大津波の際に避難の目標を後世に伝え続ける NPO法人さくら並木ネットワークを支援
Pick Up! PR 【 2017/5/31 】 Work & Study
東日本大震災から6年が過ぎました。今なお被災地には多くの課題が残されており、被災者の方々が様々な問題に直面している一方、震災の風化を懸念する声も上がってきています。そんな中、津波の到達地点に桜を植樹し、震災の記憶を桜並木として残そうという取り組みが行われています。この活動に株式会社アデランスが協力しました。
ウィニー・ウィリアムズ(ジェイド・ウィリアムズ)が熱唱 栄えあるショパール・トロフィーは誰の手に?【カンヌ国際映画祭】
INFORMATION 【 2017/5/23 】 Fashion
2017年5月22日  カンヌ―― アニヤ・テイラー=ジョイとジョージ・マッケイが2017年度のショパール・トロフィー受賞の栄誉に輝きました。17年前に、ショパール共同社長であり映画の世界をこよなく愛するキャロライン・ショイフレによって創設されたこの賞は、映画界において前途有望な男女俳優に毎年与えられています。22日にマルティネス・ホテルの「ショパール ルーフトップ」で行われた授賞式では、今回の式典の栄誉あるゴッドマザーを務めたシャーリーズ・セロンから、受賞者の...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
「第四話」2014年 – パルム・ドールにも倫理の波 【カンヌ国際映画祭】
INFORMATION 【 2017/5/19 】 Art & Culture
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。第一話、第二話、第三話につづき、情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。 さらに、巻末では、インタビュー映像(モニカ・ベルッチ)やレッドカーペット(木村拓哉・杉咲花・三池崇史監督)コメント映像をご紹介します。
「第三話」2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時 【カンヌ国際映画祭】
INFORMATION 【 2017/5/19 】 Art & Culture
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。第一話、第二話につづき、情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。 さらに、巻末では、インタビュー映像(木村拓哉・杉咲花・三池崇史監督)をご紹介します。
「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設 【カンヌ国際映画祭】
独自記事 【 2017/5/19 】 Art & Culture
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。第一話につづき、情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。 さらに、巻末では、記者発表(マリオン・コティヤール)の様子や、クールなフォトコール映像(モニカ・ベルッチ)をご紹介します。
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。「第一話」1998年 – ラブストーリーの誕生
INFORMATION 【 2017/5/18 】 Art & Culture
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。1998年、当時同映画祭の会長を務めていたピエール・ヴィオ氏が、ショパールの共同社長であるキャロライン・ショイフレにパルム・ドールのリデザインを依頼して以来、ラグジュアリーメゾンとして名高いショパールと映画界の憧れの祭典が、心に残るクリエーションと忘れられない瞬間に彩られた歴史を、ともに歩み始めることとなりました。情熱に満ちた豊かなコラボ...
1 / 212

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます