(第34話)休日のパンづくり【連載】かぞくの栞(しおり) 暮らしのなかで大切にしたい家族とwell-being
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
(第34話)休日のパンづくり【連載】かぞくの栞(しおり)

心身ともに健康で、社会的にも満たされた状態であることを意味する「well-being」。

一人ひとりがwell-beingであることが、社会や環境をより良くしていくことにつながるのだと思います。

では、「私にとって良い状態」ってどういうものなんだろう?

そのヒントは、意外と何気ない日常の中に散りばめられているのかもしれません。

新しく何かを始めるのも大切だけど、まずは身近な人や自分が「ごきげん」でいることから。

家族と過ごすなかで感じる、そんな一瞬一瞬を切り取って、綴っていけたらと思います。

我が家の週末のお楽しみ

平日の朝ごはんは、お味噌汁と白米が基本のわが家ですが、週末の一日はパンを食べるのが家族みんなのお楽しみです。

 

シンプルなトーストにバターとはちみつをたっぷり塗って、コーヒーかミルクティー(娘はたんぽぽコーヒーにミルクを入れて「いっしょやで」とご満悦)、用意があればスープや目玉焼き、ウィンナーを添えます。

 

紹介するまでもないほどの、何ということのない朝ごはんですが、いつもよりゆっくり布団から出て、夫が豆から挽いて淹れるコーヒーとパンを焼く香ばしい匂いに包まれながら、の〜んびり朝ごはんを食べる時間に、何とも満たされた幸せな気分を感じるのです。

 

そんなわが家の休日の朝ごはんですが、ずいぶん前から娘がパンづくりをしたがっていて、先日ようやくそれを叶えることができました。

『パンやのくまさん』という絵本が、娘は大のお気に入り。くまさんが朝早く起きてパンを焼いて売る一日の物語に憧れて、その絵本を読むたびに「パンつくろっか」と口にしていました。

 

「いいねぇ、またつくろうね」と答えつつも、発酵が重要なパンづくりに対するハードルが私の中では高く、なかなか実現できずにいました。私自身、とってもパンづくりに興味はあったのですが、日曜日の朝に食べるとして、何時間前に生地をこねて成形して、二次発酵させオーブンに入れたらいいか、逆算するのが億劫だったというのが正直なところ……。

 

そんなときに図書館でふと見かけた手づくりパンのレシピが、その悩みを一気に解決してくれるものだったのです。

小麦粉、水、塩、砂糖、オイル、酵母をボウルでこねてまとめたものをビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で12時間以上寝かせたら基本の生地が完成。その後好きな形に成形して、1.5倍に膨らむまで二次発酵させてオーブンで焼いたら出来上がりです。

 

こね具合も発酵時間もおおよその目安。しかも基本の生地をベースに菓子パンもお惣菜パンもピザもできるというところに魅力を感じ、重い腰を上げてようやくつくってみることにしたのでした。

ある土曜日の夕方、娘に「パンをつくろう」宣言。

「やったー!!」と一気にテンションが上がる娘は、計量から何から自分でやりたがり、エプロンは小麦粉で真っ白けになるやら、水分を加えたばかりの生地がべっとりとついた手で髪の毛を触るやら、多々ハプニングはつきもの……でしたが、無事生地はまとまり、翌朝には口を縛ったビニール袋のなかでパンパンに膨らんでいて、気がかりだった発酵はばっちりです。

 

成形では、娘は粘土みたいにいろいろな形をつくって遊ぶのかなと思いきや「まるまるのかたちにしたい」と意外と器用に丸めだすのでびっくり。

予熱したオーブンに入れると小麦の香ばしい香りが家中を漂いはじめ、「いいにおいがする」とのっそり起きてきた夫、そして娘と一緒に焼きたてをほおばると、たまらない美味しさでした。

 

今回お試しで焼いてみたのはプレーンと麻炭入りパン。

基本の生地は全部同じなので、「つぎはメロンパンつくりたい!」という娘のリクエストにも「そうしようか!」と応えられるお手軽さはありがたいものです。

 

柔らかくてほわほわな生地をこねる時間は手にも気持ちにも心地よく、”高い壁”に思えていたパンづくりが身近なものになって、休日の楽しみがますます膨らむこのごろなのでした。

今回の連載は如何でしたでしょうか。バックナンバーはこちらからご覧頂けます。

【連載】かぞくの栞(しおり)

季子(キコ)

一児の母親。高校生のころ「食べたもので体はできている」という言葉と出会い食生活を見直したことで、長い付き合いだったアトピーが大きく改善。その体験をきっかけに食を取り巻く問題へと関心が広がり、大学では環境社会学を専攻する。

産後一年間の育休を経て職場復帰。あわただしい日々のなかでも気軽に取り入れられる、私にとっても家族にとっても、地球にとっても無理のない「いい塩梅」な生き方を模索中。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

季子(キコ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
INFORMATION 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第6章:教育の現場から編(第4節)
ファッションブランド「CLOUDY」とスイーツブランド「CLUB HARIE」の阪急うめだ本店限定コラボ商品でエシカルなバレンタインを

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます