「NYで話題のサスティナブルなタオルが日本に逆上陸!」「ワインを味わうように楽しむオーガニックコットン」エシカルな物語のある二つのシリーズを紹介 特別な体験と物語を紡ぐ、サスティナブルなオーガニックタオル(後編)
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「NYで話題のサスティナブルなタオルが日本に逆上陸!」「ワインを味わうように楽しむオーガニックコットン」エシカルな物語のある二つのシリーズを紹介

「その年のコットンの出来を楽しむ文化を広めよう。たとえば、ワインをヴィンテージの違いで楽しむようにーー。そのアイデアから生まれたのが、『コットン・ヌーボー』

前編につづき、「最大限の安全と最小限の環境負荷で」をポリシーに、サスティナブルなオーガニックタオルを手がけるIKEUCHI ORGANIC。快適な使い心地だけでなく、エシカルな物語のある二つのシリーズを紹介します。

ワインを味わうように楽しむオーガニックコットン

コットンの原料は綿花。綿花は農作物です。多くの農作物がそうであるように、その年の気候や土地の状況などによって出来や収穫量が左右され、品質が変わることもあります。特に自然に近い状態で栽培するオーガニックコットンは品質が均一にならず、当然、タオルにしても違いが出てしまう。IKEUCHI ORGANICには、「前に扱った商品と手触りが違う」と販売店から返品されることがあったと言います。

オーガニックコットンだからこそのデメリット。しかし、逆転の発想で新しいプロジェクトを立ち上げます。

「その年のコットンの出来を楽しむ文化を広めよう。たとえば、ワインをヴィンテージの違いで楽しむようにーー。そのアイデアから生まれたのが、『コットン・ヌーボー』です」

そう話すのは、IKEUCHI ORGANIC取締役社長の阿部哲也さん。通常は風合いを一定に保つために複数の年にわたって収穫されたオーガニックコットンを混ぜて糸を作りますが、「コットン・ヌーボー」は収穫年度によって分けた糸で作られます。すると、年によって質感や手触りが違ってくるのだそう。阿部さんはこう続けます。

「年ごとの風合いの違いを楽しんでもらうことで、タオルを使った人に、コットンは農作物であることを知ってもらいたい。そして、サスティナブルなものづくりや消費について考えてもらうきっかけになれば」

この斬新かつ魅力的なプロジェクトを実行にこぎつけられたのは、協力してくれたタンザニアのコットン農家の皆さん、趣旨に賛同して投資してくれた賛同者、そして、発売前から「ほしい!」と予約してくれた人たちの存在だったと言います。多くの支えに報いようと、IKEUCHI ORGANICではコットン農家を長期的に支援するため、プロジェクトのスタート時に生まれた子が成人を迎えるまで、この取り組みを続けることを発表しています。

「タオルを使った人に、コットンは農作物であることを知ってもらいたい。そして、サスティナブルなものづくりや消費について考えてもらうきっかけになれば」

NYで話題のサスティナブルなタオルが日本に逆上陸!

タオルを作る過程で、どうしても残ってしまう糸。貴重なオーガニックコットンを無駄にしたくないという思いから生まれたタオルが、サスティナブルの先進国、アメリカで静かなブームを呼んでいます。

舞台はニューヨーク。マンハッタン島のイーストリバーをはさんだ東側に広がるブルックリンは、デザイナーやアーティストが多く住み、常に最先端のカルチャーを発信し続けるエリアです。その街のパークスロープという地区にある「J + B Design & Cafe」は、日本の伝統文化に根ざした雑貨や情報を紹介するジャパンカルチャーのアンテナショップ的な存在。2年前、このショップでIKEUCHI ORGANICのタオルが取り扱われるようになり、昨年ストアインショップを同ストア内にオープンしました。さらにそれがきっかけとなり、同じ地区に店を構える「パークスロープ・フード・コープ」という、いわゆる生活協同組合と縁がつながります。

「J + B Design & Cafe」は、日本の伝統文化に根ざした雑貨や情報を紹介するジャパンカルチャーのアンテナショップ的な存在。

パークスロープ・フード・コープは、オーガニック食材を取り扱っていますが、組織自体がオーガニックな運営をしていることが注目を浴び、成長を続けています。買い物するには組合員にならなければならず、さらに、組合員は荷出しやレジ打ちといった仕事を担わなければなりません。置いている商品は、オーガニック認証を受けた商品だけでなく、独自の規定を作り、オーガニックで栽培しているのに金銭的な事情などで認証を取れない小さな農家が作った農作物などを積極的に仕入れるなど、サスティナブルな農業をサポートしています。

「フェアトレードを通じてサスティナブルな農業やものづくりを目指している私たちの考え方に非常に近いと感じました。そこで、パークスロープ・フード・コープに向けた商品を開発することに決めたのです」

と、IKEUCHI ORGANICのPR インターナショナルリレーションズマネージャーの山鬼育子さん。

着目したのが、残った糸。ロット違いや色違いで発生した生地や商品の他、タオルを作った時に余ってしまった糸を集め、IKEUCHI ORGANICが60余年で培った技術とノウハウで新しいタオルに仕立てます。そうして生まれたのが「ブルックリン・サスティナブル・ライン」。

この夏、逆輸入する形で「ブルックリン・サスティナブル・ライン」が日本にもお目見えしました。直営店やウェブサイトで限定販売。7月10日には、パークスロープ・フード・コープの取り組みなども紹介するイベントを、東京・南青山、京都、福岡の直営店で開催しました。

食べ物やコスメのように自分に合ったものを選び、ワインのごとく楽しむーー。1枚のタオルが手元に届くまでの物語、人々に思いを馳せながら、大切に慈しむように使いたい。IKEUCHI ORGANICのタオルは、物への愛情を思い起こさせてくれる逸品なのです。

着目したのが、残った糸。ロット違いや色違いで発生した生地や商品の他、タオルを作った時に余ってしまった糸を集め、IKEUCHI ORGANICが60余年で培った技術とノウハウで新しいタオルに仕立てます。そうして生まれたのが「ブルックリン・サスティナブル・ライン」。

■ IKEUCHI ORGANICに関する情報はこちら

http://www.ikeuchi.org/

前編はこちらから

特別な体験と物語を紡ぐ、サスティナブルなオーガニックタオル(前編)作る人、使う人、そして、地球にも優しいサスティナブルなタオル

 

ーーBackstage from “ethica”ーー

肌に優しく、口に入れても大丈夫なオーガニックコットンを織り上げたIKEUCHI ORGANICのタオルは、赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭で喜ばれているようです。モデルの蛯原友里さんもその一人。息子さんの肌荒れがひどくなり、オーガニックのタオルや肌着を調べていた中で、うれしいプレゼントが届いたとブログで綴っています。

大切な人へのギフトにおすすめの逸品です。

記者 中津海 麻子

朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORAなど。大のワンコ好き。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

浅田舞さんも森の京都を堪能「京都中心部とは違う魅力を発見」 京都府が「森の京都博公式ガイドブック夏号」を発行 〜森の京都の魅力いっぱいの7月~10月の64イベントを紹介〜
自然と都会が調和する国「ニュージーランド」に、エシカが注目! 自然のめぐみを食・ワイン・旅を通して楽しもう! スーパーフード「アボカド」編 世界でいちばん栄養価の高いフルーツとギネス登録された「アボカド」(通称:森のバター)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます