• Mayu Okada
    (記者)
    パリ在住の料理研究家・野菜ジュニアソムリエ・フードアナリスト登録。パリでお料理教室Mayu’s Kitchen開催中。高校からカナダ、メキシコに渡り国際経済、ビジネスを卒業。その後、北米、東京、欧州で国際企業に勤務。海外生活中よくゲストを招き大好きなお料理でおもてなしを楽しむ。東京では近茶流・柳原料理教室で伝統の日本料理、懐石の基礎を学び、フランス、パリ・コルドンブルー本校卒業後は仏外務省のキッチンへ。世界の名立たるワインと日本酒の知識を得、フレンチ、和食、和モダン料理とのマリアージュをテーマに世界のセレブ達の食事、パーティーのおもてなし料理を作る出張料理人。

    お料理教室では、旬のBIO野菜を使っておしゃれな家庭料理や保存が効くお惣菜、バター少なめの軽いフレンチ、健康的な和モダンフード、そして、アレルギーで大変な子供やママ達のため代用食材でお料理を提供。世界各国から生徒が集まるため、英語、フランス語、日本語、スペイン語でのお料理教室を開催中。外国人生徒にはパリ郊外のオーガニック畑から届けられる新鮮な日本野菜でママンの和食も大人気。京都・月桂冠酒造のフランス特派員として、SAKE・ 日本酒愛好家には酒と和モダンおつまみとのマリアージュを提案。巻き寿司、手毬、カワイイBENTO風なお料理のカルチャークラスは地元小中学校の子供達たちにも大人気。フランステレビ局、WEB マガジンなどにパリ日記・おいしい食べ歩き・レシピ提供しフレンチと和食・和モダンフードで世界をつなげて、皆HAPPYに心がける毎日。

    I am a Japanese personal chef and vegetable expert living in Paris. Born in Japan but, studied in USA, Canada and Mexico, then working in Tokyo and Europe. My cooking and wine-sake knowledge have been developed with my international background.

    I graduated from Japanese Traditional Cuisine (Kaiseki) in Tokyo and from Le Cordon Blue in Paris, then, was working in the kitchen in restaurants and Ministry of Foreign Affairs. Being as a personal chef, I have passion for BEAUTIFUL food with seasonal local products and the concept of ‘marriage’ with wine & japanese food, sake & french food. Also, I am interested in ‘food education’ for family and kids and ‘gluten free, bio,& multi-nutritious food’ for people suffered from allergies. In my cooking workshop, I teach light and healthy french cuisine mixed with my japanese original idea, and beautiful japanese cuisine with full of seasonal colour, excellent sources of nutritions and multi-vitamins. But the most importantly, my objective is to make my guests have’ BIG SMILE’ & ‘GOOD FEELING’.
クールジャパン、フランスで愛される日本のカルチャー
独自記事 【 2014/8/23 】 Art & Culture
Japan Expo<ジャパンエキスポ>といえば、「日本の“今”と“伝統”文化を楽しく学ぼう!」をテーマに毎年フランス、パリにて開催されるヨーロッパ最大の日本文化フェスティバル。今年で15周年を迎えたこのイベント、その規模は毎年大きくなり、来場者数はなんと去年23万人、今年は26万人と、5日間の開催期間中はいつも超満員で大盛況を収めました。フランス、ヨーロッパで、そして世界で愛されている日本文化、ジャパンエキスポを通...
DIYを身近に。甦れ、私のジュエリー! ethica from paris
独自記事 【 2014/7/29 】 Fashion
DIY(Do it yourself)と聞くと、お家のリフォーム、日曜大工、大型スーパーに行ってペンキを買って大仕事!なんて思いがちですが、エシカの読者ならリフォームやリペアに関心がありますよね。逆転の発想でプロの力をお借りして、身近なもので疑似DIY感覚?! デザインはDIY(自身で考えて)リペアを依頼してみるのはいかがでしょう。 タンスや棚の奥に潜んでいる何やら古い木箱。たいてい、ここに眠っているのは思い出のある...
暑い夏こそ、フランス風の普段着アペロを楽しもう! ethica from paris
独自記事 【 2014/7/27 】 Food
梅雨も終われば暑い夏!キーンと冷えたビールや喉越しのよい爽やかなドリンクを飲みたくなる季節が到来します。さて、ここフランスでも、お待ちかねの夏!アペロが一番良く似合う季節がやってきました。   フランス人が大好きな「アペリティフ(=アペロapèro)」   一体、何だかご存知でしょうか? アペロを直訳すれば食前酒。なんだか畏まったお食事の時にお目見えする言葉のようですが、フランスではとても気軽...
ジャパンエキスポ2014「料理の鉄人ー永谷園お茶漬け対決」ethica from paris
独自記事 【 2014/7/22 】 Food
フランス・ジャパンエキスポでお茶漬け フランス・パリで開催される「ジャパンエキスポ」で「永谷園の海苔茶漬け」とフランス食材で「和」を表現できませんか? こんな依頼が突然舞い込んで来たのが今年の春。料理研究家、出張シェフとしておいしい和食や日本酒を外国人に紹介する仕事をしている私には興味津々のトピック。しかも、ユネスコ本部のあるパリで、無形文化遺産に登録されたばかりの“和食”にフレンチ・テイストを混ぜ込んで、フランスや...
Parisで春風を楽しもう! – by ”ヴェリブvelib”
独自記事 【 2014/5/18 】 Health & Beauty
春 はフランス人にとってとても待ち遠しい季節。イースター(復活祭)が終わるとパリは春一色。お日様を見るや否や、パリジェンヌは一斉に外に繰り出します。早々とタンクトップにミニスカートそしてサングラス!なんていうパリジェンヌもチラホラ。「外で太陽にあたり風にあたって自然を感じる!」これこそパリジェンヌが春を感じる最大の楽しみ。こんな楽しみをうまく利用して、パリにはとっても「私によくて世界にイイ。」環境プロジェクトがあるの...
オーガニックやフェアートレードの材料を使ったエシカル卵 イースターエッグ
独自記事 【 2014/4/21 】 Food
春の家族イベント週末 フランスで春の祝日といえば、「Pâques (パック)」。”復活祭“イースターの事で春分の後最初の満月の次の日曜日。今年2014年は4月20日(日曜日)にあたり、翌日の月曜日Lundi de Pâquesも祝日とされるので、3連休のウイークエンド。日本では、あまり馴染みのないパックですが、キリスト教徒の多いフランスではでイエスキリストの復活を祝う大切な祭りで日本のお正月の様に家族皆が集る“家族イ...
手入れの行き届いたお庭の持ち主はエシカルで心が優しい人が多い。
独自記事 【 2014/4/17 】 Home
日本に比べて春の訪れがちょっぴり遅めのイギリス。4月になり、だんだん春らしくなってきた今日この頃。春=「Spring(はずむ)」の文字通り、私もパリからユーロスターに” hop–step–jump”のごとく飛び乗ってロンドンへ。イギリスはEthicalと言う言葉の発祥地。週末旅行でみつけた 「エシカルな春」 in Londonをご紹介します。
フランスの冬パーティメニュー: 「フランスで最も美しい村」の黄金ワイン&とろ〜りチーズの簡単フォンドゥー
独自記事 【 2014/1/3 】 Food
フランスの冬パーティメニュー パリはすでに初冬。路上に積もる落ち葉の上をザクザク歩いてお買い物。今夜はMayu’s Kitchenでディナーパーティです。フランスの冬パーティメニューといったらこれ!「フランスで最も美しい村」の黄金ワイン&とろ〜りチーズの簡単フォンドゥー。   フランスとスイスの国境、ジュラ(Jura)山脈の麓、Château-Chalon(シャトー・シャロン)村のワインVin ...
1 / 212

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます