(第11話)「敏感肌だからこそこだわり楽しみたい、コスメのこと」(前編) キコの「暮らしの塩梅」
独自記事 【 2020/6/1 】 Health & Beauty
「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。 でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら? 当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うの...
「エシカル世代」の広瀬すずさんも参加! チェキでみんなの「希望」を共有しよう!
独自記事 【 2020/6/1 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 「エシカル世代」とは、1995~1999年に生まれた、「エシカル」「フェアトレード」などに関心が高い世代のこと。ところで、女優の広瀬すずさんも1998年生まれのエシカル世代ですが、そんな広瀬さんが参加しているのが、インスタントカメラ“チェキ”を使って、自分のやりたいことを世界の人と共有する「#きぼうの約束」プロジェクトです。今回は、チェキの発売元であ...
HOMEを与えてくれた家族
独自記事 【 2020/6/1 】 ethicalista
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 「エシカル世代」とは、1995~1999年に生まれた、「エシカル」「フェアトレード」などに関心が高い世代のことが特徴だそうです。ちなみに1997年生まれの私は、まさにエシカル世代。とは言いながら、特に「エシカル」を意識することもなく、日本で、子供たちにかかわるワークショップなどで活動していましたが、思うところあり、2019年からの1年間、文部科学省が...
トートバッグの購入がコウノトリの保護につながる! 「CREEZAN」が始めた新しいSDGsの取組み
独自記事 【 2020/5/25 】 Fashion
『ethica(エシカ)』5月号のテーマは、「SDGs」です。 「赤ちゃんを運んでくる鳥」という言い伝えでおなじみのコウノトリ。実はこのコウノトリは国際的にも生息数が少なく、絶滅危惧種に指定されている希少な鳥だということを知っていますか? 日本では、野生のコウノトリは1971年に一度絶滅してしまったのですが、最後に生息していたのが兵庫県豊岡市でした。その後、豊岡市では、コウノトリを絶滅から救おうと野生復帰のための保護...
食でSDGsを推進!  モスバーガーが動物性食材を使用しない「グリーンバーガー」を発売
独自記事 【 2020/5/25 】 Food
「ダイバーシティ」という言葉は、すっかりおなじみになりました。よりよい社会をつくっていくためには、人種や国籍、男性と女性、LGBTなど、個々の違いを認め、それぞれの価値観を尊重していかなければなりませんよね。ところで、実は食の世界でも多様な価値観を認める「フードダイバーシティ」が大きく広がっていることを知っていますか? 和食、イタリア料理などのような国別の違いだけでなく、さまざまな要因によって、食の世界にも多様な価値...
(第10話)「ご存知ですか?枇杷の葉の効能  万能ケアで中からも外からも美しく」 キコの「暮らしの塩梅」
独自記事 【 2020/5/25 】 Health & Beauty
「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハールが高く感じてしまうもの。 でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら? 当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うので...
8 / 112«...789...1624...»

次の記事

“男女”というラベルを外すセクシャルウェルネスな下着「REING(リング)」でもっと心地よく! 〜心とカラダを解放するジェンダーニュートラルなアンダーウェア3型をオンラインストアで展開〜
日本の美意識を世界に伝えたい!江戸小紋の染職人・廣瀬雄一さん【伝統継承Innovator】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます