(第14話)「肌にも環境にも優しい?お湯シャンプーのこと」 キコの「暮らしの塩梅」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第14話)「肌にも環境にも優しい?お湯シャンプーのこと」 キコの「暮らしの塩梅」

「私によくて、世界にイイ」が実現できる、エシカルな暮らしのカタチってなんだろう。仕事に家事に育児に…日々生活を回すだけでも大変な私たちにとって、新しく行動を起こすのはエネルギーも時間も使うし、ハードルが高く感じてしまうもの。

でも日々の暮らしのなかで、少しでも”良い”につながることができたら?

当たり前の毎日のなかで、大切な家族も、世界も、そして私自身もほんのちょっぴり幸せになるような選択をしていけたらいいなと思うのです。

第13話では、私が普段使っているコスメについてお伝えしました。

今回の記事では、お湯シャンプーについてお話ししたいと思います。

戦前は月に一度だったシャンプー

当たり前のように毎日使っているシャンプーやトリートメントですが、そんな頻度で使うようになったのはここ数十年だと言われています。

戦前は月に一度程度だったのが、1930年代花王の広告のキャッチコピーにもあるように「一週一度は疲れていても」。そこから5日に一度、2〜3日に一度と頻度が上がり、1980年代あたりからは毎日することが推奨されるようになりました。

一方で、この毎日のシャンプー習慣が引き起こしてしまうデメリットをご存知でしょうか。

頭皮には、肌と同じように常在菌がいて、本来であれば天然のバリア機能によって肌の乾燥やダメージを防いでくれます。

しかし毎日洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシ洗うことによって過剰に皮脂を洗い流してバリア機能を壊し、乾燥によるフケやかゆみ、抜け毛、炎症などの原因となってしまう可能性があるのです。

私はアトピーがひどかった頃、使っていた市販のシャンプーやトリートメントが悪化と関係しているかもしれないことを知り、無添加の石鹸に近いシャンプーに切り替えました。

当時食事やスキンケアもより優しいものに切り替えていたところだったので、その効果も相まってかアトピーは日増しに改善し、悩んでいた背中のニキビも綺麗に。

その後症状が落ち着いてからは市販のシャンプーも使っても大丈夫な時期もありましたが、娘を出産後、抜け毛が気になるようになったのと、育児中の時短も兼ねて、お湯だけで髪を洗うお湯シャンプー(いわゆる湯シャン)に挑戦してみました。

お湯シャンプーってなに?

お湯シャンプーは、何がいいのでしょうか。

洗い落とす対象となる皮脂は、本来頭皮を守るためのものです。しかし、多くのシャンプーには合成界面活性剤や防腐剤など洗浄力や刺激の強い成分が含まれており、それらは必要な皮脂まで全て洗い落としてしまいます。

そのため、通常の皮脂サイクルより過剰に皮脂が分泌されてしまい、夕方にはべたつきが出てシャンプーでしっかり流さないと、、という悪循環に陥ってしまうのだそうです。

通常の汚れであれば、お湯だけで7〜8割は綺麗に落ちます。そして残りの2割は肌を守るために必要な皮脂です。

適度に皮脂を落とすお湯シャンプーにすることで、皮脂分泌のサイクルが正常に働くようになりお湯だけでも大丈夫な体質に変化していくと言われています。

具体的なやり方をご紹介します。

 

1、丁寧にブラッシングする

特にロングヘアの方は、最初にしっかりとブラッシングすることで洗髪後のべたつきがかなり改善されます。洗えるものにしておくと衛生面も◎

 

2、ぬるま湯(38℃以下)でよく洗う(できれば5分ほど)

シャンプーだとささっと洗うだけでもスッキリした感じがするのですが、お湯のみの場合はここで丁寧にほぐしながら洗い流すことが大切です。

洗う前に湯船に浸かると毛穴が開いてより汚れが落ちやすくなります。時間がある時は頭皮マッサージもすると、血行がよくなり顔のむくみも取れてよりスッキリするのでおすすめです!

 

3、優しくタオルで拭いてドライヤーでしっかりと乾かす

濡れたままだと痛みや臭いのもとになるので、タオルドライしたあとはできるだけすぐに乾かしましょう。この時、ギシギシ感やパサつきが気になる時は、好みのオイルを一滴手のひらに伸ばして毛先になじませるとしっとりします。

 

ここで大切なのは、いきなりお湯だけの生活にしないことです。

長い間シャンプーを使っていた頭皮は、先述した通り乾燥を防ぐため過剰に皮脂分泌される状態になっています。いきなりやめると頭皮のべたつきやかゆみ、臭いが出てくることも。

最初はシャンプーを洗浄力の優しい石鹸系やアミノ酸系のものに変えることからはじめ、徐々に使う頻度を減らしていくのがおすすめです。

実際にやってみて感じたメリット・デメリット

約一年お湯シャンプーを続けてみて、感じたことを率直にお伝えします。

 

  • メリット

・色々つけなくていいラクさと安心感

ヘアケアを丁寧にして湯船にじっくり浸かっていい香りに包まれる時間も幸せでしたが、子どもが生まれるとそんな余裕は皆無に…普段はとにかくサッと済ませることが一番になりました。

お湯だけだと子どもが触っても目や口に入る心配もないし、そばで遊ばせながら見守ることもしやすいです。

また市販のシャンプーの成分の影響力を知ると、頭皮にかかる負担を減らせることも安心感がありました。

 

・シャンプー代の節約になる

家族で毎日使っていると減りも早く、年間で考えるとそれなりの出費になります。

お湯シャンプーに移行する過程でも使用頻度が減るため、その分よりいいものを選ぶようになりました。

 

・環境負荷が減る

小さなことですが、シャンプーの頻度が減ることで汚水の排出を減らし、プラスチック容器のゴミを減らすことにもつながります。

 

・髪の毛にコシが出る

産後抜け毛や切れ毛が気になっていたのですが、お湯だけの洗髪に変えてから徐々に髪の質が戻ってきました。乾かしたあとはしっとりと指通りも良く、トリートメントをしないことでのパサつきが気になったことはありません。

 

  • デメリット

・長めの髪の毛には向かない

洗う前にブラッシングしたりドライヤーで乾かしたり、ロングヘアだと一つひとつに時間がかかってしまいます。産後バッサリとカットした時はよかったのですが、次第に伸びてくるにつれ扱いづらく感じるようになりました。

 

・匂いが気になる

髪の毛はゴムで結んでいることも多く、毎日洗っているとそこまで気にはなりませんでした。家族は伝えるまで気づかなかったくらいで、何度か匂ってもらいましたが無臭との答えが。でもやっぱり人と会う時や近づかれた時は、変な匂いになっていないヒヤヒヤしてしまいます。

 

・スタイリング剤をつけられない

そもそもお湯シャンプーにする場合はスタイリング剤をつけることはもちろん、ヘアカラーやパーマなども推奨されていません。

天然成分100%のスタイリング剤をたまに使うこともありますが、お湯だけだと相当しっかり洗い流さないと油分が残りやすく、繰り返し使うと髪の毛がぺったんこになってしまったり、テカテカした感じになってしまいます。。

結論から言いますと…

私は完全には、お湯シャンプーには移行しませんでした。

育休中家にいることが多い時はよかったのですが、仕事に復帰し外を出歩いたり電車に乗ることが増えてくると、匂いやベタつきが落ちにくい時もあり、今の生活には合わないと感じたためです。

その一方で、お湯シャンプーを経験して必ずしもシャンプーが毎日必要でないことがわかり、今のところシャンプーを使うのは、冬場は週に1〜2回、夏場は2〜3日に一度くらいのペースに落ち着いています。

ちなみに娘は生まれてからほぼお湯のみで、汚れや匂いが気になったときだけ固形石鹸で洗っていますが、汗をたくさんかく夏場以外、気になったことはありません。乾燥が気になる時以外は、保湿剤もつけずに過ごしています。

新陳代謝の良い子どもこそ、余計なものはつけずに素肌の力をしっかりと高めたいと思っています。

メリットもデメリットも多いお湯シャンプー

体のことを考えると何もしないのが一番いいですが、匂いや色々な制限によってかえってストレスが溜まってしまうのであれば、効果も薄れてしまうはず。

ふんわりと清潔感のあるいい香りをまとったら気分は上がるし、シャンプー後のサラサラとした軽い指通りの髪の毛はやっぱり気持ちがいいもの。

繰り返しになりますが、大切なことは素肌と同じく天然のバリア機能を壊さないこと。

毎日使うシャンプーを、できるだけ頭皮に優しいものを選ぶところから始めてみてはいかがでしょうか。

シャンプーとお湯シャンプーそれぞれの良さを感じつつ、無理のない形でゆるーく取り入れてみてください。

【連載】キコの「暮らしの塩梅」を読む>>>

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
なめらかで光沢感のあるユニクロのプレミアムリネンで春夏を快適に
独自記事 【 2020/6/22 】 Fashion
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナウイルスの影響は徐々に落ち着いてきましたが、この自粛の期間で、在宅勤務になったり休日も外に遊びに行けなくなったりと日常の過ごし方が大きく変化した方も多いのではないでしょうか。私自身、お家で過ごす時間が増えたことで自分と向き合う時間をたくさん持...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...

次の記事

「宗教」は考え方、捉え方、そして使い方 【スミレのドイツ留学 回想録】
BRITA JapanとWWFがコラボレーション! 美味しい水を飲んで自然環境と海の動物をプラスチック汚染から守ろう!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます