東京丸の内仲通りでお茶壺道中(前編)
独自記事 【 2016/11/9 】 Food
“~ずいずいずっころばし~” どこかで聞いたわらべ歌、記憶にありませんか?。 その後の歌詞は“茶壺に追われてトッピンシャン~”となっています。 このフレーズの意味はお分かりでしょうか? 難しいですネ。 実は今回「お茶の京都」のプロモーション キャンペーンを取材していて、やっとその意味が分かりました。
京料理の老舗「木乃婦」三代目主人、高橋託児氏も登壇。〜お茶の京都プレイベント〜
独自記事 【 2016/11/5 】 Food
“お茶は京都か 京都はお茶か?”京都府では「もうひとつの京都」として それぞれの地域の価値や特色を3つのテーマで際立だせ、交流人口の拡大や地域産業の振興などに繋げる取り組みを進めて来ました。 2015年度は「海の京都」2016年度は「森の京都」そして2017年度は「お茶の京都」としてあらためて古都、京都の良さをアピールしています。 その2017年度の「お茶の京都」のプレキャンペーンとして10月31日、東京の皇居の近く大手門タワーJXビルで「京都のお茶」キャンペーンを...
母の愛に思わず心温まるウェブムービー。透き通る歌声はYouTubeで話題沸騰中の謎の女性シンガー『Uru』
INFORMATION 【 2016/11/1 】 Art & Culture
みなさま、最近撮影した写真、現像していますか?今はデータの時代ですから、バックアップの方法は多岐に渡れど、現像しないまま写真データが膨大な量になっている…なんて方、少なくないのではないでしょうか。 著者の友人に、フィルムカメラを使って写真を撮っている素敵な女性がいますが、今となってはこれは完全に意図的な行為ですよね。現像するまで出来上がりがわからないから、現像するわけです。現像するまで出来上がりがわからないという行為を楽しんでいるんですよね。 み...
2 / 212

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます