ストーリーのある品物でオシャレをしよう! PASS THE BATONのあったかい取り組み
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ストーリーのある品物でオシャレをしよう! PASS THE BATONのあったかい取り組み

大好きだから集めていたけれど、しまいきれなくなったから手放すアクセサリー。オシャレで大好きなおばさんからからもらったけれど、自分には着こなせないファッションアイテム。思い出のたくさんつまった子ども服……。きっとほとんどの人が、使わないけれど捨てられないものを持っているのではないでしょうか。

捨てられないのは、それが単なる「物」ではなく、思い入れや人間関係などさまざまなストーリーを閉じ込めた「もの」だから。PASS THE BATONは、そういった、品物にまつわるストーリーも一緒に、次の人に手渡すことのできる、セレクトリサイクルショップです。

オンラインショップでも、店頭でも、出品者の顔写真とプロフィール、その商品にまつわるストーリーを添えて販売しています。想いが詰まった品物を大切に使ってくれる次の方へバトンを渡すように販売しているのです。

写真提供:PASS THE BATON

PASS THE BATONのコンセプト

東と西、北と南の風土の違いは価値であり、しかし摩擦の種でもある。


国ごとの文化の違いは価値であり、しかし、戦争の種でもある。


企業ごとのプロダクトの違いは価値であり、しかし過剰な競争の種でもある。


その争いの結果、物は過剰に溢れたり、過剰に消失し、

社会にも地球にも負担をかけてきた。


ならば、国や企業を越えて、個人の文化の違いに価値を見出してはどうだろうか。


この文章はPASS THE BATONのコンセプトの抜粋です。PASS THE BATONは、そもそも過剰に物を作り、廃棄することに疑問を感じ、今あるものをうまく循環することを目指して作られたのです。

商品への想いと出品者の情報

「セレクトリサイクルショップ」と名乗っているだけあり、店内の商品はすべて独自の審美眼でセレクトされたものばかり。

たとえば、左の美しいカッティングガラスのオイルポット。こちらの出品者は額縁作家さん。この品物は「骨董好きな父が、アメリカ骨董が好きで出張先で購入してきた物です。オリーブオイル等を入れて使ってもいいかなとずっととっておいたのですが、たくさんガラスの物をもっていたので、お譲りします。」というストーリーが添えられています。

店頭に並べられるまでのストーリーを聞くと、単なる「物」として店頭に並んでいるよりも、ぐっと親しみがわいてきませんか?

また左の商品はバハマで買った宝物箱。出品者の女性は「17年前に、旅行でバハマに入った際に、現地のインテリアショップで一目惚れして購入しました。宝物箱として使おうと思っていましたが、結局飾ったままで今に至ります。私の果たせなかった分、ぜひかわいい宝物箱として使ってほしいです。」と、次の購入者にメッセージを伝えています。

 

商品を買ったお客さんが、売った人に「バトンを受け取ったよ」とメッセージを送ることもあるとのこと。この宝箱を購入した人が「私はこんな宝物を入れているよ」などとメッセージを送ることを考えると、この宝箱はさらにすてきな品物になりそうです。

ストーリーのあるもののステキさ

PASS THE BATONにある商品の3〜4割はオイルポットや宝箱のように個人が委託販売をしているもの。また2〜3割程度は国内外でセレクトして買い付けたアンティークやヴィンテージ商品。また3〜4割ほどは企業のデッドストックや生産過程で出たB品や廃材などを利用して、オリジナルで開発した商品です。

たとえば左の写真はフランスの高級発酵バターであるエシレバターの運搬に使われていたバターケースをランプにリメイクしたもの。バターナイフがランプの引き手になっていて遊び心たっぷり。本来であれば捨てられていた物を加工したり、違う見せ方にして商品の価値に光を当てたりして、魅力的な商品にしているのです。

PASS THE BATONに置いてある品物には、「それ、いいね」と言われたときに「実はこの商品ね……」とストーリーを語れる物ばかり。洋服やアクセサリーなどもたくさん販売されているので、一点もののオシャレが楽しめそう。

ストーリーのある品物でオシャレをして、さらにその品物に自分のストーリーを重ねていく…… そんなステキな体験を、皆さんもしてみませんか?

店舗紹介:

PASS THE BATON MARUNOUCHI

〒100-6901 東京都千代田区丸の内2-6-1 Marunouchi BRICK SQUARE内

PASS THE BATON OMOTESADO

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ西館B2F

オンラインショップ http://www.pass-the-baton.com/

編集協力=PASS THE BATON(http://www.PASS THE BATON.com/

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

アロマを使って家を涼しく! 簡単な方法をご紹介【多忙女性のお役立ち】
マイケル・ジャクソンが歌った人類愛

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます