Safia’s Fair Trade World Vol.4 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん サフィアが考える2014年とは?
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

サフィアが考える2014年とは?

こんにちは。サフィアです。

2014年が始まって半月が過ぎました。
今年はファッション産業にとってどんな年になるのでしょうか?

そこで今日は、私の考える2014年を発表したいと思います。

2014年はクッキーの型で抜いたように同じで、ステレオタイプなスタイルはなくなるでしょう。

私たちは、オリジナリティを推し進め、友達と服を交換し、セカンドハンドの服を買います。

また、新しいスロー社会の一員として、買ったり着たりすることを大切にし、メディア主導の幻想から目を覚まします。

ファッション編集者たちはトレンドにフォーカスを置く記事を減らすでしょう。

彼らは今までサステナブルでない消費やスウェットショップ(低賃金で長時間労働させる工場)の製品を推し進めた自らの役割に気づくでしょう。

4月24日(木)(バングラデシュ、ラナ・プラザビル崩壊の悲劇が起きた日)のファッション・レボリューション・デー、3月8日(土)の国際女性デー、5月10日(土)の世界フェアトレード・デーなどたくさんのイベントによって、意識向上とファッション産業へ圧力をかける基盤ができます。

それは、ファッション産業の行動を改めさせ、フェアトレードによる大きな変化を証明し、コミュニティが強化され、家族の地位を向上させる基盤作りなのです。

フェアトレードでサステナブルなファッションが成熟期に入るでしょう!

ピープル・ツリーは2014年にはヨーロッパ全体に広がり、ドイツ、オランダ、スカンジナビアの展示会などにも出展します。

肌に合わない化学繊維やスウェットショップでつくられた製品ではなく、独創的で高品質な手作りの製品を求める人が増えるでしょう。

2014年は、人びとはより強く健康と幸せを求め、物欲だけにとらわれず、信頼性のおける本物へシフトし続けるでしょう。

フェアトレードで、オーガニックで、地元で生産され、再利用された、より付加価値の高い製品を買い求めるでしょう。

私たちは友人たちとともに、社会正義とサステナブルなムーブメントに参加するでしょう。

それは楽しく、私たちの心をつかみ、そして力づけてくれます。

 

あなたはどんな2014年を予想していますか?

ぜひ、TwitterやFacebookをフォローして、あなたの考える2014年について、コメントを送ってくださいね!

サフィアTwitter(英語)(日本語翻訳)

ピープル・ツリー公式Facebook

サフィア・ミニー

ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表

 

英国出身。90年に来日。環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」と、フェアトレードのブランド「ピープル・ツリー」の代表。

04年シュワブ財団により「世界で最も傑出した社会起業家」の一人に選ばれる。09年イギリス政府より大英帝国勲章第5位(MBE)を受勲。

著書に「おしゃれなエコが世界を救う  〜女社長のフェアトレード奮闘記〜」(日経BP社)、(幻冬舎ルネッサンス)、「NAKED FASHION -ファッションで世界を変える- おしゃれなエコのハローワーク」(フェアトレードカンパニー)ほか。

 

HP:ピープル・ツリー

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

はじめまして! エシカリスタVol.14 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん
あたらしい「当たり前」を作ります エシカリスタVol.15 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます