orange pekoeのボーカル、ナガシマトモコが初のソロ・アルバム『NIA』を9月10日リリース 圧倒的な歌唱力で注目を集める実力派女性ボーカリスト
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
orange pekoeのボーカル、ナガシマトモコが初のソロ・アルバム『NIA』を9月10日リリース

邦楽界で圧倒的な歌唱力を放つナガシマトモコさん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

圧倒的な歌唱力で注目を集める実力派女性ボーカリスト、ナガシマトモコさんがNiaというアーティスト名でソロ・プロジェクト・アルバム『NIA』を9月10日リリース。この記念すべきタイミングにエシカ編集部は、「私によくて、世界にイイ。」というエシカ独自の切り口で、ナガシマトモコさんを独占インタビュー致しました。後日ethica及びETHICA TVにて公開予定です。

 

米国BLUE NOTEとの契約を果たした”初の日本人”として大注目のJAZZトランぺッター・黒田卓也氏を作曲・アレンジ・プロデュースに迎え、NY・ブルックリンにて録音されたナガシマトモコさん初となるソロ・アルバムが本日リリースされた。ソロ・アーティスト名は『Nia』で、アルバム名は全て大文字の『NIA』。本作品は、自身初である全編英詩によるもの。ジャズを基調に様々な音楽性を感性豊かに表現してきた彼女のルーツ的な魅力がつまった渾身のファースト・アルバムが発売となった。

圧倒的な歌唱力で注目を集める実力派女性ボーカリスト

orange pekoe のボーカルとして、圧倒的な歌唱力で注目を集める実力派女性ボーカリスト、ナガシマトモコさんのソロ・プロジェクト名である『NIA』。この‘Nia’とは、ゲール語で「発光・輝き」、スワヒリ語で「決意」を意味する。

メンバーには、ホセ・ジェイムスやアレサ・フランクリンのピアニストとしても活躍しているクリス・バワーズ、エスペランサ・スポルディングのツアーメンバーであるトロンボーンのコーリー・キングを始めとした強力なミュージシャンらが参加している。

Nia公式サイト

アルバム情報(KING RECORDS公式サイト)

iTunesからのダウンロード

orange pekoe(オレンジ・ペコー)について
ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成。深く甘美な歌声と、独創的なギター、またジャズ、ブラジル音楽など様々なジャンルの音楽を確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、同世代を中心に大きな支持を得ている。現在まで7枚のオリジナルアルバムをリリースし、新作「Oriental Jazz Mode」では今までのサウンドに加え、中近東、北アフリカ、またアジアなどを含むオリエンタルな要素を独自にミクスチャーした楽曲で新たな境地を切り開いた。ライブにおいても、二人の息づかいが聞こえる歌とギターによるアコースティック・デュオ編成から、グルーヴィーで迫力溢れる総勢18人からなるビッグバンド編成まで幅広く活動し、アジアやニューヨークでのCDリリースやライブ公演など海外でも活動を展開。また作品ごとにアートやファッションとのコラボレーションを展開するなど、そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。その他それぞれソロとしての活動も始動し、ギタリストとしてのソロ作品「SUN DANCE」「Dialogues」が各方面から高い評価を得ている藤本一馬の3rdアルバム「My Native Land」が7月にリリース。独自のチェンバー・ジ ャズ/ワールド・ミュージックを展開。そしてナガシマトモコのソロ・プロジェクト’Nia’は、NYで活躍する新進気鋭のミュージシャン達とともにレコーディングされた1stアルバム「NIA」が9月リリースされ、現在進行形のジャズ&ソウルミュージックを聴かせる自身初のソロアルバムとして期待が高まる。

orange pekoe 公式サイト

独占インタビュー映像を後日、ethica及びETHICA TVで公開予定です。

ETHICA TVとは、「私によくて、世界にイイ。」をコンセプトとした映像番組です。エシカ編集部では、「私によくて、世界にイイ。」ストーリーを語って頂けるアーティストさんやストーリーをお持ちの企業様を広く募集しております。公開タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

Nia/NIA

【収録曲】
1, Introduction

2, NIA

3, Come to my sanctuary

4, I Really Miss You

5, Natural Law

6, Mystical Moment

7, Ginger Sweet

8, Certainty

9, Brown Koffee

10, Come Rain Come Shine

全10曲

定価¥2,500 + 税

Produced by Takuya Kuroda and Nia

Composed and arranged by Takuya Kuroda

Lyrics by Nia (Track 2,3,5,6,8),

Lori Fine (Track 4,7)

Hiro-a-key(Track 9,10)

Shoji Kibe(Track 2,3,5,8)

Nia – Vocals

Takuya Kuroda – Trumpet, Analog Synth

Kris Bowers – Piano, Rhodes, Organ

Jermey Most – Bass, Guitar

Adam Jackson – Drums, Percussions

Corey King – Trombone

Hideyuki Waki – DJ

Hiro-a-key – Featuring vocal on track10

Recorded at The Bunker Studio, Brooklyn, NY , June 2012 by Aaron Nevezie

Mixed at Motherbrain Studio Brooklyn NY , May 2013 by Brian Bender

Mixed at  MSR,Tokyo , July2014  by Taiji Okuda

Mastered at Kimuken Studio , July 2014 by Kimura Kentaro

ーーBackstage from “ethica”ーー

異国の地ニューヨークの新進気鋭JAZZミュージシャン達とのセッションにより、自らの活動の場、可能性を増々広げたナガシマトモコさんにエシカ編集部も大注目!ナガシマトモコさんがNiaにこめた決意は如何に… 独占インタビュー乞うご期待の内容となっています。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

エシカルエリアに過去最大の40ブランドが出展 rooms29が9月9日(火)~11日(木) 国立代々木競技場第一体育館にて開催。後日エシカ独占インタビュー映像をETHICA TVにて公開
エシカルは五郎さんに学べ! エシカリスタVol.29 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます