宮澤賢治の銀河鉄道が、ついに現実に!?  エシカルは未来の贅沢 Vol.7 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

宮澤賢治の銀河鉄道が、ついに現実に!? 

春からJR釜石線の花巻〜釜石線を、「SL銀河」が走り ます。エクステリア・インテリアデザインは、奥山清行さん、宮澤賢治関連の展示の責任者はロジャー・パルイバース氏、そして沿線や東北ゆかりの品々の展示 を、私が担当いたしました。ネイビブルーからライトブルーへと、宇宙のブルーが車体を彩っていますが、その色に合わせて、同色のブルーの南部鉄器をプロ デュースしました☆ プラネタリウムもあり、月や星にまつわるSayaさんの展示もあり、とっても楽しい走る夢の美術館です。物理学、地質学、天文学、農 業にも造詣が深く、ヴェジタリアン、社会貢献の活動家でもあった宮沢賢治は、まさに未来社会を予言する存在であり、いまなお、いやいまこそさらにインスピ レーショナルな、宇宙の吟遊詩人的存在です☆☆☆☆☆

「SL銀河」プロジェクトに先駆けて、総合プロデューサーの会田裕美さんと、宮沢賢治の里、花巻市を訪ねました!☆ 通りで出会った宮澤賢治氏と、ツーショット☆☆☆

生駒芳子

ファッション・ジャーナリスト

東京外国語大学フラ ンス語科卒業。フリーランス・ライターとして活躍後、VOGUE JAPON、ELLE JAPONを経て、2004年にmarie claire日本版の編集長に就任。社会問題を取り込んだファッション誌を日本で初めて立ち上げ、2008年に独立。現在はフリーランスのジャーナリス ト・エディターとして、ファッション、アート、ライフスタイルを核に、社会貢献、エコロジー、社会企業、女性の生き方、クールジャパンまで、講演会出演、 プロジェクト立ち上げ、雑誌や新聞への執筆に関わる。クリエイターとNPO団体を繋ぐNPO「サービスグラント」の理事。

 

BLOG
Twitter
Facebook

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

答えがない エシカリスタVol.22 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
rooms28 エシカル・エリア出展プランド2:TANILAG(タニラグ) rooms28から見る日本の今後のエシカル・ファッション業界

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます