THE BODY SHOP と増田セバスチャン氏とのスペシャルコラボレーション始まる。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
THE BODY SHOP と増田セバスチャン氏とのスペシャルコラボレーション始まる。

アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

10月15日より、THE BODY SHOP 表参道店のオープン25周年を記念し、同店と原宿kawaiiカルチャーの第一人者である増田セバスチャン氏とのコラボレーションが始まるが、それに先立って、10月8日に、増田セバスチャン氏デザインオリジナルラベル3点の発表と、その背景等の紹介が行われた。

“企業には世界を良くする力がある” × ”アートには世界を変える力がある”

THE BODY SHOPと増田氏を結びつけたのは、両者の考え方の近さ、THE BODY SHOPの会社理念は、創業者アニータ・ロディック氏の“企業には世界を良くする力がある”というもの

一方、増田氏の信念は、“アートには世界を変える力がある”両社の理念の力が接着力となって、今回のジョイントオペレーションに繋がった。

(左)THE BODY SHOPを運営する株式会社イオンフォレストの福本剛史代表取締役社長 (右)アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

新発売商品は、バス&ボディケアシリーズの中でも、特に人気の高い3点

  • ピンクグレープフルーツ
  • サツマ
  • ヴィンヤードピーチ

因みに、増田氏は、その中で「ピーチ」がお好みの様である。

アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

同店に入ると、3つの増田氏の創作による、手作りのパッケージデザイン作品に迎えられる。パッケージデザインのテーマは、”kaleidoccopic chages”(万華鏡の様に変化すること)万華鏡のように輝くビーズで、形作られた立体作品がパッケージを彩り、心をが踊るkawaiiデザインに仕上がっている。「未来は、カラフル」というアーティスト増田セバスチャン氏の想いが見える。作品の素材も厳選され、オーガニックコットンや和紙が使われている。自然環境に配慮するザ・ボディショップの理念を尊重し、且つ日本の伝統文化を尊ぶ増田氏らしい配慮が感じられる。この3点のオリジナル作品を同時に観賞出来るのは、どうやらこの表参道店に限られる様だ。

ご覧になりたい方は、早めのご来店をおすすめする。

因みに、THE BODY SHOP 表参道店での展示は、10月9日まで、その後、全国主要都市の店舗へと展開していく。

ーーBackstage from “ethica”ーー

後日、対談コンテンツを公開予定です。エシカ編集部では、「私によくて、世界にイイ。」ストーリーを語って頂けるアーティストさんやストーリーをお持ちの企業様を広く募集しております。公開タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

JIMBO TOMOKAZU

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

<ethica編集長対談> ニコライ・バーグマン『伝統花伝』シャングリ・ラ ホテル 東京
<ethica編集長対談> イケアがヘルシーでサスティナブルな食品「ベジボール」を開発

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます