国内初のグリーンダウンコートで冷え込む冬も暖かく 羽毛のリサイクル、再生羽毛「グリーンダウン」
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国内初のグリーンダウンコートで冷え込む冬も暖かく

徐々に気温が下がり始め、店頭には本格的に冬物ファッションが並ぶこの時期。アウターを購入する人も多いのではないでしょうか。特に、軽くて暖かいダウン製品はこれからの季節、非常に魅力的ですよね。ですが実は、近年世界的に羽毛(羽毛ふとんやダウンジャケット用)の需給バランスが崩れ、羽毛の価格が高止まりしている状況にあることをご存知でしょうか?

羽毛のリサイクル、再生羽毛「グリーンダウン」

羽毛の価格が高騰し、業界全体で羽毛の入手が困難になっていることで、品質のよくない羽毛や、とても羽毛とはよべない疑似羽毛・羽毛増量剤、さらには海外で回収された未洗浄のリサイクル羽毛が混ざった製品が目立ちはじめています。そのような状況下で、持続的な羽毛の安定供給と環境保全のために、羽毛をリサイクルする仕組みとして河田フェザーによって考案されたのが、羽毛のリサイクル「グリーンダウンサイクルシステム」です。

元々100年以上も繰り返し使える丈夫な素材でありながら、これまで国内で使い捨てにされてきた羽毛を回収し、独自の精製加工技術によって再生させることで、一定の供給量を確保する取り組みをすすめています。

グリーンダウン製品には折り込みのネームタグが付けられています。これにより、羽毛の安定供給をはかるだけでなく、羽毛を燃やさずに使用することで二酸化炭素の発生を抑え地球温暖化の防止にも貢献します。

環境にも優しいグリーンダウンコートで暖かな冬を・・・

この取り組みによって誕生したグリーンダウンを使って、2014年10月下旬より三陽商会の「SANYO(サンヨー)」「EVEX by KRIZIA(エヴェックス バイ クリツィア)」「TO BE CHIC(トゥー ビー シック)」「VINVERT(バンベール)」の4ブランドからグリーンダウンコートが販売開始されました。衣料品にグリーンダウンが使用されるのは国内ではこれが初めて!ミドル丈やロング丈のダウンコートなど合計11型のラインナップ。しかもグリーンダウンは、新毛同様のふわふわ感を保ちつつも、新毛よりも薄く軽いことも魅力的です。価格もこれまでのダウンコートと同等と、嬉しい限り。

スタンドカラーフーデッドコート(ファー付)

表素材:ポリエステル 100%
色展開:ベージュ、ネイビー、カーキ
サイズ:9、11、13(着丈:95cm、97cm、99cm)

フードに着脱可能なタヌキのファーを付けたロングダウンコート。「はっ水性」を備えています。

ショールカラーコート

表素材:毛40%、綿32%、ナイロン28%
色展開:ベージュ、チャコールグレー
サイズ:9、11(着丈:75cm、77cm)

表地に温かみのある生地を使用した大きめの襟がデザインポイントのダウンコート。ウエストのシルエットが美しいコートです。

今年の冬は、ぜひ環境にも優しいグリーンダウンのダウンコートで、心も体も温まる冬を過ごしてみてはいかがでしょうか?

■河田フェザー「グリーンダウンサイクルシステム」の詳細はこちら
http://kwd.jp/recycle

■三陽商会 公式サイトはこちら
http://www.sanyo-shokai.co.jp/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

稲川 絵里

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

中谷美紀主演、映画『繕い裁つ人』完成披露イベントレポート! 日本中で、コツコツと、もの作りを続けている全ての職人さん達への讃歌だと思ってます。中谷美紀
「過去の傷を、キラキラのアクセサリーに変えて…」“銃弾”から作られた新感覚なコレクション エシカリスタ Vol.31 INHEELS共同代表 岡田有加さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます