走って体力をつけ、美しくなり、チャリティをする! 「ランガール」プロジェクト
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
走って体力をつけ、美しくなり、チャリティをする! 「ランガール」プロジェクト

2013年9月に行なわれたRunGirl★NightVol.4のスタート時の様子

スポーツの秋。ダイエットもかねて、スポーツを始めたい人も多いのでは?  そこで「走る女性のパワーで毎日を豊かに」をコンセプトに、女性のためのマラソン大会運営を行なうランガールの影山桐子さんにお話を伺いました。

影山さんはELLE ONLINEを経て、現在は雑誌「DRESS」の編集部で働く編集者。ランガールはモデル、スタイリスト、デザイナー、フォトグラファー、ライター、アナウンサー、PRなど、専門的な仕事につき、美について意識の高い女性がメンバーであるため、メンバーの専門性を生かしながら走る女性としてのプロデュース業も行っています。

一般社団法人ランガールのプロデューサー、影山桐子さん

女性が喜ぶマラソン大会を作りたい

——ランガールはどんなきっかけで始まったのですか?

影山さん:きっかけは、2009年11月に私が「駅伝大会に出よう」と呼びかけて50人くらいの参加者が集まったのに、申し込みをしようとしたらすでにエントリーを締め切っていたという失敗をしたことです。大会に出たいと思っている人をガッカリさせてしまって、とても落ち込みました。そのときに気づいたんです。「エントリーしたいと思える大会が少ないな」って。それで、なんとなく「出たい大会がないなら、自分でつくればいいんじゃないか。参加した人もハッピーになる。協賛してくれる企業もハッピーにできるはずだ」と思い始めました。

2010年1月に、PRの仕事をしている宇田川佳子さんと一緒にランニングをしながら「大会を作りたいんだよね」と話してみたんです。彼女は、ファッション業界のランナーに幅広いネットワークを持っていて、話してみたら「私も、そう思っていた!」と共感してくれました。彼女はネットワークづくりが得意、私は何かを作り上げることが得意。ちょうどELLE ONLINEの仕事を辞めてフリーランスで仕事をしているタイミングだったので、お互いに補いあうスキルを持った二人が力をあわせれば、できるのではないかと考えました。そして2010年9月に第1回ランガール★ナイトが誕生したのです。

——では、ランガールのマラソン大会『RunGirl★Night』は影山さんにとって「エントリーしたいマラソン大会」の要素が詰まったものなのですね! どんな特徴があるのですか?

影山さん:一般的なマラソン大会って、まだまだ女性向けにはなっていない感があるんです。たとえば参加賞が喜んで着たいとは思えないようなTシャツだったり。そもそもサイズも男性向けで、Sでもぶかぶかだったりするんです。また、トイレが整備されていないこともあります。オシャレに楽しく走っている女性が増えているのに、大会はまだまだ女性向けのオシャレなものが少ないと感じていました。

 

RunGirl★Nightのアフターパーティで行なわれた、ファッションショーの様子

そこで、ランガールでは参加賞が良くて、オシャレに走ることを楽しむ女性が満足できるマラソン大会を作ることにしました。マラソン大会のあとで打ち上げに行くことが多いのだから、パーティもセットにして、ラン後のクールダウンにヨガを取り入れたり、走る女性のためのファッションショーを行ったりしています。

走りながらチャリティを続ける

——東日本大震災以降、チャリティを組み込むイベントが増えましたが、ランガールは2010年の『RunGirl★Night』からチャリティを行なっていますよね。なぜチャリティを組み込んでいるのでしょうか?

影山さん:チャリティをやるのが当たり前だと思ったのです。走ることは気持ちのよいことだと実感しているので、その気持ちよさを社会にお返ししたいという想いでやっています。

——具体的にはどんなチャリティ活動をしているのですか?

影山さん:『RunGirl★Night』の参加費のうち500円をチャリティとして寄付しています。ランガールのメンバーはみな、ランガール以外に本業を持っているので、マラソン大会の運営はすべて無償ボランティアで行なっています。そのため、パーティなどを行ないながらも、寄付ができています。また、大会で出展するチャリティショップの売り上げも、すべて寄付しています。

——寄付先はどのように決めているのですか?

影山さん:参加者の皆さんがお支払いくださった参加費から寄付金を渡すので、寄付先は慎重に決めています。1年目のマラソン大会では寄付先候補のオフィスを実際に尋ねて、寄付を渡す意味があるのかを慎重に見極めました。結局、参加者が女性ということから、乳ガン遺児・乳ガン闘病中の母をもつ子どもたちのための「J.POSH奨学金まなび」、女性医師が中心となって、健康で素敵な人生を歩むための情報発信を行なう「NPO医療情報広報局」に寄付を行ないました。

2年目の『RunGirl★Night Vol.2』は東日本大震災後だったので、ランガールでどのような支援をするかを真剣に検討した上でジョイセフさんと南三陸の被災地に直接支援物資を届ける活動を行いました。3年目は被災地の子供たちのチャリティを目的としたマラソン大会「PARACUP SENDAI」とジョイセフさん、4年目は「NPO法人乳房健康研究所」に寄付を行ないました。

『RunGirl★Night』に参加するランナーの女性たちは日頃からご自分の体に対する意識が高い方が多いので、イベントとチャリティをあわせて行なうことを考えると、こういったチャリティ先に自然と落ち着きました。

走ることがもたらすもの

——影山さんは、日頃どのくらいの頻度で走っていらっしゃいますか?

 影山さん:はまっているときは毎日のように走ります。でも、走るときと走らないときとでアップダウンがありますね。たいていは週4日、1日30分くらいです。最近はちょっと走るペースが落ちてきて太ってきたので(笑)、もう少し走ろうかと思っています。

——影山さんにとって、走ることのメリットはどんなところにあるのですか?

影山さん:「走る」ということをきっかけに世界が広がっていくのがメリットだと感じています。誰かと話をしていて、走っている人同士だとわかると、簡単に友達になれてしまうと思うんです。また駅伝に一緒に出て、たすきを繋ぐと仲良くなれるということは一度体験すればわかります。それから、大会に一緒に出ようと誘うことをきっかけにしても友達の和は広がっていきます。私は走ることをきっかけに300人くらいの人とご縁を結ぶことができたのですよ。

——今後ランニングを始めようと思っている人に、何かアドバイスがあったらお願いします。

影山さん:まずはだまされたと思って走ってみてとお伝えしたいです。走ってみたら気持ちよさがわかりますから。プロのランナーも言っていますが、最初から全力で走ろうとしないで、5分走って5分歩くというやり方からスタートするので良いんです。友達とおしゃべりをしながら走ると、続けやすくなると思いますよ! また、靴はちゃんとランニング用のものをスポーツ専門店で店員さんと相談しながら選んでほしいです。

——少しずつで良いのであれば、始められそうです。今日はお時間をいただき、ありがとうございました。

60歳になってもランガールを続けて、その年代でできることをやっていきたいと語る影山さん。2013年2月には、ランガールがプロデュースする、ヘルスコンシャスな女性向けのシェアハウス、Fresh share JINGUMAEも神宮前にオープンしたとのこと。活躍の場を広げるランガールは、現在会員を募集中。会員になるとランガールが主催する練習会等の各種イベントに参加できるそうです。

ランガールのイベントに参加して、走る気持ちよさを味わってみませんか?

取材協力=一般社団法人ランガール 影山桐子さん

FelixSayaka

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(前編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
2月19日・20日の2日間、パシフィコ横浜で開催された「サステナブル・ブランド国際会議2020横浜」(SB 2020 YOKOHAMA)でのパネルディスカッション「グローバル先進企業に学ぶサステナブル・ビジネスの実践法~課題を乗り越えるための方策とは」にノボ ノルディスク ファーマのサイモン・コリアさん、セールスフォー...
【ethica副編集長対談】フィリップ モリス ジャパン・濱中祥子さん(後編)
独自記事 【 2020/3/9 】 Work & Study
自らは非喫煙者で、フィリップ モリス ジャパンに入社するまでタバコとは全く縁のない人生を送ってきたという濱中祥子さんは今、「煙のない社会」を目指して日々活動されています。 そんな濱中さんは、海外留学されたご経験がおありだそうです。後編ではその頃のことを語っていただきました。 (聞き手:ethica副編集長・萱島礼香)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
より「自分らしい選択」が、社会をよくしてくれる。エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち(後編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
写真家で映画監督の蜷川実花さんがクリエイティヴ・ディレクション「GO Journal」
独自記事 【 2020/1/13 】 Art & Culture
世界中の注目が集まる「世紀の祭典」東京オリンピック・パラリンピックの開催があと半年に迫る中、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交差点を伝えるフリーグラフィックマガジン「GO Journal」の最新号(第4号)が1月22日(水)に発刊されます。 (記者:エシカちゃん)
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
《第72回カンヌ国際映画祭・最終日》韓国映画初のパルム・ドール受賞で閉幕
独自記事 【 2019/6/10 】 Art & Culture
2019年5月25日、第72回カンヌ国際映画祭の最終日に最高賞のパルム・ドールに輝いたのは、ポン・ジュノ監督の『Parasite(英題)』でした。韓国映画としては、カンヌ史上初の快挙です。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などで知られるアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ/Alejandro Go...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...

次の記事

エシカルは未来の贅沢 Vol.4 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん 「mame」2014春夏コレクション
『脱・女子!』で、エシカ世代が気になる“私にイイ”を見つけてみませんか。 ~選択できる人は美しい~ 自分の幸せを 自分で決めるエリカ流のモテ術

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます