THE BODY SHOP と増田セバスチャン氏とのスペシャルコラボレーション始まる。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
THE BODY SHOP と増田セバスチャン氏とのスペシャルコラボレーション始まる。

アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

10月15日より、THE BODY SHOP 表参道店のオープン25周年を記念し、同店と原宿kawaiiカルチャーの第一人者である増田セバスチャン氏とのコラボレーションが始まるが、それに先立って、10月8日に、増田セバスチャン氏デザインオリジナルラベル3点の発表と、その背景等の紹介が行われた。

“企業には世界を良くする力がある” × ”アートには世界を変える力がある”

THE BODY SHOPと増田氏を結びつけたのは、両者の考え方の近さ、THE BODY SHOPの会社理念は、創業者アニータ・ロディック氏の“企業には世界を良くする力がある”というもの

一方、増田氏の信念は、“アートには世界を変える力がある”両社の理念の力が接着力となって、今回のジョイントオペレーションに繋がった。

(左)THE BODY SHOPを運営する株式会社イオンフォレストの福本剛史代表取締役社長 (右)アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

新発売商品は、バス&ボディケアシリーズの中でも、特に人気の高い3点

  • ピンクグレープフルーツ
  • サツマ
  • ヴィンヤードピーチ

因みに、増田氏は、その中で「ピーチ」がお好みの様である。

アートディレクター 増田セバスチャン氏 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

同店に入ると、3つの増田氏の創作による、手作りのパッケージデザイン作品に迎えられる。パッケージデザインのテーマは、”kaleidoccopic chages”(万華鏡の様に変化すること)万華鏡のように輝くビーズで、形作られた立体作品がパッケージを彩り、心をが踊るkawaiiデザインに仕上がっている。「未来は、カラフル」というアーティスト増田セバスチャン氏の想いが見える。作品の素材も厳選され、オーガニックコットンや和紙が使われている。自然環境に配慮するザ・ボディショップの理念を尊重し、且つ日本の伝統文化を尊ぶ増田氏らしい配慮が感じられる。この3点のオリジナル作品を同時に観賞出来るのは、どうやらこの表参道店に限られる様だ。

ご覧になりたい方は、早めのご来店をおすすめする。

因みに、THE BODY SHOP 表参道店での展示は、10月9日まで、その後、全国主要都市の店舗へと展開していく。

ーーBackstage from “ethica”ーー

後日、対談コンテンツを公開予定です。エシカ編集部では、「私によくて、世界にイイ。」ストーリーを語って頂けるアーティストさんやストーリーをお持ちの企業様を広く募集しております。公開タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

JIMBO TOMOKAZU

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

<ethica編集長対談> ニコライ・バーグマン『伝統花伝』シャングリ・ラ ホテル 東京
<ethica編集長対談> イケアがヘルシーでサスティナブルな食品「ベジボール」を開発

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます