ランチタイムに小旅行! 偏見なく世界の国々を食べ、知り、話して世界をもっと身近にしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ランチタイムに小旅行! 偏見なく世界の国々を食べ、知り、話して世界をもっと身近にしよう

外国に旅に出ると、今まで想像していなかったようなその国の姿が見えたり、あらためて日本の良さを実感したりと、様々なことを考えませんか? そんな「旅行」を、日本でランチを食べながらプチ体験できるプロジェクトがあります。LunchTrip(以降ランチトリップ)というプロジェクトです。

ランチトリップは、ランチタイムにある国について「ガイド」と呼ばれる人からお話を聞き、ワークショップでその国について理解を深め、その国のランチを食べるというプロジェクト。会場を飛行機に見立て、クルー(=ランチトリップのスタッフ)と共に、これから旅する国について機内で学んでいるという設定で、その国を深く理解することを目指しています。

2ヶ月に1〜4回、不定期で開催され、今まで40回以上のランチトリップが行われています。各回は40〜100人ほどの募集で、費用は4,000円程度。東京がメインですが、大阪、静岡、福岡などでも年に数回開催しています。

サウジアラビア便の様子

2012年1月に行われたランチトリップは「サウジアラビア便」。サウジアラビア大使館で行われ、事前にパッセンジャー(=参加者)はクルー(=ランチトリップ運営者)から「女性は肌の露出をしないように」という連絡を受け、文化を感じながら服装選びをしました。

当日は、トーブ、アバヤと呼ばれるサウジアラビアの伝統衣装が用意され、日本人クルーもそれを着用して説明。サウジアラビアはイスラム教の国ですが、イスラム教に対しては「なんとなく怖い」というイメージを持つ人がいるかもしれません。そんなイメージを払拭するために、当日はサウジアラビア人がお祈りのパフォーマンスをしてくれたそう。パッセンジャーからは「真剣に祈っている姿から平和を感じた」等という感想が寄せられました。

また、ランチトリップはワークショップに力を入れており、事前課題もあります。この便の事前課題は「サウジアラビアに関する指定テレビ番組をみて疑問点を考えてくること。」当日は、番組をみた結果わき起こったパッセンジャーの疑問を、ワークショップでサウジアラビア人を交えて話し合い、一夫多妻を入り口に考え方や問題点にまでアプローチして、サウジアラビアという国を理解しました。そして最後においしいサウジアラビア料理でランチ。参加者同士が考えたことを話し合い、交流しながら、2時間半の搭乗を終えました。

ランチトリップに込められた想い

旅に出たような気持ちになれそうなプロジェクトですが、このランチトリップは、一体どんな想いで行われているのでしょうか。代表の松澤亜美さんにお話を聞きました。

松澤さんは言います。

松澤さん「ランチトリップを始めたのは、自分がアメリカ留学をしていたときに感じたいくつかのことがきっかけです。留学していたのは9・11テロのあとだったのですが、家の近所でターバンを巻いた男性が、イスラム教徒だとして殺されたのです。実際には、その人はイスラム教徒ではなくシーク教徒だったのに。近い将来、日本ももっと国際化が進むでしょうが、異文化理解を進めた方がよりよい社会を作れると思いました。

また、ルームメイトはメキシコからの移民だったのですが、アメリカのことを『この国はいろんなことを偽っている』と言っていました。彼女は6歳の頃からリンゴ畑で働いていたそうです。そうやって一方で移民の労働力に依存しつつも、もう一方で移民を追い出そうとしているアメリカの姿を彼女は『偽っている』と表したのです。そうやってアメリカの人種や民族の多様性の問題を考えるうちに、『日本は単一民族だと言われがちだけれど、そうではないな』と翻って国内の問題を考えることにもなったんです。」

松澤さん「留学中は現地の生活に入り込みたかったので、私が仲良くしていたのは、日本に興味があるわけではないアメリカ人ばかりでした。そうすると、彼らにとっての日本は『寿司を毎日食べている』くらいの認識しかないのですよね。そこで開いたのが手巻き寿司パーティ。食を通してだと時間もたっぷりあるし、美味しいと笑顔になるので、母国のことを話しやすい、知ってもらいやすいのです。これを日本でも開きたいと考えました。」

他国をよく知れば憎悪犯罪を減らせる可能性があるし、今までに気づかなかった自国の状況も見えてくる。そんな実感を持った松澤さんは帰国後、大好きな「食」、「旅」、「パーティ」をキーワードにしたイベントなら続けられると考え、「食」と「旅」が好きな友達2人とランチトリップをスタート。現在まで延べ1,000名以上が参加するプロジェクトになりました。

ランチトリップに参加しませんか?

パッセンジャー(=参加者)たちの評価も上々。「日本とはまったく違う価値観に触れて、『もっと自由に生きて良いんだな』と思った。」とか「この国を非常に身近に感じることができた。ぜひ一度、実際に行ってみたい。」といった声が出てきているそうです。

松澤さんは、「食事を楽しんで、その国のことをそのときのガイドならではの視点で知り、 ワークショップを通じて、その国を自分に引きつけて考えてみる。そこから、異文化理解が進んだり、もっと社会を良くしたいという思いが生まれたりすればうれしいです。」と話します。

おいしい食事を食べながら、その国の文化を理解し、日本を再発見できるランチトリップ。皆さんも一度、参加してみてはいかがでしょうか。

 

取材協力=LunchTrip松澤亜美さん(http://www.lunch-trip.com

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「江戸しぐさ」に内面の美を学んで粋な女性に! 江戸美人の条件とは? 子供が一流の商人になるための3歳から15歳までの段階的な教育方法とは?
エシカルは未来の贅沢 Vol.2 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん 和くらし大好き〜輝け若手女性職人展〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます