余震が続く熊本地方で「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が子どもたちやその家族を支援する活動を展開
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
余震が続く熊本地方で「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が子どもたちやその家族を支援する活動を展開

©セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

4月14日に震度7の地震が起きて以来、熊本地方では依然として予断を許さない状況が続いています。

子ども支援の国際NGOである公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、地震発生翌日の15日に熊本地震緊急支援対応チームを被災地に派遣し、現在まで熊本県益城町で子どもたちやその家族を支援する活動を続けています。

避難所などに子どもが安心・安全に遊べる空間「こどもひろば」を設置

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは15日以降、子どもたちや保護者へのニーズ調査を実施し、これまでに7大アレルゲン不使用の離乳食、おしりふき、母乳パット、制汗シート、ぬいぐるみなどの支援物資を配布した他、益城町の4ヶ所の避難所(広安小、広安西小、益城中央小、阿蘇熊本空港ホテルエミナース)で、子どもが安心・安全に過ごすことのできる「こどもひろば」の活動を実施しています。

「こどもひろば」とは被災した子どもたちのために、避難所などに設置する安心・安全な空間です。子どもたちが被災前の日常生活で行っていた遊びなどを通して、子どもらしくいられる時間を取り戻し、被災による影響からの立ち直りをサポートしています。セーブ・ザ・チルドレンは、この「こどもひろば(Child Friendly Space)」を世界中の紛争や災害などの緊急支援現場で実施しています。

©セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

©セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

「こどもひろば」の利用者からは、「(避難所は)なかなか騒げる雰囲気ではないので『こどもひろば』で思いっきり遊べてうれしい」(小学校中学年男子)、「ここで子どもが遊んでいる間に家の片付けができるから助かります」(保護者)などの声が寄せられています。

約10~15名体制で緊急支援活動を展開し、24日までの「こどもひろば」の利用者は、述べ705人に上っています。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンではまた、災害などの際、子どもたちの発達状況に応じて適切なコミュニケーションをとり、必要な支援につなげていくための「子どものための心理的応急処置(Psychological First Aid: PFA)」の手法や、避難所でもできる遊びを紹介する特設ページを開設し、被災者や被災地で支援活動をする人たちへの情報提供による支援も行っています。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

世界がハマった”口パクバトル”「Lip Sync Battle」待望の日本放送決定!挑戦するゲストはジャスティン・ビーバーなど今のショービズ界をリードしている面々 Pick Up! PR
制作費20万円で、大阪の広告クリエイターが、ヒューストン国際映画祭で金賞!! 自主制作したショートムービー「 japing(ジェイピング)」が「第49回ヒューストン国際映画祭 短編映画コンペティション部門」でGOLD REMI AWARDを受賞

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます