宮沢賢治さんを想う車内空間 エシカルは未来の贅沢 Vol.9 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

伝統工芸展示@SL銀河(花巻〜釜石)。車内は、レトロな雰囲気です。プラネタリウムもあり、ロジャー・パルバース氏による賢治世界へナビゲートする資料展示もあり、アストロロジーライターSAYAさんの月や星にまつわる展示もありーーまさに動く賢治ミュージアム☆です。

伝統工芸展示@SL銀河(花巻〜釜石)。宮沢賢治世界には、鳥や猫など、たくさんの生き物が出てきます。そんな世界を彷彿させる、和紙と漆で作られた、張子の鳥のバッグ「コシェル2」。お隣のブルーの鳥は、伝統的な張子の飾りです。

宮沢賢治の世界を描き続ける版画家、大場冨生氏の作品も展示。一筋の灯りが照らし出すふくろうの印刷所を訪ねる男は、帽子とマントから、宮沢賢治では?ーーと思わせる素敵な一枚☆ ブルーが美しい☆☆☆

賢治も愛用したと言われる、花巻市の日本ホームスパンのツィード。ラグジュアリーブランドも愛用する、最上級のクオリティ☆ 今回は、このツィードで、星を作って展示しました。その昔、銀河鉄道に入れこんでいたとき、空から星がばさっ、ばさっと落ちてきて、おじさんが夜道でほうきでその星をはき集めている夢を見たのだけれどーーちょうどそんなかんじの星ができました。

鉱物の研究にも熱心だった賢治は、台焼きの原料である、カオリンにもきっと興味を示していたはずーー☆ はっぱ型のお皿に、賢治の星座である乙女座のサインを染め付けていただきました。

宮沢賢治世界を思い浮かべて、月と星も飾りました☆☆☆

ぽっぽ、ぽっぽと並んで走るかのような、「アンシャンテ」の南武鉄器☆ SL銀河の車体の、グラデーションブルーに合わせて、濃淡のブルーのポットが勢揃い!!!☆

紫紺染めのテキスタイルは、フォークとスプーンを飾って、「注文の多い料理店」気分で☆☆☆ 

「わたしたちは、氷砂糖をほしいくらゐもたないでも、きれいにすきほった風をたべ、桃いろのうつくしい朝の日光をのむことができます。またわたくしは、は たけや森の中で、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびろうどや羅紗や、宝石いりのきものに、かはつてゐるのをたびたび見ました。わたくしは、 さういふきれいなたべものやきものをすきです」(「注文の多い料理店」序文より)

生駒芳子

ファッション・ジャーナリスト

東京外国語大学フラ ンス語科卒業。フリーランス・ライターとして活躍後、VOGUE JAPON、ELLE JAPONを経て、2004年にmarie claire日本版の編集長に就任。社会問題を取り込んだファッション誌を日本で初めて立ち上げ、2008年に独立。現在はフリーランスのジャーナリス ト・エディターとして、ファッション、アート、ライフスタイルを核に、社会貢献、エコロジー、社会企業、女性の生き方、クールジャパンまで、講演会出演、 プロジェクト立ち上げ、雑誌や新聞への執筆に関わる。クリエイターとNPO団体を繋ぐNPO「サービスグラント」の理事。

BLOG
Twitter
Facebook

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

手入れの行き届いたお庭の持ち主はエシカルで心が優しい人が多い。 ethica from London 「エシカルな春」
オーガニックやフェアートレードの材料を使ったエシカル卵 イースターエッグ ethica from paris 春の祝日「Pâques (パック)”復活祭”」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます