幸せを多くの人にお裾分け。エシカル・ウェディングのススメ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
幸せを多くの人にお裾分け。エシカル・ウェディングのススメ

人生最良の日と言われることもある結婚式。結婚式を挙げる多くの人が、自分たちだけでなく参加してくれる人みんなへの幸せのお裾分けを考えていると思います。でも、参列者以外にも、幸せのお裾分けをできる相手がいるのです。その相手とは、結婚式にまつわる様々な物を作る人たち。

過酷な労働環境や公正でない取引で誰かが苦しむことがなく、発展途上国の雇用を促進し、地球環境と労働者の尊厳を守るエシカル(=道徳的、倫理的)な結婚式を挙げたら、挙げる自分たちだって幸せな気持ちが倍増しそう。今回は、エシカル・ウェディングに役立つアイテムを4種類紹介します。

ドレスで幸せをお裾分け! 認証されたオーガニックコットンと上質なシルクだけを使った「NADELL」のエシカルドレス

「NADELL」のウェディングドレスは、自然環境に負荷を与えないこと、生産者を不当に搾取しないこと、伝統的な技術を守ることを大切にして作られています。生産者の多くは、国内で真摯にものを作り続けてきた人たち。上質なシルクと認証されたオーガニックコットンだけを使用し、生産の過程でどうしても生じる残布はすべて小物やパーツなどとして再利用。カラードレスも草木染めで着色するなどと、地球環境と生産者に徹底的に配慮したドレスを作っています。

結婚指輪で幸せをお裾分け! フェアトレードやリサイクルの素材を利用した「HASUNA」のエシカルジュエリー

HASUNAの結婚指輪・婚約指輪に使われる素材は、人・社会・自然に配慮したもの。産地が証明でき、自然環境に優しい採掘方法をとったダイヤモンドや、環境保護対策が遵守され、児童労働、有毒化学物質の使用が禁止された中米産のフェアトレードゴールドなどを使って作られています。

ブーケで幸せをお裾分け! ケニアの農家から薔薇を購入することで雇用を生み出す「アフリカの花屋」のブーケ

ブーケや両親への花束で幸せをお裾分けすることも。「アフリカの花屋」で取り扱っている薔薇は、ケニアからの直輸入。ケニアは慢性的な仕事不足に悩んでおり、それが貧困の連鎖を生んでいます。一方、ケニアの薔薇はヨーロッパでは丈夫で大輪で色鮮やかなことで有名。ケニアの薔薇を日本に輸入して販売することで、ケニアに新しい雇用を生み出すのが「アフリカの花屋」の薔薇なのです。ケニアの薔薇農家で働く人を笑顔にできるブーケになりそうです。(注文できる期間が限られています。)

席次表で幸せをお裾分け! 「ピープル・ツリー」のフェアトレードのウェディング用カバーペーパー

さりげなくフェアトレード商品を利用するのも、エシカル・ウェディングの方法になります。ご紹介するピープル・ツリーのカバーペーパーは、バングラデシュの生産者が一枚一枚手作業で印刷。環境を汚さずに、バングラデシュに安定した仕事を提供することにつながる商品です。

都内で会社を営む小川晋平さんは、奥さんと相談してHASUNAで結婚指輪をオーダー。「『長く身に付けるものだし、きらびやかなモノを付けるくらいなら、シンプルでいいから、可能な限り貧困国搾取とかしていないやつがいいよね』と夫婦で話し合って決めました。こういう価値観が夫婦で合うのが幸せです」と教えてくれました。

大々的に取り入れるのが難しい場合は、プチギフトにフェアトレードのクッキーを配ったり、結婚式のメイクにオーガニックコスメを使ったりと、ちょっぴりエシカルを取り入れることも可能。少しずつ注目されてきている「エシカル」を、挙式に取り入れてみるのはいかがでしょうか。

取材協力=NADELLHASUNAアフリカの花屋ピープル・ツリー小川晋平さん

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

スキルを提供してやる気をもらう、名刺を2枚持つ働き方のススメ
杉本彩さんが考える、「永遠の美」を手に入れる方法

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます