Safia’s Fair Trade World Vol.4 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん サフィアが考える2014年とは?
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

サフィアが考える2014年とは?

こんにちは。サフィアです。

2014年が始まって半月が過ぎました。
今年はファッション産業にとってどんな年になるのでしょうか?

そこで今日は、私の考える2014年を発表したいと思います。

2014年はクッキーの型で抜いたように同じで、ステレオタイプなスタイルはなくなるでしょう。

私たちは、オリジナリティを推し進め、友達と服を交換し、セカンドハンドの服を買います。

また、新しいスロー社会の一員として、買ったり着たりすることを大切にし、メディア主導の幻想から目を覚まします。

ファッション編集者たちはトレンドにフォーカスを置く記事を減らすでしょう。

彼らは今までサステナブルでない消費やスウェットショップ(低賃金で長時間労働させる工場)の製品を推し進めた自らの役割に気づくでしょう。

4月24日(木)(バングラデシュ、ラナ・プラザビル崩壊の悲劇が起きた日)のファッション・レボリューション・デー、3月8日(土)の国際女性デー、5月10日(土)の世界フェアトレード・デーなどたくさんのイベントによって、意識向上とファッション産業へ圧力をかける基盤ができます。

それは、ファッション産業の行動を改めさせ、フェアトレードによる大きな変化を証明し、コミュニティが強化され、家族の地位を向上させる基盤作りなのです。

フェアトレードでサステナブルなファッションが成熟期に入るでしょう!

ピープル・ツリーは2014年にはヨーロッパ全体に広がり、ドイツ、オランダ、スカンジナビアの展示会などにも出展します。

肌に合わない化学繊維やスウェットショップでつくられた製品ではなく、独創的で高品質な手作りの製品を求める人が増えるでしょう。

2014年は、人びとはより強く健康と幸せを求め、物欲だけにとらわれず、信頼性のおける本物へシフトし続けるでしょう。

フェアトレードで、オーガニックで、地元で生産され、再利用された、より付加価値の高い製品を買い求めるでしょう。

私たちは友人たちとともに、社会正義とサステナブルなムーブメントに参加するでしょう。

それは楽しく、私たちの心をつかみ、そして力づけてくれます。

 

あなたはどんな2014年を予想していますか?

ぜひ、TwitterやFacebookをフォローして、あなたの考える2014年について、コメントを送ってくださいね!

サフィアTwitter(英語)(日本語翻訳)

ピープル・ツリー公式Facebook

サフィア・ミニー

ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表

 

英国出身。90年に来日。環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」と、フェアトレードのブランド「ピープル・ツリー」の代表。

04年シュワブ財団により「世界で最も傑出した社会起業家」の一人に選ばれる。09年イギリス政府より大英帝国勲章第5位(MBE)を受勲。

著書に「おしゃれなエコが世界を救う  〜女社長のフェアトレード奮闘記〜」(日経BP社)、(幻冬舎ルネッサンス)、「NAKED FASHION -ファッションで世界を変える- おしゃれなエコのハローワーク」(フェアトレードカンパニー)ほか。

 

HP:ピープル・ツリー

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

はじめまして! エシカリスタVol.14 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん
あたらしい「当たり前」を作ります エシカリスタVol.15 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます