明治がZ世代とともにカカオを通じたサステナブルな未来を考えるイベント 「カカオ、ひらく。LAB」を開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
明治がZ世代とともにカカオを通じたサステナブルな未来を考えるイベント 「カカオ、ひらく。LAB」を開催

明治による地球の健康に向けたサステナブルアクション「ひらけ、カカオ。」。明治は活動の一環として、若者たちと一緒にカカオを通じたサステナブルな未来を考えるイベント「カカオ、ひらく。LAB」を 98日(木)に都内で開催しました。カカオの可能性を追求することで、持続可能な社会が実現する。明治の新たな貢献に興味津々です。(記者:エシカちゃん)

若者たちからは「カカオ石けん」などのユニークなアイデアが

明治は大学生や社会人などZ世代約30名を招いて、98日(木)に、持続可能な社会づくりを目的とした拠点、シティラボ東京で「カカオ、ひらく。LAB」と名付けたイベントを行いました。

まずは、参加者や明治の社員が新しい栄養や食べ方についてディスカッション。博報堂 でSDGs プロジェクト「EARTH MALL」プロデューサーを務める小田部巧氏がファシリテーターとなり、若者たちから「遠い生産者の想いと消費者の声をつなぐ、SNS を活用した“こうかん日記”」や「カカオの栄養成分を赤ちゃんからお年寄りまで使える石けんで届ける“カカオ石けん”」といったユニークなアイデアが飛び出しました。

続いて、明治が独自開発の新素材を紹介。タブレットやフローズンアイスの原料になるパウダー状の「カカオフラバノールエキス」や、カプセルにすることでカカオ豆の栄養を閉じ込めながらパンや焼き菓子に活用できる「カカオグラニュール」について説明しました。

サプライズゲストとして米米CLUBの石井竜也さんが登場!

そしてイベントの最後には、サプライズゲストとして米米CLUBのメンバー、石井竜也さんが登場しました。震災で被害を受けた故郷・北茨城や火災に遭った首里城の復興に取り組む石井さんは、自身が作曲した「ひらけ、カカオ。」の応援ソングについてコメント。イベントでは若者たちが明治の商品を試飲しながら議論を深め、終始笑顔の絶えない雰囲気のまま終了しました。

カカオ豆の皮を使った花瓶の開発などカカオをムダなく活用する

ここからは明治による「サステナブルカカオ」の実現に向けた取り組みをご紹介します。現在、明治は「カカオフラバノールエキス」を含んだドリンクや、カカオグラニュールを配合した製品を開発しています。

来年春のリリースに向けて準備を進めており、今後の展開が楽しみですね。加えて、カカオハスク(カカオ豆)の外皮を使った花瓶の発売を来年春に予定するなど、フード以外での用途でもカカオをムダなく使い切るホールカカオの具体化を進めています。

食の国際的な見本市「SIHRA」に出展決定

さらに、明治は 2023 1 月フランスのリヨンで開催される食の見本市「SIHRA」への出展を決定しました。各国のメーカーが新たな食材や調理法を発表するこちらの見本市には、毎年、世界中からトップクラスのシェフたちが参加しています。明治がサステナビリティの実現のために生み出した技術の粋を食のプロフェッショナルにアピールします。

2006 年からカカオ産地への支援活動を継続

明治のサステナブルな視点は産地のサポートや原料調達の整備にも向いています。同社は2026 年度までの『サステブルカカオ豆』の調達比率 100%達成に向けてアクション。また、2006 年にスタートしたカカオ農家支援活動「メイジ・カカオ・サポート(MCS)」の新しい活動として、

「明治 ザ・チョコレート」のカカオ 4 産地(ベネズエラ、ブラジル、ペルー、ドミニカ共和国)ごとに支援目標を設けています。

具体的な支援内容は、2026 年までにベネズエラにはカカオ苗木24 万本を、ブラジルには肥料5万袋を、ペルーには発酵箱60箱を、ドミニカ共和国には資源ごみ分別回収箱99 箱の寄贈を目指しています。目標の進捗率はベネズエラ、ブラジル、ペルーが40~60%程度。ドミニカ共和国に至っては目標まであと3箱と達成までわずかです。

これらのバックアップをもとに生産している「明治ザ・チョコレート」は、産地ごとに「カカオ感」、「酸味」、「ロースト感」の違いが味わえる贅沢な味わい。おいしくてサステナブルな明治の新しい挑戦に興味が尽きませんね。

「明治 ザ・チョコレート」ブランドサイト

https://www.meiji.co.jp/products/brand/the-chocolate/

記者:エシカちゃん

白金出身、青山勤務2年目のZ世代です。流行に敏感で、おいしいものに目がなく、フットワークの軽い今ドキの24歳。そんな彼女の視点から、今一度、さまざまな社会課題に目を向け、その解決に向けた取り組みを理解し、誰もが共感しやすい言葉で、個人と世界のサステナビリティーを提案していこうと思います。

LINE公式アカウント
https://lin.ee/aXB3GQG

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

エシカちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

読者対話型連載「あなたにとってウェルビーイングとは何か」 第12章:アリストテレスとわたし(第6節)
立命館アジア太平洋大学(APU)が「サステイナビリティ観光学部」を開設!「サステナビリティ」と「ツーリズム」を学べる日本唯一の学部に

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます