(第2話)アレルギーとのお付き合い 【連載】キコの「暮らしの塩梅」
独自記事 【 2020/3/30 】 Food
「私によくて、世界にイイ。」が実現できる、エシカルな暮らし・食のカタチってなんだろう。 仕事に家事に育児に……。日々、生活を回すだけでも大変な私たちにとって、 新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。   でも、日々の暮らし、一日三度のごはんを、少しでも”良い”ものにできたら? 当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身も ほんのちょっぴり幸せになるよ...
サーキュラーエコノミーがつくる暮らしのカタチ
独自記事 【 2020/3/30 】 Home
『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。 2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サスティナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「サーキュラーエコノミーがつくる暮らしのカタチ」で、イケアがサーキュラーエコノミーに真面目に真正面から取り組んでいる理由、これからのイケアにおけるサーキュラーエコノミーなどについて語っ...
「電気」から、無数の地域とのつながりをつくる(みんな電力・大石英司社長)
独自記事 【 2020/3/30 】 Work & Study
『ethica(エシカ)』3月号のテーマは、「暮らしとエシカル」です。 ethicaがメディアパートナーとして参加した「サステナブル・ブランド 国際会議2020 横浜」では、2日間を通じて50を超えるセッションが行われました。その中のひとつ「再エネ調達を通じた地域貢献とサステナビリティ経営ーゼロ・カーボン横浜における『横横プロジェクト』を事例にー」と題したセッションでは、”顔の見える電力”をスローガンに掲げている、み...
(第1話)はじめまして。 【連載】キコの「暮らしの塩梅」
独自記事 【 2020/3/23 】 Food
「まま、おーい」 和室につながるふすまの隙間から、くしゃくしゃになった髪とまんまるな顔が ひょっこりでてきたら、慌ただしい朝のはじまり。   陽が昇るころ、娘と夫より一足先に起きて 小鍋にいりこと昆布、水、根菜を入れて火にかける。 平日の朝ごはんはお味噌汁とごはんにお漬物か納豆。あれば果物も。 そう決めてからは随分と朝の時間が楽になった。   娘を着替えさせたら、遅れて起きてきた夫と食卓につく。 ...
【ethica編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・ 井上哲さん(後編)
独自記事 【 2020/3/23 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)にスピーカーの1人として参加されたフィリップ モリス ジャパンの職務執行役副社長・井上哲さんは高校卒業後、アメリカ留学を経て東大法学部を卒業。その後は松下電器、アンダーセン・ビジネスリスク・コンサルティング、アップルなどで働き、現在はその経験を生かしてフィリップ モリス ジャパンで活...
【ethica編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・ 井上哲さん(前編)
独自記事 【 2020/3/23 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)にスピーカーの1人として参加されたフィリップ モリス ジャパンの職務執行役副社長・井上哲さんは高校卒業後、アメリカ留学を経て東大法学部を卒業。その後は松下電器、アンダーセン・ビジネスリスク・コンサルティング、アップルなどで働き、現在はその経験を生かしてフィリップ モリス ジャパンで活...
8 / 107«...789...1624...»

次の記事

蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
日本の美意識を世界に伝えたい!江戸小紋の染職人・廣瀬雄一さん【伝統継承Innovator】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます