エコ・スタディツアーが持続可能な社会を創る、H.I.S.の鮫島卓さん テーマは「エシカル、持ちかえる」 「エシカルファッションカレッジ」開催(前編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
エコ・スタディツアーが持続可能な社会を創る、H.I.S.の鮫島卓さん

H.I.S エコ・スタディーツアーデスク 鮫島卓所長

5月9日(世界フェアトレード・デー)、10日(コットンの日)、2日間だけのイベント「エシカルファッションカレッジ」が世田谷区のIID世田谷ものづくり学校(旧池尻中学校跡地)で開催されました。

昨年に引き続き今回で2回目となる同カレッジは、デニムブランド「Lee」を手がけるリー・ジャパンと世界の子どもたちを児童労働から守る国際協力NGO、特定非営利活動法人ACEを中心とする実行委員会が「エシカル、持ちかえる」をテーマに、講義や講演、実習(ワークショップ)、ファッションショー、映画などのさまざまな授業を通じて、作る人も着る人も、みんながハッピーになるサステナブルなファッションを考えようというものです。

2日間で1500人以上の来場

「去年は1日だけの開催でしたが、今年は去年の成功を踏まえてさらに内容を充実させ、エシカルの分野の幅を広げてプログラムに厚みを持たせました。このイベントが、ライフスタイルの中での衣食住のエシカルを考えるきっかけになってくれるのではないかと期待しています」

と、実行委員会事務局長の岩附由香さん(ACE代表)。

2日間で1500人以上の来場者があり、イベントは大盛況のうちに終了しました。

(右)エシカルファッションカレッジ岩附由香実行委員長(ACE代表)

エコ・スタディツアーが持続可能な社会を創る

講義の一つとして、エシカルな旅行を楽しむセミナー「旅は人を変え、社会を変える。」が行われました。講師を務めたのはH.I.S.の鮫島卓さん。エコ・スタディツアーデスクのリーダーを務めている方です。

エコ・スタディツアーとは、単なる観光を目的としたツアーとは異なり、途上国などさまざま国や地域の国際的、あるいは社会的な問題について学び、持続可能な社会を創ることを目的として企画された旅のこと。今回のカレッジでは、そうしたツアーの一つである「大草原モンゴル遊牧民交流5・6日間」の旅が紹介されました。

「モンゴルでは今、遊牧民が使用している昔ながらの移動式住居ゲルが減り、遊牧民が都市部に移住することで都市の過密化が進んだり、大気汚染がひどくなるなどの問題が起きています。そこで、このツアーは遊牧民が実際に生活しているゲルを訪ねて、遊牧民の暮らしを体験しながら遊牧生活の文化継承を支援することを目的としています。参加された方は、現地を訪ねることでしか得られないさまざまな貴重な体験をし、誰もが大きな感動を持って帰ってこられるようですね」(鮫島さん)

今回の講義に参加された方たちも、鮫島さんの話に熱心に耳を傾け、関心の高さをうかがわせていました。

H.I.S エコ・スタディーツアーデスク 鮫島卓所長

人が伝える力、それがいろいろなものを生み出す

H.I.S.がエコ・スタディツアーを始めたのは2008年。ちょうどその頃、バングラデシュ人の役員がいて、自分の国のためになることをしたいとダッカに支店を作りました。国内の旅行会社では初めてのことでした。

ところが、アジアの最貧国と呼ばれるバングラデシュには、これといった観光地がありません。そこで、バングラデシュの何が魅力なのかを調べてみることにしました。

「その時、初めてBRAC(ブラック)という従業員が10万人もいるNGOの存在を知ったのです。こんな世界があるんだと衝撃を受け、この事実を日本の人たちにも伝えたいと思ったのがスタディツアー誕生のきっかけです」(鮫島さん)

こうして、バングラデシュの社会貢献活動を学ぶ1週間のツアーがスタートしました。最初は参加者がなかなか集まらず、催行できないこともあったそうです。

しかし、参加した人たちが現地で受けた感動はことのほか大きく、その人たちの口コミで、ツアーは実施するごとに参加者が増えていきました。

H.I.S エコ・スタディーツアーデスク 鮫島卓所長(左)

「今、私たちがやっているエコ・スタディツアーは、若者の旅離れといわれる中で若い人たちに受け入れられ、参加された方たちが広げていってくれたと思っています。人が伝える力は、いろいろなものを生み出すんだなということを実感しましたね」(鮫島さん)

初めてのエコ・スタディツアーの開始から7年、現在では年間約40 のツアーがあり、利用者も増えています。

「世界」と「自分」がつながるツアー

今年は戦後70年という節目の年。戦争や平和を考えるいい機会でもあることから、この3月にはアウシュビッツに行くツアーが実施されました。

「一般の観光ツアーで行くとせいぜい半日なのですが、今回は現地にいる唯一の日本人公認ガイドである中谷さんにお願いし、1日かけてじっくり案内していただきました。その後、ツアー中に参加者同士での『振り返り』をやるのですが、実はエコ・スタディツアーではこの『振り返り』というプロセスがとても大事なのです。どう思ったのか、何を考えたのかを発表し合うことで、参加している皆さんが成長し、自分自身を高めていく。それがエコ・スタディツアーの醍醐味だと思っています」(鮫島さん)

H.I.S エコ・スタディーツアーデスク 鮫島卓所長

『振り返り』はツアー中だけではなく、帰国してからも続くことが多いそうです。そして、ツアーに参加した人が「今度はこんなツアーをやりたい」と提案してくることも珍しくなく、実際に実現したケースも多々あるといいます。

単なる観光だけで終わってしまうツアーではなく、「世界」と「自分」がつながるきっかけになるのがエコ・スタディツアーのいいところ。あなたも一度参加してみてはどうでしょう?

「エシカルファッションカレッジ」Photo Gallery

お茶の水女子大学附属高等学校教諭 葭内ありささんの授業風景

購買部(ショップ)の様子 INHEELS共同代表岡田有加さん

ブルックリン発のアクセサリーブランドMUJUS(ムフス)

カラフルな色使いが特徴、素材は椰子の種子だそう。

廃校になった校舎の廊下で行われたエシカルファッションショー

個性的なデザインのウエディングドレスが目を引きました。

今回の「エシカルファッションカレッジ」では、エコ・スタディーツアー以外にも多くの企業や団体が参加し、さまざまな講義や実習、視聴覚イベントが行われました。後編では、エシカル・ガーデニングについてご紹介します。

公開タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

 

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

 

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

今年は過去最大の4212名が参加、横浜みなとみらいチャリティー・ウォーキング 寄付金を通じて、途上国の子供たちに給食を届けよう! 第10回「WFPウォーク・ザ・ワールド」開催
身長192㎝の大型新人、国内最大級のシンガーソングライター『浜端ヨウヘイ』が6月10日いよいよ待望のファースト アルバムをリリース 〜山崎まさよし、BLACK BOTTOM BRASS BAND、金原千恵子といった豪華ゲスト陣の演奏も収録〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます