ローラさん出演のヴィセのイメージムービーが公開!“大人レディ”なメイクにこめられた想いとは?
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ローラさん出演のヴィセのイメージムービーが公開!“大人レディ”なメイクにこめられた想いとは?

ローラさん「ヴィセの新しいメイクライン“アヴァン”を、撮影の時に見せてもらったの。今までにない色や質感で、私だったらどんな風にメイクしようかなー?」 写真提供:株式会社コーセー

8月21日から全国で発売された『ヴィセ』新ライン『ヴィセ アヴァン』のイメージムービー、みなさんはもうご覧になりましたか?

イメージキャラクターを務めるローラさんが出演するこのムービーでは、ローラさんの高いプロ意識を感じさせる堂々としたたたずまいと、彼女のセクシーで“大人レディ”な表情を楽しむことができます。また、イメージムービーと同時公開の特別コンテンツ「The ROLA Make-up Tutorial featuring UDA」も、ローラさんの魅力や、メイクアップアーティストによるメイクに込められた思い、また普段のメイクを見直すヒントを知ることができて一読の価値ありです。今日はその特別コンテンツから少しだけ、『ヴィセ アヴァン』のメイクにこめられた想いをご紹介したいと思います!

表現したいのは、強さと美しさを兼ね備えた、強くてクールな女性像

ローラさんの、自然体でありながら芯の強さを感じさせる、素の美しさの秘訣は何でしょう?もちろん元来美女なのは言わずもがなですが、ムービーの中で彼女の目線とぶつかると、同じ女性でも思わずドキッとしてしまいます。

イメージムービーのビジュアルディレクションも務めたメイクアップアーティスト・UDAさんは、今世の中で求められている女性像について、

「自分の意思でちゃんと進んでいく強い女性がかっこいいと思うんです。ローラ自身がまさにそんな存在。」と言います。「何が自分に必要か、必要じゃないかを明確に考えて、自分自身でしっかりディレクションしている人だから。」

(「The ROLA Make-up Tutorial featuring UDA」より。)

#Rmagazine #Rmagazine3

ROLAさん(@rolaofficial)が投稿した写真 –

トレンドに敏感な20代の女の子たちに、自分らしさを追求してほしい

今は、動画サイトなどで自分のメイク術を公開したり、それらをフォローすることで、いつでも最新のおしゃれを知ることができますね。今どきの若い女の子たちのファッショントレンドに対する意識は鋭く、その影響力を見込んで企業とカリスマ一般人がコラボするなんてことも、今では当たり前ですよね。

UDAさんも

「20代の子たちは、メイクに対してとても熱心だし、トレンドの情報をキャッチする力も備わっていてすごい。」

と認めつつ、ただ一方では

「情報の受け取り方が画一的なのがもったいない。(中略)自分のスタイルやオリジナリティを確立するということを視野に入れると、もっと良くなると思う。」

と、女性が流行を追いかけることだけでなく、自分らしさを追求することも楽しんでほしいと言います。

(「The ROLA Make-up Tutorial featuring UDA」より。)

ローラさん出演のヴィセのイメージムービー ストーリーボード

『ヴィセ アヴァン』は、ファッショントレンドに敏感でメイクコンシャスな20代の女性に向けて作られたアイシャドー。豊富なカラーバリエーション・質感の違いを試せる単品アイテムを取り揃えており、自分好みにカスタマイズして使うことができるようになっています。こういったセルフカスタマイズのコスメはここ数年で増えてきたように思います。でも自分の個性とは何なのかといったところまでは模索せずに、つけ慣れた定番の組み合わせで揃えてしまう方は、案外多いのではないでしょうか?

『トレンド+自分らしさ』を見つけることができれば、ローラさんのような強く美しい存在に近づけるのかもしれません。アイシャドーだけじゃなく服の色やスタイルでも、流行にとらわれず自分の中のブレない軸を発見することも、今どきの「甘いだけじゃない」女性の秘訣ということでしょう。

今まで避けてきたもの・色に思い切って向き合い、失敗しながらでもいいから自分だけの個性を洗練させていく。そんな自分探しのファッションの秋をスタートするのもいいかもしれません。

ーーローラさんコメントーー

ヴィセの新しいメイクライン“アヴァン”を、撮影の時に見せてもらったの。今までにない色や質感で、私だったらどんな風にメイクしようかなー?ってワクワクしたよ。私はお洋服に合わせてメイクを変えるのが好きだから、その日の気分でアレンジしてみるつもり。アヴァンなら手軽にいろんなメイクに挑戦できるし、女の子の毎日がもっともっと楽しくなるんじゃないかな。

コーセーのサスティナブルな環境への試み

ところで、『ヴィセ』を展開するコーセーは、コーポレートメッセージに「美しい知恵 人へ、地球へ。」を掲げ、商品の売り上げの一部を沖縄のサンゴ保護のために寄付するなど社会や地球環境が健全かつサステイナブルであるための活動を行っていることでも知られています。ただ美しさに寄り添うだけでなく、「世界にイイ。」取り組みができるのは、創業70年の実績とグローバルな視野をもった企業ならではと言えるでしょう。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今年の春に、中学生ぶりに新宿の某デパートのコスメカウンターに座って、メイクカウンセリングを受けたことを思い出しました。ずっとかわいい色に抵抗があったのですが、案外今なら似合うかも、と思えたことが嬉しくて、オススメされたもの全部買いました。(笑)

「似合わないだろうな」と思って避けてきた色って、憧れもひとしおですから、実は身につけてみたい色でもあるんではないでしょうか?自分をしっかり飾ることも自分を大切することのひとつ。毎日を楽しみつつ意識を高めてまいりたいですね!

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

「ethica」6周年! オリジナルキャラクター・エシカちゃん登場
独自記事 【 2019/6/27 】 Art & Culture
「私によくて、世界にイイ。」を、今ドキの女の子の視点から ウェブマガジン「ethica(エシカ)」は、2019年7月で6周年を迎えます。日本初のエシカルライフに焦点を当てたウェブマガジンとして、2013年の創刊以来、ニュートラルな視点から、7つのライフスタイルを軸に設け、さまざまな「エシカルコンシャス(エシカルな意識、...
門脇麦さん、エシカ独占インタビュー「シャンティ デイズ」を観てくれた人に、いい気が湧いてくると嬉しいですね。
独自記事 【 2014/10/20 】 Art & Culture
 心身ともに健康で調和のとれた毎日を送るため、生活にヨガを取り入れる人が増えています。そのヨガの持つポジティブな力をモチーフに、2人の女性の友情と成長を描く日本初の体感型ヨガ・ムービー「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」が10月25日から全国公開され、女性たちの間で大きな話題を呼んでいます。 物語の主人公は、青...
「これはフェアトレード?」神木隆之介さんが意識の高い高校生を演じるauの新CM「意識高すぎ!高杉くん」
独自記事 【 2018/3/29 】 Art & Culture
2018年1月30日から、神木隆之介さんが出演するauの新CMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」がスタートしました。何事にも意識の高い高校生「高杉くん」が、同級生の「松本さん」にauの様々なサービスやプランを紹介していく同シリーズ。最新CM「購買部」篇の最後のセリフが気になった『ethica(エシカ)』読者も多いのではな...
【絶滅体験レストラン】昆虫食?カラス肉?100年後はどうなるの?
sponsored 【 2019/6/1 】 Food
「絶滅体験レストラン」って? 未来の地球環境を救うためのフードエンターテイメントショー『絶滅体験レストラン』第一回目が、2019年4月に原宿<カワイイ モンスター カフェ>で開催されました。「種の保存」や「生態系の崩壊」をテーマに、このままだとやってくるかもしれない(?)未来を体験して、環境に対する意識を高めよう!とい...
最高の笑顔を鍛えるスマイル体操「スキパニスマイル」に凝縮された、演出振付家MIKIKOさんに学ぶ、観察眼の大切さ
独自記事 【 2019/4/5 】 Art & Culture
綾瀬はるかさんが歌に合わせて、「ス」「キ」「パ」「ニ」という4文字の言葉を繰り返して手を動かす「スキパニスマイル」というTVCMをご覧になった方も多いかもしれません。 これは、グリコが「あなたが笑うと、世界は変わる。smile.Glico」をメッセージとしたコミュニケーション活動の一環として、いつでもどこでも簡単に、笑...
森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
ボヘミアン・ラプソディ〜デジタル時代に一石を投じた70年代の伝説のチャンピオン
独自記事 【 2018/12/14 】 Art & Culture
1970年代に一世を風靡したロックバンド「クイーン」のリードヴォーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた音楽映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな反響を呼んでいます。 このバンドの全盛時代に中高生だったファンのみならず、クイーンをリアルタイム体験していない世代の人たちからも「泣けた」「また観たい」という賞賛の声が上...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
表参道ヒルズにフォトジェニックスポット登場! おいしいコーヒーが飲みたくなるアートは必見 【imperfect 表参道】あなたの「おいしい」を、だれかの「うれしい」に。
独自記事 【 2019/5/10 】 Food
2019年初夏、表参道ヒルズ同潤館1階にウェルフード マーケット&カフェ【imperfect 表参道】がオープンします。ここで味わえるのは、世界中の農家の方々が生産したナッツ、スパイス、カカオ、コーヒーといった原材料にひと手間を加え、おいしさを追求したこだわりフードの数々。味付きナッツがゴロゴロ入ったチョコレート、アー...

次の記事

あの人気女優さんも参加している、髪の毛を切るだけでできる社会貢献「ヘアードネーション」って?
コンセプトは「ナチュラル&オーガニック」自然にも人にも優しい数々の商品を世界中から集めた「BEAUTY LIBRARY」って? 〜斉藤アリスさんもご来場!〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます