【ethica編集長対談】 陶芸家 古賀崇洋(中編)
独自記事 【 2021/6/28 】 Art & Culture
現在、九州を中心に活動している陶芸家・古賀崇洋さんは作品の存在感を際立たせるために「反わびさび」という新しい概念を掲げ、器全体を大小のスタッズ(突起)で覆う派手でユニークなシリーズを展開、質素で静かなものをイメージする日本人の美意識「わびさび」とはかけ離れた作品を発表しています。 前編に続き、古賀さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がお話をお伺いしました。
【ethica編集長対談】 陶芸家 古賀崇洋さん(前編)
独自記事 【 2021/6/28 】 Art & Culture
現在、九州を中心に活動している陶芸家・古賀崇洋さんは作品の存在感を際立たせるために「反わびさび」という新しい概念を掲げ、器全体を大小のスタッズ(突起)で覆う派手でユニークなシリーズを展開、質素で静かなものをイメージする日本人の美意識「わびさび」とはかけ離れた作品を発表しています。 これまでにスポーツブランド「adidas」、人気アニメ「東京喰種」、ファッションブランド「CoSTUME NATIONAL」、筝とEDMのパフォーマンス集団「TRiECHOES」など幅広いジャンルとの...
(第8話)「夏を迎える前に欠かせない、梅雨のひと仕事」【連載】かぞくの栞(しおり)
独自記事 【 2021/6/28 】 Home
心身ともに健康で、社会的にも満たされた状態であることを意味する「well-being」。 一人ひとりがwell-beingであることが、社会や環境をより良くしていくことにつながるのだと思います。 では、「私にとって良い状態」ってどういうものなんだろう? そのヒントは、意外と何気ない日常の中に散りばめられているのかもしれません。 新しく何かを始めるのも大切だけど、まずは身近な人や自分が「ごきげん」でいることから。 家族と過ごすなかで感じる、そんな一瞬一瞬を切り取って、綴...
読者対話型 連載「あなたにとってのウェルビーイングとは何か」【プロローグ】
独自記事 【 2021/6/28 】 Work & Study
プロローグ   はじめまして。フミヤと申します。   今回、新連載企画「あなたにとってのウェルビーイングとは何か」を担当させていただきます。この連載は、ストレス社会に生きる私たちが、ふと立ち止まって「豊かさ」について考えるきっかけとなる、ささいな休憩所のようなものです。皆さんと一緒に、当たり前だと思っていた価値観を一つ一つほどいていく作業が出来たらと思います。     では連載に入る前に、まずは私の自己紹介をしたいと思います。   ...
(第7話)「今年もベランダ菜園はじめました」【連載】かぞくの栞(しおり)
独自記事 【 2021/6/21 】 Home
心身ともに健康で、社会的にも満たされた状態であることを意味する「well-being」。 一人ひとりがwell-beingであることが、社会や環境をより良くしていくことにつながるのだと思います。 では、「私にとって良い状態」ってどういうものなんだろう? そのヒントは、意外と何気ない日常の中に散りばめられているのかもしれません。 新しく何かを始めるのも大切だけど、まずは身近な人や自分が「ごきげん」でいることから。 家族と過ごすなかで感じる、そんな一瞬一瞬を切り取って、綴...
【ethicaオンラインワークショップ】ドイツの暮らしを参考に地球に優しい暮らしを考えてみよう(後編)
独自記事 【 2021/6/21 】 Work & Study
ethica公式ファシリテーターのスミレさんは、大学で国際教養を学ぶ傍ら、文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」の9期生として2019年1月より1年間ドイツへ留学。帰国してからは、スミレさんがドイツで学んだこと、感じたことを「スミレのドイツ留学 回顧録」として、ethicaで語っていただきました。 中編に続き、スミレさんにethicaの読者のみなさんと交流していただきながら、ロールプレイング形式のワークショップを開催しました。スミレさんがファシリテーターを務め、参...
1 / 212

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます