フランス人のクリスマス:クリスマスツリーに思いを込めて
独自記事 【 2013/12/25 】 Love&Human
クリスマスツリーは欠かせない存在 クリスマスといえば、サンタクロース、トナカイ、そしてクリスマスツリー。このシーズン、日本でもデパートや駅前の広場に大きなツリーが美しくライトアップされて行きかう人々が足を止める風景がよく見られます。フランスでもツリーは欠かせない存在。毎年多くの家庭が深森の香のする新鮮なクリスマスツリーを買い、小さい頃から集めてきたお気に入りのオーナメントをたくさん飾ってクリスマスを迎えるのです。なぜ...
年末年始のお呼ばれに、ひと味ちがった『日本の伝統製法』のお取り寄せギフトはいかがですか?(オーガニックコンシェルジュ・鈴木麻里さんのお勧めの品)
独自記事 【 2013/12/24 】 Food
年会、クリスマス、そしてお正月。 冬休みは友人同士や家族で家に集まる機会が一番多い時期ですね。 そんなお呼ばれの際に悩むのは、お土産。相手に喜んでもらえることはもちろん、ありきたりでなく突飛過ぎもしない・・・ 今年はひと味ちがった『日本の伝統製法』で作られた和のものを選んでみてはいかがですか? 「女子会」「友人の家」「上司の家にお呼ばれ」シチュエーションに合わせて、オーガニックコンシェルジュの資格を持つ、モデルの鈴木...
Safia’s Fair Trade World Vol.3 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん
Blog 【 2013/12/23 】 サフィア・ミニーさん
ネルソン・マンデラ: 正義への運動は続く サフィアです。 数多くの人たちに影響を与えたマンデラ氏の考え方。 80年代に育った私は、彼の釈放を求めるために開催されたコンサートに出かけ、 南アフリカ製品をボイコットし、社会の人種隔離を修復しようとしてきました。 1990年に、当時独立したばかりのナミビアで親族の結婚式に参加し、 通りに出て踊ったのをよく覚えています。 それは、結婚式へのお祝いと独立したナミビアへの希望を込...
エシカルは未来の贅沢 Vol.5 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん
Blog 【 2013/12/20 】 生駒芳子さん
エシカル・ファッション最前線~10代、20代の考える未来のファッション~ エコプロダクツ展にて、エシカル・ファッションのプレゼンテーションを無事、終了!!!☆ 楽屋に て、エスモード・ジャポンの「エシカル・ファッション」クラスの皆と☆☆☆ 課題山積みの日々の中、藍染め作品を、とってもかわいらしく、個性的に作った 皆に、おめでとう!そして御疲れ様!!! これからファッションのプロを目指す彼らに、新たなエシカルの発進を期...
Step First, まずやってみよう!
Blog 【 2013/12/19 】 ethicalista
Step First, まずやってみよう! 12月14日(土)、神戸ファッション美術館によるセミナー「秋季服飾文化セミナー」で講師として1時間半、みなさまの貴重なお時間をいただきました。 今まで、グループで30分話すということはあったのですが、一人で1時間話す、というのは初めての経験だったので、お話をいただいてからずっと「できるのかなぁ」と、心配でした。 このセミナーの前には大きなイベント(クリスマスマーケット)も計...
ヨーロッパで感じたエシカルライフスタイル
Blog 【 2013/12/17 】 ethicalista
ヨーロッパで感じたエシカルライフスタイル 突然ですが、「ロンドン発」エシカルファッションブランドINHEELSの共同代表の片割れはイギリスのロンドンにいます。私、岡田が日本担当、もう一人の共同代表大山はロンドンに住みヨーロッパを中心にINHEELSの活動を行っています。ということで、先日は撮影等のためにロンドンに行ってきました。 ロンドンに久しぶりに行って思ったことはまず、「自分の力で生きている感じがする!」というこ...
マルシェ・ド・ノエル:フランスのクリスマスマーケット
独自記事 【 2013/12/14 】 Love&Human
パリのクリスマスシーズンといったらすばらしいライトアップ。11月下旬頃から各地区で『Paris :illumine Paris』(ライトアップのイベント)が開かれ、日が暮れると一斉に街灯の木々にライトが付き始めます。凱旋門からコンコルド広場までのクリスマスライトでキラキラに煌めくシャンゼリゼ通りパリの2大デパート、「プランタン」と「ギャラリー・ラファイエット」のクリスマスディスプレイは毎年個性的。大人も楽しめるほど手...
65 / 75«...816...646566...72...»

次の記事

地域プロデューサー・本田勝之助さんに伺いました。キラキラ輝く大粒の新星、新潟のブランド米「新之助」
子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます