レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信
独自記事 【 2017/10/6 】 Home
日本にも大勢のファンがいるスウェーデン発祥のインテリアショップイケア。手の届く価格帯で“サスティナブルな暮らし”を提案してくれるイケアですが、エコな取り組みから人道支援まで、その事業は多岐にわたります。今回は、そんなイケアの少し新しい側面に注目してみました。
犬猫との暮らしの中でインテリアをもっと楽しむ。イケアがペット用品に参入。
独自記事 【 2017/10/5 】 Home
イケアで販売されている可愛らしい人形用ベッド、ご存知ですか。それを猫や小型犬用のベッドとして使うのが人気だそうです。ほかにも、子供用のソフトトイをペットにプレゼントする人も多いそう。これは、イケアの製品が丈夫で安全性にも優れているから。そんなイケアが本格的にペット用品の販売に参入するというから、ペットを飼っている人は見逃せません。
日本ユニセフ協会&博報堂DYグループの有志メンバーに聞きました。「私によくて、世界にイイ。」とは?
コラボレーション 【 2017/9/25 】 Work & Study
前編・後編とご紹介してきたTAP PROJECT JAPAN。今回のイベントの核ともいえるメンバーに、各自の役割や感想、そしてethicaのメインテーマでもある「私によくて、世界にいい。」を伺ってみました。みなさん、今回の活動を通じてご自身の“気づき”や“成長”にもつながったようです。 全3回でお送りしてます。 【前編】日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志81名が集結し、水の問題に取り組むTAP PROJECT...
クリエイティブの力で“水の問題”に取り組む、博報堂DYグループ有志メンバー
コラボレーション 【 2017/9/18 】 Work & Study
博報堂DYグループと日本ユニセフ協会が共同で取り組むのは、世界でも重要視されている水の問題。前編に引き続き紹介するのは、同社有志81名によって展開されているTAP PROJECT JAPAN。クリエイティブの力を活かしたイベントが開催されましたので、そこに集った有志メンバーにお話をうかがいました。 全3回でお送りしてます。 【前編】日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志81名が集結し、水の問題に取り組むTAP P...
日本ユニセフ協会と博報堂DYグループの有志81名が集結し、水の問題に取り組むTAP PROJECT JAPANとは?
コラボレーション 【 2017/9/15 】 Work & Study
TAPプロジェクトを深く知るきっかけになったのは、TAP PROJECT JAPANのPRチームからエシカ編集部にかかってきた一本の電話。以前から日本ユニセフ協会が取り組む社会貢献プロジェクトに関心を寄せていた私たちは、まずはそのイベントの取材へ伺ってみました。そこには有志で集った博報堂DYグループのメンバーと、水を運ぶゲームを楽しむ子ども達、そして、会場に来た皆さんからの「水に関するさまざまな問題」についての質問に...
ファッション? アート? レディー・ガガ愛用ヒールレスシューズのルーツを探る
独自記事 【 2017/9/3 】 Art & Culture
レディー・ガガが愛用するヒールレスシューズの作者として注目を集め、今や世界的に活躍するアーティスト、舘鼻則孝(たてはな・のりたか)さん。近年はカルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督するなど、ファッションとアートの分野を横断した幅広い活動を展開しています。 夏休みの表参道ヒルズ(東京・渋谷)にて、自身の創作のルーツ、そして日本のファッション・文化について再考する「舘鼻則孝 リ・シンク展」(展覧会の紹介記...
ナイトヨガを楽しもう♪ 普段は入ることのできない神宮球場の広大な芝生が大自然の中でヨガをしているような解放感。
INFORMATION 【 2017/8/29 】 Health & Beauty
皆さんは今、健康で毎日の生活を楽しんでおられますか? 2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳でいずれも過去最高を更新しています。国際比較では男女とも香港についで世界2位の座をしめており人口比から言えば実質的に第1位と言っても過言ではないでしょう。 処で平均寿命とは別に「健康寿命」といった概念があります。WHOが2000年に提唱した概念で平均寿命から日常的、継続的に医療、介護に依存して生き...
感性とロジックを掛け合わせるアイデアソン「茶ッカソン」が世界を変える
独自記事 【 2017/8/28 】 Work & Study
アメリカのシリコンバレーで始まった、日本の喫茶文化と精神を取り入れた画期的なアイデアソン「茶ッカソン」。前編に続き、「茶ッカソン」の仕掛人である伊藤園の角野賢一さんとethica編集長との対談をご紹介します。 「茶ッカソン」はスタートから今年で4年目を迎えました。そこから生まれたアイディアをもとに、インバウンド向けの観光マップを制作するなど、いま新たな展開を見せています。「『茶ッカソン』をいわゆるCSR活動のようには...
16 / 88«...8...151617...2432...»

次の記事

サステナビリティ時代の企業ブランディング【後編】 【サステナブル・ブランド国際会議2019東京】レポート『電通編』
子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます