ママもベビーも癒される ! WELEDA の「ベビー リズムオイリング」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ママもベビーも癒される !  WELEDA の「ベビー リズムオイリング」

生後数ヶ月のベビーのお肌はデリケート。そのためベビーのスキンケアに悩むママも多いもの。またベビーとのお家生活にも慣れてきて、お世話だけではないベビーとのスキンシップを取りたいなあと感じるのもこの頃。今回はそんな時期にぴったりな、ママもベビーも癒される素敵なワークショップをご紹介します。

オーガニックの老舗ヴェレダが開催するワークショップだから安心

今回伺ったのはオーガニックケアブランドのパイオニアとして世界50カ国以上で愛されている「ヴェレダ」が主催する Mama&Baby Day。生後1ヶ月を過ぎた頃からハイハイの頃までのママとベビーを対象に、定期的にヴェレダオリジナルの「ベビー リズムオイリング」とママとベビーのナチュラルスキンケアのアドバイスを行うワークショップを開催しています。ワークショップが開催される「ヴェレダ ナチュラルケア スタジオ EBISU」のショップに入った途端、香ってくる天然の香りに、ママの心もふんわりと癒されます。今回講師を担当してくれるのは自らも3歳のお子様を持つ大石めぐ美さん。ヴェレダがスイスのお医者様や助産師さんと連携して独自に開発した「ベビー リズム オイリング」の研修を受けているので、その手技と理論に説得力があります。

ゆったりとしたリズムを子供に伝えて

ヴェレダのカレンドラベビーケアシリーズの中のベビーオイルを手に取って参加者みんなで「ベビー リズム オイリング」がスタート。カレンドラには抗炎症作用があり、肌トラブルを沈静化させる他、その穏やかな香りは安心感を与え、寝付きをよくする作用があります。

「ベビー リズム オイリング」の中で講師の大石さんが繰り返しおっしゃっていたのが、「ゆったりとしたリズムを子供に伝えて欲しい」ということ。すべての速度が早い忙しい世の中だからこそ、ゆったりとした動きを子供の体にしみこませることで、子供が安心感を感じることができるそう。

「とにかく香りがすごくよくて私自身もリラックスできた。背中のマッサージが特に気持ち良さそうで、家でもぜひやってみたい」と話すのは今回参加した野村律子さんと生後5ヶ月のシャニーちゃん。忙しいスピードでお世話をしてしまいがちな現代で、ゆったりとしたリズムをベビーに伝える「ベビー リズム オイリング」はベビーだけでなくママにもひとときの安らぎを与えてくれそうです。

プレママ&ママ向けの各種セミナーも

ヴェレダではママ&ベビー向けのセミナーだけではなく、ママ向けのスキンケア&ボディーセミナーやプレママセミナーなどを随時開催しています。究極のオーガニック農法と言われているバイオダイナミック有機栽培で作られているヴェレダの製品だから、肌がデリケートで敏感な時期のママ&ベビーでも安心。またベビーケアのシリーズがこれほどそろっているのはヴェレダならでは。

是非次回セミナー情報や製品についてチェックしてみて。

詳細はこちら

*セミナーは恵比寿店ほか、吉祥寺店、神戸店でも実施しています。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

Harumi Miyazaki

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

はじめまして。エシカルの根源ってなんですか? エシカリスタVol.3 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
サンマで「秋」を楽しむ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます