「宗教」は考え方、捉え方、そして使い方 【スミレのドイツ留学 回想録】
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

今回はわたしがヨーロッパで訪れた教会や大聖堂を紹介します!ベルギー アントワーペン

『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。

「エシカル世代」とは、1995~1999年に生まれた、「エシカル」「フェアトレード」などに関心が高い世代のことが特徴だそうです。ちなみに1997年生まれの私は、まさにエシカル世代。とは言いながら、特に「エシカル」を意識することもなく、日本で、子供たちにかかわるワークショップなどで活動していましたが、思うところあり、2019年からの1年間、文部科学省が実施している「トビタテ!留学JAPAN」の9期生として、ドイツに滞在しました。すると、そのドイツで触れた地球や動物に優しい暮らしや考え方は、まさに「エシカル」そのもの。衝撃的でした。「エシカル世代」の自分たちのあり方を思いながら、そこで学んだこと、感じたことを綴っていきたいと思います。

「宗教」という言葉を聞いてあなたはどんな印象を受けますか?

7か月前の私だったら…

・自分にはあまり関係ないもの

・なんとなく距離を置いてしまうもの

と答えているかと思います。

多くの日本人がこんな風に、なんとなく一歩距離を置きがちな「宗教」。

そんな宗教に対する私の考えはドイツに来て360度変わりました。

ドイツ ケルン

ドイツ ブレーメン

宗教は 考え方、捉え方、そして使い方

宗教(キリスト教に限らず)が良いか悪いかを判断することはできません。なぜなら考え方、捉え方、使い方によって素晴らしいものであり、恐ろしいものでもあると私は思うからです。

私はCZB(ドイツにあるキリスト教の教会)で、ある1人と出会いました。

様々な理由から、家族、生きる希望、健康、夢のすべてを失っていた彼を救ったのはキリスト教だったそうです。もともとはキリスト教徒ではなかった彼ですが、19歳の時に Jesusと出会ったことときっかけに立ち直り、今ではとっても明るくて面白くてたくさんの人に愛されています。私のサプライズお別れパーティーをすべて企画してくれたのも彼でした。「宗教は手を差し伸べる」と聞くと私たちはなんとなく避けてしまいがちですよね。けれど実際に人をどん底から救うことができるものだと学びました。

また、すべてのJesusからの恵みに感謝する。

困難を乗り越えた時には、導いてくれたJesusに感謝する。

こんな風に考える私の友達は常に「感謝」の気持ちを持ち、それを言葉に出してお祈りをします。(捉え方にもよりますが、)こうして感謝を表す対象となる「神様」という存在を持つことで どんなに小さなことでも感謝の気持ちを忘れない精神が生まれるのだということも学びました。

ポーランド クラクフ

イタリア ベローナ

一方で、使い方によっては恐ろしいものになり得ると感じたこともありました。

小さな例を挙げると、親切心で私に自分の信仰がどれほど素晴らしいものなのかを教えてくれる友達。もちろん彼女が信じていることを否定するつもりは全くありませんでした。しかし、これまでの21年間で私が持っていなかったその教えの素晴らしさを繰り返し聞いていると、これまで信仰してこなかった自分を否定されているような気持ちになることもありました。私にだって名前や聖書はないけれど信じていることはある。

「私の信じる神様が一番だ。」この想いが強くなればなるほど、他の神様を信仰している人に対して排他的になったり、または優越をつけるきっかけにもなり得ると感じました。

また、路上で行われていたダンスパフォーマンスを見ていた時のこと。

感動的なパフォーマンスだったのでどんな意味が込められているのか気になっていたら、それはある宗教の神様の素晴らしさを伝えるためのパフォーマンスでした。「あなたはどんなことを信じているの?」と聞かれ、「でも、私たちの神様はこんなにも素晴らしいんだよ…」と話し始めた彼女たちの話が止まることはありませんでした。

宗教の良い一面を見つけたばかりの私でしたが、こんな風に他人に自分の信仰を押し付けたり、この神様を信じたらもっと幸せになれるよというようなメッセージは、私には響かず、むしろ距離を置きたくなるきっかけでもありました。

ドイツ オスナブリュック

「自分の信じるものに誇りを持つ。そして人の信じるものを尊重する。」

これを大切にしていきたいです。

「宗教」について考えさせられることがとっても多くなった今、日本でも「宗教」について話す機会が欲しいなと思うようになりました。グローバル化が進む中、お互いの宗教への理解の大切さを感じるとともに、この経験ができたことにとても感謝しています。

記者:スミレ

1997年生まれ。千葉県出身の大学生。トビタテ9期生として、2019年1月よりドイツに留学。2016年よりNPO法人じぶん未来クラブにて学生ボランティアとして活動。日本各地で行われる教育ワークショップにてこれまでに1000人以上の子どもたちと関わる。ボランティアリーダーとして各ワークショップを率いたり、新規ボランティアを対象とした研修等も行う。学業やアルバイトからは得ることのできない「ボランティアの魅力」を1人でも多くの学生に伝えたいとの想いのもと、「ボランティア先進国」と呼ばれるドイツにてボランティアを行いその仕組みを探る。

Pay it Forward ~優しさは連鎖する~

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

スミレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

蜷川実花さんの新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」 渋谷パルコ「PARCO MUSEUM TOKYO」で6月29日まで開催中
(第14話)「肌にも環境にも優しい?お湯シャンプーのこと」 キコの「暮らしの塩梅」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます