国内初のグリーンダウンコートで冷え込む冬も暖かく 羽毛のリサイクル、再生羽毛「グリーンダウン」
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国内初のグリーンダウンコートで冷え込む冬も暖かく

徐々に気温が下がり始め、店頭には本格的に冬物ファッションが並ぶこの時期。アウターを購入する人も多いのではないでしょうか。特に、軽くて暖かいダウン製品はこれからの季節、非常に魅力的ですよね。ですが実は、近年世界的に羽毛(羽毛ふとんやダウンジャケット用)の需給バランスが崩れ、羽毛の価格が高止まりしている状況にあることをご存知でしょうか?

羽毛のリサイクル、再生羽毛「グリーンダウン」

羽毛の価格が高騰し、業界全体で羽毛の入手が困難になっていることで、品質のよくない羽毛や、とても羽毛とはよべない疑似羽毛・羽毛増量剤、さらには海外で回収された未洗浄のリサイクル羽毛が混ざった製品が目立ちはじめています。そのような状況下で、持続的な羽毛の安定供給と環境保全のために、羽毛をリサイクルする仕組みとして河田フェザーによって考案されたのが、羽毛のリサイクル「グリーンダウンサイクルシステム」です。

元々100年以上も繰り返し使える丈夫な素材でありながら、これまで国内で使い捨てにされてきた羽毛を回収し、独自の精製加工技術によって再生させることで、一定の供給量を確保する取り組みをすすめています。

グリーンダウン製品には折り込みのネームタグが付けられています。これにより、羽毛の安定供給をはかるだけでなく、羽毛を燃やさずに使用することで二酸化炭素の発生を抑え地球温暖化の防止にも貢献します。

環境にも優しいグリーンダウンコートで暖かな冬を・・・

この取り組みによって誕生したグリーンダウンを使って、2014年10月下旬より三陽商会の「SANYO(サンヨー)」「EVEX by KRIZIA(エヴェックス バイ クリツィア)」「TO BE CHIC(トゥー ビー シック)」「VINVERT(バンベール)」の4ブランドからグリーンダウンコートが販売開始されました。衣料品にグリーンダウンが使用されるのは国内ではこれが初めて!ミドル丈やロング丈のダウンコートなど合計11型のラインナップ。しかもグリーンダウンは、新毛同様のふわふわ感を保ちつつも、新毛よりも薄く軽いことも魅力的です。価格もこれまでのダウンコートと同等と、嬉しい限り。

スタンドカラーフーデッドコート(ファー付)

表素材:ポリエステル 100%
色展開:ベージュ、ネイビー、カーキ
サイズ:9、11、13(着丈:95cm、97cm、99cm)

フードに着脱可能なタヌキのファーを付けたロングダウンコート。「はっ水性」を備えています。

ショールカラーコート

表素材:毛40%、綿32%、ナイロン28%
色展開:ベージュ、チャコールグレー
サイズ:9、11(着丈:75cm、77cm)

表地に温かみのある生地を使用した大きめの襟がデザインポイントのダウンコート。ウエストのシルエットが美しいコートです。

今年の冬は、ぜひ環境にも優しいグリーンダウンのダウンコートで、心も体も温まる冬を過ごしてみてはいかがでしょうか?

■河田フェザー「グリーンダウンサイクルシステム」の詳細はこちら
http://kwd.jp/recycle

■三陽商会 公式サイトはこちら
http://www.sanyo-shokai.co.jp/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

中谷美紀主演、映画『繕い裁つ人』完成披露イベントレポート! 日本中で、コツコツと、もの作りを続けている全ての職人さん達への讃歌だと思ってます。中谷美紀
「過去の傷を、キラキラのアクセサリーに変えて…」“銃弾”から作られた新感覚なコレクション エシカリスタ Vol.31 INHEELS共同代表 岡田有加さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます