北野武さんが400周年にちなんで有田焼をコラボ制作
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
北野武さんが400周年にちなんで有田焼をコラボ制作

写真提供:佐賀県庁 (c)オフィス北野

佐賀県では、有田焼創業400年記念事業「ARITA 400 project」の集大成として 2016年1月22日から26日までの5日間、「メゾン・エ・オブジェ」に3回目の出展を行い、北野武さん(映画監督)、隈研吾さん(建築家)、佐藤可士和さん(アートディレクター、クリエイティブディレクター)、奥山清行さん(工業デザイナー)の4人のゲストクリエーターが特別にコラボ制作した有田焼の展示も実施しました。

世界最大級のインテリア&デザイン国際見本市「メゾン・エ・オブジェ」で北野作品を公開

「メゾン・エ・オブジェ」とは毎年1月と9月にパリで開催される世界最大級のインテリア&デザイン国際見本市。世界中から家具、装飾品、テーブルウェアなどを扱う3000社が出展し、8万人を超える業界関係者が来場するライフスタイルのトレンド発信源です。

今回、佐賀県の8つの事業者は過去2回の出展で得た評価をもとにブラッシュアップした製品群約400点で臨み、世界へ向けて有田焼の真髄と革新を発信。類まれなクオリティと美しさはブースを訪れた来場者を魅了しました。

また、北野さんらのゲストクリエーターの作品の中には、形にするにあたって技術的に難しいデザインもありましたが、窯元の職人たちに脈々と受け継がれてきた高い技量と最新の技術が具現化を可能に、来場者の高い注目を集める展示となりました。

北野武氏コラボレーション作品

今回の展示に際して、北野武さんは、

「作品を見た人がそれぞれに感想や何か感じてもらえればそれでいいと思っている。 日本の伝統工芸の異素材同士が組み合わさったら面白いのではないか? こんな形の磁器があったら面白いのではないか? そういった思いつくままの発想で絵を描いてみた。 たくさん描いた絵を有田の皆さんが見て、それぞれの事業者が絵を見て感じたままに形にしてもらった。それぞれの事業者の捉え方が作品に出てくるのがおもしろい 」

隈研吾さんは、

「作品名は『波』。土にどこまで軽い表情を持たせられるかが課題であった。シェル状の器をフレームの集合体に置換し、器に軽やかさを与えることを目指した。今回デザインした器は、その実現に当たってかなり技術的に難しいものであったと思うが、コンピュータをベースとした最新技術と伝統に裏付けられた高い技量が実現を可能としてくれた。有田は長い伝統を持ちながら、つねにそれを超える挑戦をしている」

佐藤可士和さんは、

「今回のコラボレーションにあたっては、 有田焼の持つ歴史、 伝統、 特徴的な技法や色を活かしながら、 力強くも繊細で、 インパクトのある仕上がりとなるよう、 デザインバイアクシデントとデザインバイロジックの相反する方法を取り入れた。 革新と伝統、 偶然と必然、 過去と未来、 混沌と清寂、 永遠と束の間、 など相反する要素を内包した13の作品のコンセプトは『Dessimilar』(差違)である。 」

奥山清行さんは、

「いつもメゾン・エ・オブジェでは、 派手なものが多いが、 このブースではあえてシンプルなものにした。 400年の歴史を踏まえ、 次の時代を見据えたものにしたかった。 自分の作品は、 他の3人のクリエイターとはタイプが違う。 毎日の生活に使えるデイリーライフのものを作った。 買うこともできる。 」

とのコメントを寄せています。

隈研吾氏コラボレーション作品

佐藤可士和氏コラボレーション作品

奥山清行氏コラボレーション作品

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

“京の野菜はなぜ美味しいのでしょう?”
Ms.OOJAが「みえ思いやりアクション動画アワード」授賞式に登場 3月9日(水)Ms.OOJAデビュー5周年記念アルバムをリリース!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます