7つのカテゴリー注目のキーワード
17のシリーズ
巻頭記事 1
揺らぎのある「時間」と「光」を表現するーー建築家とのコラボレーションで生まれた「CITIZEN L Ambiluna」 【対談】藤本壮介さん×吉田麻里恵さん×宮川花菜さん
CLOSE-UP! PR 【 2016/12/28 】 Fashion
(前編)につづき、「時間」と「光」をデザインした「CITIZEN L Ambiluna」はどのように誕生したのか。デザインアドバイザーを務めた建築家の藤本壮介さんと、シチズンデザイン部チーフデザインマネージャー吉田麻里恵さん、ブランド事業部企画営業部の宮川花菜さんが、さまざまなエピソードを振り返ります。
巻頭記事 2
新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所
CLOSE-UP! PR 【 2016/12/23 】 Fashion
国内外で高い評価を得る建築家の藤本壮介さん。その建築作品は、単なる美しい建物や空間に留まらず、感性や表情、時間といった目に見えないものが宿り、新しい価値を生み出しています。建築家への道のりから、初めて手がけた時計のデザインについてまでを聞きました。
巻頭記事 3
第2新卒が最大のチャンス。『私が自分らしいライフスタイルと自分に合った働きかたを実現させるために、心がけた3つのポイント』を青柳美帆さん(23歳・女性)にお聞きしました。
CLOSE-UP! PR 【 2016/9/30 】 Work & Study
今、キャリアチェンジやキャリアアップを目指す女性の間で、リクルートスタッフィングが展開している無期雇用派遣「キャリアウィンク」が話題になっています。 そこで、実際に「キャリアウィンク」を利用し、飲食店のホールスタッフから大手食品会社での事務職へとキャリアチェンジした青柳美帆さん(23歳)のケースをご紹介しましょう。
ニュージーランド発!老舗エコブランドecostoreがルミネに期間限定オープン
INFORMATION 【 2017/1/17 】 Home
こんにちは。つい先日ご案内した「2017年をもっとエコに!鎌田安里紗さんと一緒に最新のエコでオーガニックなライフスタイルを学ぼう!」ですが、当日イベントでプレゼントされたブランド「ecostore(エコストア)」のポップアップショップがちょうど今、ルミネ有楽町1で期間限定オープンしているんです。また、1月19日からはルミネエスト新宿店にもオープンします。これを機にあらためてご紹介したいと思います!
2017年をもっとエコに!鎌田安里紗さんと一緒に最新のエコでオーガニックなライフスタイルを学ぼう!
イベント 【 2017/1/12 】 Work & Study
こんにちは。エシカがたびたび推している“エコ先進国”・“オーガニック先進国”ニュージーランドですが、そんなニュージーランドを実際に旅した鎌田安里紗さんがオーガニックな暮らしについて語ってくれるイベントがやってきます!ニュージーランドやエシカルライフスタイルについてもっと学んで、2017年のエコなスタートを切ってみてはいかがでしょうか?
でんぱ組.incの夢眠ねむさんがボーカロイドに!
INFORMATION 【 2017/1/11 】 Art & Culture
みなさん、ボーカロイド(VOCALOID)ってご存知ですか? ボーカロイドとは、ヤマハ株式会社から発売されている「メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる」ソフトのこと。一般には「ボカロ」などと呼ばれ、ボーカロイドの代表的な商品「初音ミク」の発売を機に2007年ころから十代の若い男女を中心に人気を博しています。ネット上にファンが投稿したオリジナル楽曲はiTunesで...
エシカルジュエリーから“パーペチュアルジュエリー”への昇華 【対談】白木夏子さん
独自記事 【 2017/1/5 】 Fashion
エシカルの概念をジュエリーにもたらし、多くの共感を呼んだ話題ブランド「HASUNA(ハスナ)」。創業から8年経った現在、新たなコンセプトに“パーペチュアルジュエリー”を掲げた想いをCEOの白木夏子さんに、『ethica(エシカ)』編集長の大谷と筆者(小田亮子)が詳しいお話を伺いました。
揺らぎのある「時間」と「光」を表現するーー建築家とのコラボレーションで生まれた「CITIZEN L Ambiluna」 【対談】藤本壮介さん×吉田麻里恵さん×宮川花菜さん
CLOSE-UP! PR 【 2016/12/28 】 Fashion
(前編)につづき、「時間」と「光」をデザインした「CITIZEN L Ambiluna」はどのように誕生したのか。デザインアドバイザーを務めた建築家の藤本壮介さんと、シチズンデザイン部チーフデザインマネージャー吉田麻里恵さん、ブランド事業部企画営業部の宮川花菜さんが、さまざまなエピソードを振り返ります。
新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所
CLOSE-UP! PR 【 2016/12/23 】 Fashion
国内外で高い評価を得る建築家の藤本壮介さん。その建築作品は、単なる美しい建物や空間に留まらず、感性や表情、時間といった目に見えないものが宿り、新しい価値を生み出しています。建築家への道のりから、初めて手がけた時計のデザインについてまでを聞きました。
出版社、本屋さん、そして学生の町、神田町で “Meat Charge” (ミート・チャージ)
独自記事 【 2016/12/22 】 Food
出版社の町、本屋さんの町、そして学生の町、神田神保町に新しいレストランがオープンしました。 名前は「BUTCHER’S MOTHER」(ブッチャーズ マザー)。 アクセスはとても簡単で神保町の交差点から九段下の方向へ向かって左側。歩いて30秒、一階にファミリーマートがあります。そのビルの3階。 このお店のコンセプトは“Meat Charge”、ちょつと分かりにくいのでご説明します。 良く燃料を入れることを「Energ...
ジル・スチュアートの世界観が味わえる。関西初のカフェに注目!
Pick Up! PR 【 2016/12/19 】 Food
ニューヨーク出身のファッションデザイナー 『JILL STUART(ジル・スチュアート)』。皆さんご存知ですよね! その世界観が味わえる「JILL STUART CAFE」が、昨年の11月に東京の表参道・原宿にある東急プラザ内において、1ヵ月半で1万5千人を動員し、大盛況で幕を閉じましたが。 今年は、初の関西エリアとなる大阪の心斎橋・新橋交差点ほど近くで展開。JILL STUARTらしい新たな楽しいコンテンツを展開し...
1 / 63123...816...»
編集長レコメンド 1
「滝川クリステル」さんを中心に動物保護、生物多様性保全をコンセプトとしたコラボレーションが始まる
INFORMATION 【 2015/12/24 】 Fashion
よく〝あなた犬派?猫派?”などと聞かれることがあるが、勿論〝どちらも大好き!”と答えるのがフリーアナウンサー、滝川クリステルさん。 一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル(東京都港区:代表理事 滝川クリステル)は繊維専門商社の豊島株式会社(愛知県名古屋市:代表取締役社長 豊島半七)と協働して財団の名前を冠したファッ...
編集長レコメンド 3
ethicaプレスレセプションをレポート! 国際文化会館(岩崎小彌太記念ホール)
独自記事 【 2013/11/21 】 Fashion
「ethica~私によくて、世界にイイ。~」のグランドオープンを記念して、メディア関係者を中心に2013年9月27日に国際文化会館(岩崎小彌太記念ホール)でプレスレセプションを開催。ファッションジャーナリストの生駒芳子さんや2013 ミス・ユニバース・ジャパン 松尾幸実さんの応援ビデオメッセージが紹介されたほか、ヴェレ...
編集長レコメンド 4
栗原はるみさん創刊20周年! 20年分のレシピ集大成も見られる特別号をチェック!
Pick Up! PR 【 2016/9/30 】 Food
NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』、みなさんはご覧になりましたでしょうか?戦後間もない1948年に刊行された実在の女性誌『暮しの手帖』をモデルに、当時珍しかった主婦のための生活雑誌を生み出し一世を風靡する、という人々の挑戦を描いています。『とと姉ちゃん』を見ていると、現在のように様々な読者層の年齢や好みに合わせて多種...
編集長レコメンド 5
<ethica編集長対談> 石井杏奈(E-girls)「今を生きることの大切さ、生きている喜びを感じてほしい映画です」
独自記事 【 2015/12/31 】 Art & Culture
今なお私たちの記憶から色あせることのない東日本大震災。あれからまもなく5年の月日が経とうとしている現在でも、心の傷が癒えない人、故郷に帰ることができない人、不自由な避難生活を余儀なくされている人など多くの人々が目に見えない苦労や不安と戦いながら毎日を懸命に生きています。 そうした中、神戸と福島という2つの被災地を舞台に...
編集長レコメンド 6
遠近由美子さん(後編):お仕事を頑張ったあとに、自分へのプチご褒美ではじめたハーブティーがライフワークにつながった。
sponsored 【 2016/3/23 】 Health & Beauty
前編につづき、ラジオDJとして活動しながら、株式会社Hearts easeの代表としてカフェ経営や店舗プロデュース、自身のティーブランド「TOCHICA」を立ち上げるなど、多彩な才能を発揮する遠近由美子さん。 忙しい毎日をいつも美しく元気よく健康的に過ごしている、そんな遠近さんに、後編では、「ハーブティー」や「行列がで...
編集長レコメンド 7
営業職から未経験の事務職に転身!『私が自分らしいライフスタイルと自分に合った働きかたを実現させるために、心がけた3つのポイント』を園田久慈さん(29歳・女性)にお聞きしました。
CLOSE-UP! PR 【 2016/9/29 】 Work & Study
女性の社会進出は今や当たり前のこと。さまざまな企業で、多くの女性たちが力を発揮して毎日生き生きと働いています。 ところが、その一方で、現在の仕事に不満を持っていたり、将来に不安を感じたりしていて、人知れず悩んでいる人も決して少なくないのではないでしょうか? そんな人にとって救いの神ともいえるのが、リクルートスタッフィン...
編集長レコメンド 8
ethica展示会ブースに、ハーモニカ女子・南里沙さんがサプライズゲストとして来場
独自記事 【 2015/12/29 】 Work & Study
WEBマガジン「ethica(エシカ)」を運営している株式会社トランスメディアは12月1日、2日の2日間、東京国際フォーラムで開催された国内最大規模のデジタルマーケティングカンファレンス「アドテック東京2015(ad:tech tokyo2015)」に出展、大好評のうちに終了しました。 おかげさまで2日間多くの来場者か...
編集長レコメンド 9
「芯から体を温め、筋肉をほぐす」全身ハーブ浴で、「冷え性」を対策!
INFORMATION 【 2016/9/28 】 Health & Beauty
今年は、過去最高ともいわれる猛暑。昨日(9月27日)は午後3時までに、全アメダス地点の約3割にあたる300地点以上で30度超えに。9月下旬以降に真夏日が300地点を超えるのは2010年以来、6年ぶりだそうです。 まだまだ残暑が続いていますが、急に空が高くなり、いよいよ夏の終わりを感じる季節になりました。台風も立て続けに...
Instagram
Instagram
Instagram
Instagram
PLAYBACK 1
「周りの力を借りながら、柔軟に自分たちらしく生きる」桜沢エリカさん・青木武紀さんご夫婦の場合
独自記事 【 2013/9/26 】 Love&Human
「サスティナブル・カップル」は、働く女性とそのパートナーが、仕事も家庭も持続可能に両方楽しむためのコツを、様々なカップルに聞いて紹介するシリーズです。 2回目は漫画家で『今日もお天気』シリーズなど、家族をテーマにしたエッセイ漫画も人気の桜沢エリカさん。桜沢エリカさんは5歳年下で専業主夫の青木武紀さんと、お子さん二人、桜沢エリカさんのお母様とともに生活しています。一家の大黒柱として生活する桜沢エリカさんに、夫婦円満のコ...
PLAYBACK 2
編集部厳選! 食べたくなっちゃうおいしい非常食!
独自記事 【 2013/9/1 】 Food
9月1日は防災の日。ご家庭の非常食の準備は万全ですか? 多くの家庭で、非常食としては乾パンを準備しているのではないでしょうか。もちろん、乾パンは長い時間保管がきいて便利です。しかし被災時の状況を考えると、乾パン以外にも準備をした方が良いかもしれません。 一般的にストレスが多い状況にあると、唾液の分泌量、消化力自体も落ちてしまうと言います。そして被災ししたときのストレスは、通常で考える状態をはるかに超えるということは、...
PLAYBACK 4
はちみつ美容研究家に聞く、私たちはミツバチに生かされている。(東出直子さん、東出佳子さん)
独自記事 【 2014/2/9 】 Health & Beauty
世界三大美女クレオパトラも愛用したと言われるはちみつパック。古代からはちみつは美容法や健康法として深く親しまれてきました。姉妹でその虜になりはちみつ美容研究家となった東出佳子さんと東出直子さんに、はちみつとの出逢いや魅力を語ってもらいました。
PLAYBACK 5
「独立した大人同士で無理せず生きる」松尾たいこさん&佐々木俊尚さんご夫婦
独自記事 【 2013/7/7 】 Love&Human
「サスティナブル・カップル」は、働く女性とそのパートナーが、仕事も家庭も持続可能に両方楽しむためのコツを、様々なカップルに聞いて紹介するシリーズです。 第1回目はイラストレーターで、5月にエッセイ集『東京おとな日和』を上梓なさった松尾たいこさんと、ジャーナリストの佐々木俊尚さんにお話を伺ってきました。
PLAYBACK 6
片付けレッスンの予約が1年待ち、カリスマ片付けアドバイザー石阪京子さん「家族の大切さを伝える片付け」
独自記事 【 2015/2/3 】 Love&Human
口コミで評判が評判を呼び、いまや片付けレッスンの予約待ちが1年というカリスマ片付けアドバイザー石阪京子さん。最近では「一生リバウンドしない! 奇跡の3日片づけ」(講談社)を出版され、こちらも話題になっています。 ごく普通の主婦だった石阪さんが現在のような片付けアドバイザーになったのは、ご主人の転職とご主人、そして家族への愛があったから。今回はそんな石阪さんにお話を聞きしました。

次の記事

ニュージーランド発!老舗エコブランドecostoreがルミネに期間限定オープン
日本の美意識を世界に伝えたい!江戸小紋の染職人・廣瀬雄一さん【伝統継承Innovator】

前の記事