大人気セレクトショップ「エストネーション」が2022年AWシーズンよりデニムブランド「Nails(ネイル)」をローンチ!サスティナブルな取り組みに注目
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
大人気セレクトショップ「エストネーション」が2022年AWシーズンよりデニムブランド「Nails(ネイル)」をローンチ!サスティナブルな取り組みに注目

「The Essence of Luxury」をコンセプトに、これまで多くのアイテムを展開してきたセレクトショップ「ESTNATION(エストネーション)」。2022年AWシーズンより、新ブランド「Nails(ネイル)」を展開します。洗練された大人のためのデニムブランドとしての側面はもちろん、環境に配慮した製造方法にもこだわっています。(記者:エシカちゃん)

全く新しいデニムブランド「Nails(ネイル)」の魅力

「上品でシックな大人のためのデニムブランド」をコンセプトに、シルエットや素材などディティールにこだわった「Nails(ネイル)」のデニムは、従来のアメリカンデニムとは一線を画すデザイン。極限までデニムと向き合って生まれたという「Nails(ネイル)」は、シックな大人のための全く新しいコンフォートデニムとなっています。

リサイクル率100%!水を一切無駄にしないデニム製造

加えて、特徴的なのが、サステナビリティへの取り組みです。

「Nails(ネイル)」の商品生産が行われているのが、国産デニム発祥の地として世界でも有名な岡山県にあるファクトリーです。多くの歳月を通じて得た独自のノウハウや、職人の技が蓄積されているファクトリーですが、その中でも特に注目すべきが、「環境に配慮したデニムづくり」です。

そもそも、デニムの生産には、コットンの栽培や加工のための多量の水が必要になります。また、染色時に汚染水を排水してしまうと、環境に大きな負荷のかかってしまいます。このように、デニム制作におけるサステナビリティは、ファッション業界でも大きな問題とされてきた背景があります。

その中で、「Nails(ネイル)」の製品を生産するファクトリーは、3段階のろ過施設を整備。デニムの製造段階で使用した水を徹底的にろ過し、綺麗にすることで、自然界に戻しても全く害がありません。ろ過された水は、魚が住めることはもちろん、人が飲料水として飲むことができるというので驚きです。

シックな大人をイメージした4つの型

今回、「Nails(ネイル)」が展開したのが、次の4つの型です。

 

①STRAIGHT DENIM<NUDE>

Straight Denim ¥28,600

カジュアルなジャケットスタイルに合うのが、このローライズデニム。ストレートなシルエットが、まるでスラックスのような上品な印象を生み出します。

デニムの表情はウォッシュ加工にあり。STRAIGHT DENIM<NUDE>は、丁寧なウォッシュを行うことにより、より素材の持つ繊細な表情を演出しています。加えて、フロントボタンにはブランドオリジナルロゴを配置。細かなディティールが大人の心をくすぐります。

 

②TAPERED DENIM<MUSE>

Tapered Denim ¥26,400

一方で、スタイリッシュな印象を生み出すのが、このテーパードスリムデニム。ビッグカラーやフリルなどがついた華やかなブラウスに合わせることで、遊び心を持たせつつ、大人の魅力を醸し出すことができます。緩やかなテーパードで脚長効果を演出すると同時に、上品さとカジュアルさを上手く調和させてくれます。

もちろん着心地も抜群。縦、横、そして斜めに伸縮する特殊素材ブルースキンを採用し、徹底した動きやすさを実現しています。

 

 

③FLARE DENIM<ROUGE>

Flare Denim ¥28,600

続いてのラインナップが、シルエットが目を引くこちらのフレアデニム。レザージャケットのような硬派なトップスに合わせることで、デニムの持つフェミニンな印象をより際立たせることができます。インディゴの鮮やかさが、黒のトップスのもとでより開花し、凛とした女性像を演出します。

さらに注目すべきは、バックのディティール。ポケットを小さめかつ高めに設置することで、ヒップラインを綺麗に見せることができます。また、デニムに欠かせないパッチには余材のレザーを使用。使用用途のない素材を用いることで、サステナビリティに貢献しています。

 

 

④BLACK DENIM<ROSE>

Black denim ¥29,700

もちろんメンズアイテムも外せません。こちらはスリムストレートなシルエットのブラックデニム。同系色のトップスでまとめることで、上品な雰囲気を醸し出します。それでいてカチッとなりすぎないのが、デニムの素材としての魅力です。

こちらの製品にも、ストレッチ性能の優れたブルースキンを使用。機能性を求める男性に向けて、スリムなシルエットを保ちながら、アクティブに動き回れるデニムを追及しています。

 

※表示価格はすべて税込価格です。

※掲載商品の情報は、ホームページ上でご確認ください。

HP: https://www.estnation.co.jp/nails

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

世界のワインを楽しめるブランド「Mercian Wines」のオーガニックワイン
繰り返し使える瓶で循環型社会を実現。大塚製薬が「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます