数々の賞に輝く、監督レベッカ・バリーが女の子の困難に立ち向かう力を描いた映画「I AM A GIRL」
INFORMATION 【 2014/10/9 】 Love&Human
年若くして望まない結婚・出産を余儀なくされ、自分の人生が自由に選択できることを知らない女の子たち。女の子たちが「生きていく力」を身に付けることを目指した「Because I am a Girlキャンペーン」や2014年10月11日に第3回目を迎える「国際ガールズ・デー」。国際NGOプランが中心となり、女の子・女性の社会進出問題の解決支援に取り組んでいる。 数々の賞に輝く、オーストラリアの監督レベッカ・バリーが女の子の...
構想から3年後に実現したフラガール映画化
独自記事 【 2014/8/7 】 Art & Culture
2006年に公開され、大ヒット作となった映画「フラガール」。炭鉱の危機を救うために立ち上がった人たちが「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾート・ハワイアンズ)をオープンさせるまでの実話をもとにしたこの映画をご覧になった方も多いことでしょう。公開前はそれほど注目されていませんでしたが、口コミで評判を呼び、最終的には観客動員130万人、興行収入15億円を超える大ヒット作となり、第80回キネマ旬報ベストテン邦画第1位...
3月15日(土)よりGEIDAI ANIMATION 05GO 渋谷ユーロスペースで開催 
INFORMATION 【 2014/3/11 】 Art & Culture
本日、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻の皆様が今年で 5 回目を迎える修了制作展『GEIDAI ANIMATION』東京上映会のご案内でethica編集部に訪ねて来られました。 様々なバックグラウンドからアニメーションの世界に飛び込んだ学生達がありのままの自分を受け入れ、時間や重力を自在に操り自らの深い精神性をも描き出すアニメーションで各々のメッセージを表現したコンセプチュアルな作品をご紹介頂きました。...
現状を変えたい人に。自分から動き出したくなる映画『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」
独自記事 【 2013/9/26 】 Art & Culture
熊本県天草市牛深。かつては豊富な漁獲量を誇り、豪華絢爛な花街が栄えた地です。しかし今では漁獲量が減り、仕事も減り、さびれた衰退都市になっている……。そんな天草を舞台に、見終わった後に「よし、私もやらなきゃ!」と元気になれる映画ができました。今回はその映画、『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜』を紹介します。 天草に暮らす弓枝は、ウツボ屋の女房として店と家庭を切り盛りし、夫の晃司と二人暮らし。弓枝の仲間の俊恵は漁師の徹也の...
4 / 4«...234

次の記事

ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
現状を変えたい人に。自分から動き出したくなる映画『女たちの都〜ワッゲンオッゲン〜」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます