他県の魅力も学び、助け合っていきたい(行天優莉奈) 『中国・四国9県連携プロモーション記念発表会』開催。西日本豪雨からの復旧に向け、“ベストナイン”を組んで観光需要を喚起
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
他県の魅力も学び、助け合っていきたい(行天優莉奈)

AKB48のTeam8のコンセプトは、「会いに行くアイドル」。メンバーは各都道府県から1人ずつ選出された47名。そう行天さんは香川県オンリーワンのメンバーなのです。

2018年7月の西日本豪雨で、甚大な被害に見舞われた中国・四国地方。復興へ向けた工事が続く日々ですが、直接的な被害を受けていない観光地も数多く存在します。しかし残念なことに風評被害によって観光客が激減、回復に向かっているとはとても言い難いのが現況。そこで中国・四国地方の9県が力を合わせ、冬の観光プロモーションを行うことを決定、12月13日に記者発表会が開催されました。

“地元”のために一肌脱いだのは、デーモン閣下

『中国・四国9県連携プロモーション』を推進しているのは、中国・四国地方9県(広島県・鳥取県・島根県・岡山県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県)および、せとうち観光推進機構、山陰インバウンド機構、四国ツーリズム創造機構の3つのDMO(デスティネーション・マネージメント・オーガニゼーション)。県という垣根を取っ払って、エリア全体で盛り上げていこうというスタイルが特長です。

『中国・四国9県連携プロモーション記念発表会』は、せとうち観光推進機構の村橋克則事業本部長の代表挨拶からスタート、続いて9県すべての観光相談窓口となる『中国・四国9県観光ツアーデスク』(2019年1月末までの期間限定)が、会場となった広島県のアンテナショップ『ひろしまブランドショップTAU』(東京・銀座)に設けられることが発表されました。

その『中国・四国9県観光ツアーデスク』の1日所長に着任したのは、広島カープのユニフォームに身を包んだデーモン閣下。「わが輩が世を忍ぶ仮の幼少期を過ごしたのが広島県」と切り出し、さらに「広島のみならず、中国・四国の9県すべてを応援するために、ちょっと一肌脱ごうとやってきた次第」というお言葉も。村橋本部長より任命書を手渡され、ぐっと表情を引き締められたのが印象的でした。

村橋氏から『中国・四国9県観光ツアーデスク』1日所長を拝命したデーモン閣下。

この冬の観光は、“ベストナイン”がキーワード

今回閣下が野球のユニフォーム姿で現れたのは、カープ愛以外にも大きな理由がありました。実はこのプロモーション、9県が力を合わせるということから野球チームになぞらえ、魅力的なスポットやアイテムなどを9つ、そう“ベストナイン”を挙げるという手法。

先陣を切ったのは、閣下プレゼンツの「広島県の個悪魔的ベストナイン」。ちなみに4番バッターは冬の味覚「牡蠣」で、「生でも焼いても美味しい」と自信たっぷりです。

さらにユニフォーム姿のサポーターが2名登壇。岡山県出身の俳優・前野朋哉(まえの ともや)さんと、香川県出身でAKB48Team8所属のアイドル・行天優莉奈(ぎょうてん ゆりな)さんです。故郷が甚大な被害を受けた前野さんが、「岡山県の個人的ベストナイン」を披露。県を代表する観光地である「倉敷美観地区」がまったく無事なことを報告するとともに、「独特の中華そばがあって、美味しい上にリーズナブルなんですよ」と地元っ子ならではのマニアックなネタの紹介もありました。

左から、香川県出身でAKB48Team8所属のアイドル・行天優莉奈(ぎょうてん ゆりな)さん、せとうち観光推進機構の村橋克則事業本部長、『中国・四国9県観光ツアーデスク』の1日所長・デーモン小暮さん、岡山県出身の俳優・前野朋哉(まえの ともや)さん

各県のベストを集めた『中国・四国 冬のベストナイン』

ここまでは単県のベストナイン。今回初となる画期的な試みが、各県のベストが集結した『中国・四国 冬のベストナイン』で、温泉、パワースポット、などの“観光系”から、ご当地鍋、スイーツなど“グルメ系”まで集計されています。

当日は「定番!ご当地鍋ベストナイン」「定番!温泉ベストナイン」「知られざる!スイーツベストナイン」がパネルで発表され、ご当地鍋から選ばれた岡山県の「そずり鍋」が、ステージと会場で振る舞われました。ちなみに「そずる」とは「削る」の意。牛の骨周りからそぎ落とした肉に、豆腐や野菜などを醤油味で煮込んだ県北部の郷土料理なのです。

「このエリアには、インスタ映えするスイーツも充実しているので、若い人たちにもたくさん来てほしい」(行天さん)、そして「復興に向けて大変そうだから遊びに行くのは…と遠慮しないで。観光にいらしてくださることが、何より被災地の元気となるんです」と前野さん。

最後を締めたのは、「前の(前野)めりで行ったら、仰天(行天)することがたくさんありますよ」という閣下のメッセージ。流石のひと言でした。

「優しい味付けで、食材それぞれの旨みが良く分かります」と行天さん。

エシカ個別インタビュー「他県の魅力も学び、助け合っていきたい」(行天優莉奈)

発表会後、ethica編集部の個別取材に応じてくれたのは、紅一点の行天さん。各都道府県から1名選ばれて構成されるAKB48のTeam8メンバーで、いわば観光大使的なアイドル。

エシカ: 今回は地元の香川県だけでなく、中国・四国地方全体の応援も求められています。

行天さん: 幸い香川県は被害が少なくて済みました。だからこそ周りの県への応援により力を入れたい。でも気づけばご近所県のことあまり知らないんです。今回は香川県以外の魅力を勉強する良い機会にもなりました。

エシカ: 実は8月末から『ふっこう周遊割』という旅行の割引制度が導入されていて、中国・四国地方9県のうち、2県以上を周ることを推奨されています。もし香川県以外にも足を延ばしてもらうとすれば、どんな旅を提案されますか?

行天さん: そうですね、例えば麺つながり。地元の讃岐うどんの前後に、岡山県の中華そばというのはどうでしょう?徳島県にも有名な徳島ラーメンもありますし

エシカ: 発表会では香川県自慢の機会が少なめだったので、最後に香川県のイチオシをお聞きかせください。

行天さん: やっぱり“こんぴらさん”こと、金刀比羅宮ですね。毎年登っているんですよ。お参りした後に山頂から眺める景色がとてもきれいなんです。なかなか階段が手強いですが、ぜひお参りにいらしてくださいね。

 

『中国・四国 冬のベストナイン』
https://genki-chushikoku.jp/

 

パラスポーツ(障碍者スポーツ)に造詣が深いという行天さん。Team8をあげてバックアップしていることもあるが、実は高校生の時の福祉の授業で知ったことがきっかけだとか。「一緒に体を動かしていくうちに、心もつながっていく実感があります」。編集部としてはあらためてお話をお聞きしてみたいテーマですね。

記者:とがみ淳志(とがみあつし)

1964年大阪府生まれ。神戸大学経済学部経済学科卒。日本旅のペンクラブ理事。日本旅行記者クラブ会員。(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート/SAKE DIPLOMA。1988年(株)リクルート入社後、海外旅行情報誌『エイビーロード』の営業および制作に。93年結婚情報誌『ゼクシィ』の創刊を担当。同誌の多角的運営に携わった後、99年退社後フリーに。現在は(株)トランスメディアで編集顧問を務めるかたわら、食、旅、酒、温泉、不動産、猫などの分野を中心に編集、プランニング、ライティングを行う。情報誌や雑誌、機内誌およびウェブなど幅広い媒体を手がけている。

ーーBackstage from “ethica”ーー

西日本豪雨のほか、関空が孤立した台風、北海道を襲った地震…。まさに日本列島は災尽くしで、厳しく辛い2018年となりました。崩壊するのは一瞬なのに、元に戻すには長い年月と膨大なパワーがかかるなかでの、今回の取り組み。県の枠組みを越えての復興プロモーションは、口にするのは容易でも実行に移すにあたっては数多のハードルが存在したことでしょう。それを乗り越えた“ベストナイン”が、それぞれの持ち味を発揮されることを願うばかりです。また現地を訪れ、経済効果をもたらすことこそ応援。ぜひ機会を創って旅に出たいですね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

とがみ 淳志

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「エシカル」を新しい当たり前として提示したい (マリエ)【編集長対談・後編】
「楽器を持てば、ヒーローになる。」差別や偏見に音楽で立ち向かったコロンビアの子どもたち 〜ヤマハの嘉根林太郎さんに伺いました〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます