ガーデニングを文化とするイギリスで学ぶ、ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さん テーマは「エシカル、持ちかえる」 「エシカルファッションカレッジ」開催(後編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ガーデニングを文化とするイギリスで学ぶ、ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さん

ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さんによるエシカル ガーデニング実習の様子

5月9日(世界フェアトレード・デー)、10日(コットンの日)、2日間だけのイベント「エシカルファッションカレッジ」が世田谷区のIID世田谷ものづくり学校(旧池尻中学校跡地)で開催されました。

昨年に引き続き今回で2回目となる同カレッジは、デニムブランド「Lee」を手がけるリー・ジャパンと世界の子どもたちを児童労働から守る国際協力NGO、特定非営利活動法人ACEを中心とする実行委員会が「エシカル、持ちかえる」をテーマに、講義や講演、実習(ワークショップ)、ファッションショー、映画などのさまざまな授業を通じて、作る人も着る人も、みんながハッピーになるサステナブルなファッションを考えようというものです。

今回、エシカルな視点からガーデニングを考えようと行われたのが「エシカル ガーデニング」です。参加者はバジル、オレガノ、パセリの3種類のハーブの寄せ植え体験をしました。講師を務めたのはガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さんでした。

ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子

ガーデンデザイナーを目指して渡英

子どもの頃から自然の中で育った佐藤さんは、もともとガーデニングに興味を持っていました。しかし、就職活動の際、ガーデニングが仕事になるとは思わず、都内にある老舗ホテルに就職しました。

「入社10年目くらいでしたか、シーズンだけ営業しているホテルに、本社より半年間派遣されたのです、そこは国立公園で、大自然の中にありました。そこで生活をしているうちに緑を使った仕事をしたいなと思うようになったのです」(佐藤さん)

2003年、ホテルを辞めた佐藤さんは渡英、現地の大学の園芸学部に入って1から園芸の勉強を始めました。

イギリスでは、子どもたちに土に触れる機会を積極的に与える

「イギリスはガーデニングを自分たちの文化として大切に考えている国です。やるからにはそういう国で学びたいと思いました。イギリスでは、子どもたちに小さい頃から土に触れる機会を積極的に与えようとします。でも、日本にはそういう考え方はありません。そこは大きな違いかもしませんね」(佐藤さん)

イギリスではチェルシーやハンプトンコートなど各地で大きなフラワーショーが開かれます。佐藤さんはそうしたショーの手伝いをしながら7年間勉強を続け、2010年の夏に日本に戻ってきました。

ガーデニングはエシカルと通ずる

佐藤さんは、ガーデニングはエシカルという言葉を使っていませんが、もともと、その考え方自体、エシカルなものだといいます。

「ガーデニングという言葉にはingがついているでしょう? 緑の中に入っていって動作をすること、やることの全てがガーデニングであり、それ自体がとても楽しいんです。それともう一つ、私は自分で作ったものを自分で食べること、それがとても大事だと思っています。例えば、パセリを植えるとすると、育ったらどうやって食べようかなと考える。マヨネーズをつけたらいいのかとか、ドレッシングをつけたらどうかしらとか、そう考えると、ガーデニングがさらに楽しくなってきます。それって、エシカルと通じるものがあると私は思っています」

さらに佐藤さんは、オーバーオールやエプロンなど作業をする時のファッションや使う道具にもこだわりがあります。ガーデニングは重労働なので、せめてオシャレぐらいしましょうよというのが佐藤さんの考え方。そして、道具も例えば、いつかは土に返る、もみ殻で作られた鉢を使うなど環境にも配慮しているそうです。

そんな佐藤さんは現在、ガーデンデザイナーとして個人宅や公共施設の植栽デザインを中心に仕事をしています。

「日本、特に大都市圏にはお庭のある家が少ないので、個人のお宅の庭を作る機会がほとんどないのが残念ですね。将来は皆さんに発信できるお庭を作って、緑の楽しさを伝えていきたいと思っています」(佐藤さん)

ガーデンデザイナーの佐藤麻貴子さん、LEEでトータルコーディネート

ファッションはライフスタイルそのもの

最後に、今回の「エシカルファッションカレッジ」の学長を務めたリー・ジャパンの細川秀和さんにお話をお聞きしました。

ちなみに、リーは1889年にアメリカで創設された、高品質と普遍的なデザインが人気ジーンズメーカーです。日本では1987年にリー・ジャパンとしてライセンスを取得しました。環境と人にやさしい技術の開発・活動を積極的に行っている会社としてもよく知られています。

エシカルファッションカレッジ細川秀和学長(リー・ジャパン取締役)

「初日は朝方に天気が悪かったせいか、お客さんの出足が今一つで心配しました。でも、終わってみたら昨年以上の大盛況でホッとしましたね」と細川さん。

今年は会期を2日間にし、去年は扱わなかった食やエネルギーなどの分野を広げたことについては、

「ファッションは何も着るものだけではなく、ライフスタイルそのものがファッションだと思うんです。だから正直なところ、エシカルがどうしたとか、そんな難しいことはどうでもよくて、今回のイベントをきっかけにして軽い気持ちで入ってきてくれればそれでいいんです」

細川さんのその願いは来場者にも通じ、誰もが何かを「持ちかえる」ことのできた2日間になったのではないでしょうか?

「エシカルファッションカレッジ」Photo Gallery

絞り染め体験実習の様子

LeeのTシャツを好みの色で絞り染めに挑戦

インドを感じる糸紡ぎ実習、畑で収穫されたオーガニックコットン

コミュニティー・フェアトレード メイクアップ講座の様子

ーーBackstage from “ethica”ーー

イギリスでガーデニングを学んだ佐藤麻貴子さんは、2012年に”日本の復興”と題し、ハンプトンコートパレスフラワーショーにて初の出展。’シルバーギルド受賞’されました。詳しくはこちらから→http://gardencharityuk.jimdo.com/

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

 

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

身長192㎝の大型新人、国内最大級のシンガーソングライター『浜端ヨウヘイ』が6月10日いよいよ待望のファースト アルバムをリリース 〜山崎まさよし、BLACK BOTTOM BRASS BAND、金原千恵子といった豪華ゲスト陣の演奏も収録〜
着実に広がりつつあるエシカル消費、渋谷ヒカリエShinQsが展開するエシカルとは? 8つのカテゴリーで「エシカル」をより身近にわかりやすく。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます