの自社ハーブ農園を訪れました。富士山、南アルプス、八ヶ岳に囲まれ、また日本一長い日照時間を誇るこの土地で、自然のエネルギーを一身に浴びすくすくと育ったハーブ達は今年で4年目を迎えました。 時代をいち早く先取りするアイデアマン、萩原秀樹社長の先見の明により、10年ほど前から構想されていた自...
サーファー女性の座談会「海が教えてくれたこと」
独自記事 【 2013/7/12 】 Work & Study
初夏の穏やかな日、逗子の海岸でサーファー女性4人の座談を行いました。参加者は開発途上国の工場の労働環境改善のための監査を行うek sathe(エクシャテ)代表の青沼愛さん、国際交流NGOピースボートの小野寺愛さん、ヨガインストラクターで、地域コミュニティ作りを行う特定非営利活動法人すまいるの松永真美さん、一般社団法人サーフライダーファンデーションジャパン事務局長の松原広美さん。4人にとって、海は人生と切り離せないもの...
スキルを提供してやる気をもらう、名刺を2枚持つ働き方のススメ
独自記事 【 2013/7/7 】 Work & Study
「就職して数年が経ち、ある程度の経験も知識も得た。自分の選んだ仕事で頑張りたい。でも最近なんだか物足りない。会社ばかりになりがちで視野が狭くなってきた……。」そんな想いを抱えている方に、提案があります。名刺を2枚持ってみませんか? 名刺を2枚持つ働き方=プロボノ 名刺を2枚持つと言っても、実際には名刺を持たなくてもOK。要は、名刺を2枚持つように、自分のスキルを使ってボランティアとして仕事をしよう、という提案なのです...
直感と感動を大切に、仕事をしてきた生駒芳子さん【ethica Woman】
独自記事 【 2013/7/7 】 Work & Study
【ethica Woman】は、働く女性がキャリアを積む過程で考えてきたこと、仕事をする上で知ってほしいことを、様々な女性に聞いて紹介するシリーズです。第1回目は多くの働く女性の憧れ、元「マリ・クレール」編集長で、ファッション・ジャーナリストの生駒芳子さんにお話を伺いました。
9 / 9«...789

次の記事

「知のある美」で女性たちを輝かせる 【原綾子・後編】
子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます