エシカ的クリスマスコフレは、“ナチュラル・オーガニック”で選ぶ! エシカが贈るXmas2013 VOL.5 <PR企画>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
エシカ的クリスマスコフレは、“ナチュラル・オーガニック”で選ぶ!

12月に入り、街はクリスマスモード一色。パーティーやディナーなどお出かけイベントが多くなるこの時期、メイクやスキンケアがより一層気になる女性も多いはずです。そんなときに活躍するのが、クリスマスコフレ! 色々なブランドから出ていますが、今回、エシカ編集部でセレクトしたのが、「ナチュラル・オーガニックコスメ」。肌にも自然にもやさしく、そして持っていると気分が上がるお洒落なデザインが、大人の女性たちの間で注目されています。

Select1 メイク直しも完璧なカラーパレットは、ナチュラルで選ぶ

「ナチュラグラッセ」は、鉱物油やタール系色素など肌に負担のかかる成分は使用せず、100%自然素材から出来ている日本生まれのナチュラルコスメ。「ドルチェコレクション」の限定セット(4,515円)なら、ベース&メイクが完璧に! 化粧下地・保湿美容液・日焼け止め・ライトファンデーションが一つになった「メイクアップ クリーム CB(ミニ)」は3種類のパールが肌の凹凸や毛穴・くすみをカバー。雪の結晶と“Smile makes me happy”のメッセージが入った「ウィンターパレット2013」は、3色のアイカラーとハイライトが一つに。キュートなパレットをパーティバッグにインすれば、女子友とのビューティトークも盛り上がります!

Select2  肌もボディも潤す、人気オーガニックコスメの“限定セット”

ヨーロッパでは、自然医薬品メーカーとしても名高い「ヴェレダ」。高品質な自然の恵みだけを使って体のバランスを整え、内側から本来の美しさと健康を取り戻すという考えに基づいた製品は、世界50カ国以上で愛されるオーガニックコスメです。「ナチュラル リフレッシュセット」(2,730円、写真右)には、日本限定のミスト化粧水「ワイルドローズ モイストミスト」が含まれ、美容フリークたちも大注目のセット。さらりとした使用感が心地よい「ヒッポファン フルーティ ハンドクリーム」と合わせ、素敵な香りでリフレッシュでき、携帯にも便利。

もう一つは、世界中で1000万本以上の売り上げを誇るセルライトケア「ホワイトバーチ ボディオイル」と、全身の保湿対策に使えるレスキュークリームの「スキンフード」の「ホワイトバーチ&スキンフードセット」(4,620円、写真左)。せっかくのドレスアップを台無しにしないためにも、胸元、腕、脚まで抜かりなくお手入れするのが、いまどき女子のたしなみです。

Select3 美しさをおすそ分け。天然アロマのハンドクリームはギフトにも◎

化学成分は一切使わず、山梨の自社農園で収穫したハーブと、厳選されたローズから生まれた「チャントアチャーム」。「ハンドクリームトリオ」(1,680円)は、人気のフルーティーローズに、限定のラベンダーとゆずの3つの香りがセットになった、天然アロマが楽しめるハンドクリーム。植物性ヒアルロン酸やハチミツが肌をしっとりさせるのに、表面はべたつかないから、女性だけでなく男性にもぴったりです。名刺交換や乾杯のシーンでは、手元のケアは抜かりなく!

ナチュラル・オーガニックコスメ初心者にも、クリスマスコフレは気になるアイテムをお得に試すことができるチャンス。自分に似合うものを見つける努力は、外見だけではなく、きっと内面の美しさにもつながるのではないでしょうか?

 

<問い合わせ>

ヴェレダ・ジャパン www.weleda.jp/

チャントアチャーム www.chantacharm.jp

ナチュラグラッセ www.naturaglace.jp

Fuki Aso

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

物より思い出! 今年は体験をクリスマスプレゼントにしてみてはいかが? エシカが贈るXmas2013 VOL.4
マルシェ・ド・ノエル:フランスのクリスマスマーケット エシカが贈るXmas2013 VOL.6  From the World -Paris-

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます