クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」

木で作られたトレーラーハウス『住箱』。快適な環境で過ごせるうえ、自然も身近に感じられます

時代のニーズにあわせて、良い車の定義は変わってきました。しなやかに生きる現代の男女やファミリーにとって、ラグジュアリーな車とは、高価なことではなくて日常をさらにワクワクさせてくれる相棒的な存在ではないでしょうか。今回は、新型レクサスCT/NXが連れて行ってくれる、ちょっと贅沢で心ときめく日常をご紹介しましょう。

思い立ったらGO!アーバンデイキャンプの提案

レクサスが提案する「自分らしく、都市で気軽なアウトドアを体験」をテーマにしたイベントが行われましたので、まずはその一部をご紹介しましょう。

“アウトドア”や“キャンプ”というと、大きなキャンピングカーにテントと寝袋、炭をおこしてバーベキュー?と想像しがちですが、都市型コンパクトカーで出かけたいのは、街を楽しむアーバンデイキャンプです。サンドイッチと果物、たっぷりと淹れたコーヒー、読みかけの本でも持ってドライブに出発すれば、日常から少し離れたキャンプ気分に。良き相棒(車)がいれば、「もっと遠くまで行こうかな」「今から出かけよう」といった活動的な気分になれること間違いなし。この開放感と自由は、一度体験するとハマります。

新型NX300/街乗りにぴったりなコンパクトサイズながら、荷物がたっぷり詰める車内空間。キャンプや旅行の相棒にも最適

イベントアンバサダーのクリス-ウエブ 佳子さんに伺いました

取材に笑顔で応えてくれるVERRYモデルの佳子さん。ご挨拶しつつも、ツヤツヤのお肌に目が釘付けになりました

建築家の隈研吾氏とコラボして作った“旅する建築”

今回のイベントで、レクサスと同様に存在感を放っていたのが、モバイルハウス『住箱』です。これは、Snow Peakが建築家の隈研吾氏とコラボして作った“旅する建築”。ヒノキのべニア合板で作られたまさに箱なのですが、窓が大きくとられていて中は広々。デザイナーズマンションのワンルームといった快適な環境です。今回のイベントで、その内部インテリアを手掛けたのは人気モデルでもあるクリス-ウエブ 佳子さん。最近はモロッコのマラケシュを旅したそうで、そのエッセンスがふんだんに盛り込まれた空間になっていました。

モバイルハウスの中とは思えない木の温もりを感じる室内

インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に

「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切にします。これは国や男女といったものに偏らず、様々なスタイルの中から良いと思えるものを合わせていくという考え方です。結果、ここにいる全員が心地良いと思える空間に仕上げたいですね」という佳子さん。たしかに、たくさん並んでいるクッションは藍色のグラデーションが素敵で、可愛くもあり、クールでもあります。「フロアにはモロッコの遊牧民のテントをイメージして、羊毛風のラグを敷いています。そしてテーブルクロスとして使っているのは、現地の男性が頭に巻く布なんです。マラケシュの布製品はカラフルな色彩のものが多いのですが、今回は落ち着ける雰囲気にまとめました」。たしかに、この空間に入った瞬間はエキゾチックな空気に包まれましたが、座っておしゃべりしていると、たちまち自室でくつろいでいる気分になれるのが不思議です。

「モロッコではシルバー製のポットでミントティーを淹れるのが定番です」と佳子さん

世界中を旅している佳子さんならではのこだわり

また、世界中を旅している佳子さんならではのこだわりも教えていただきました。「私は訪れた国の帽子を買うのが好きなのですが、それを仕舞い込むのではなくインテリアとして部屋に飾っています。帽子のギャラリーを見ると旅の記憶がよみがえります。また、現地の市場などで買い物をするときは、交渉しながら値切ることも楽しい思い出になります。自分の足で歩いて、見て、情報を収集したほうが、出会いや会話が増えて、より素敵な旅になると思います」

取材後も、普段の暮らしに役立つお話がたくさん伺えて話が尽きなくなりました

海外でのお仕事も多く、常に華やかなイメージの佳子さんですが、「車にさっと乗って、子供と代々木公園でピクニックなども、楽しいですよね」と、アクティブでほがらかな母親の一面も。充実した時を過ごすアイデアの数々、お手本にさせていただきます。

見た目はスマートですが、日々の買い物に大活躍してくれる車内空間は女性にも嬉しいポイント

クリス-ウェブ 佳子

モデル、コラムニスト。「VERY」専属の人気モデルでありながら、コラムニストとしても活躍。7月にはエッセイ集「考える女(ひと)」も出版され、ますます注目が集まっている。インテリアや旅という得意分野においてもセンスを発揮し、数々のコラボレーション、プロデュース業、執筆など、活動の幅を広げている。グローバルな交友関係をもち、夫はイギリス人。2女の母。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回お話を伺ったクリス-ウエブ 佳子さんと菜月さん。それぞれ専門分野は違いますが、お二人とも「多様性が大事」と口を揃えておっしゃっていました。コンパクトだけどラグジュアリーな新型CT・NXが、今後どんな多様性と意外性のある世界に連れて行ってくれるか楽しみです。

<エシカ記事予告> 発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

【ジャパンジュエリーフェア2017】花嫁羨望のステージに魅了 ~出展社ジュエリーと桂由美ドレスのコラボレーション~
発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます