飢餓に苦しむ子供たちの給食のために 「TABLE FOR TWO」が2つの取り組みを実施
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
飢餓に苦しむ子供たちの給食のために 「TABLE FOR TWO」が2つの取り組みを実施

日本発、世界の食料問題の解決に取り組むNPO法人「TABLE FOR TWO Internatiоnal」(以下TFT)では、国連が定めた10月16日の「世界食料デー」に向けて、「CUP FOR TWOプログラム」と「100万人のいただきます!キャンペーン」の2つの活動を実施します。

機能性飲料の売り上げの一部を寄付

「CUP FOR TWOプログラム」は、TFTの活動に賛同している西友、スマイル(包装資材、食品・酒類、生活雑貨の分野を扱う商社)とともに10月1日から行っているもので、スマイルが管理する西友オリジナルの自動販売機926台で販売するカロリーに配慮した機能性飲料「キリン アミノサプリC」の売り上げのうち、1本につき10円をアジアやアフリカなどの開発途上国の子供たちの給食のために寄付をしようという取り組みです。

先進国の人たちが健康に配慮した飲料を飲むことで、途上国に暮らす子供たちの健康的な生活に寄与することを目的に、自動販売機での飲料の購入を通じて、多くの消費者や従業員に気軽に寄付行為に参加してもらうことを目指しています。

「おにぎり」を通じて世界の食を考える

「100万人のいただきます!キャンペーン」には2つのアクションがあります。

1つは10月16日のランチタイムに全国各地で参加者が、おにぎりを作るか、あるいは購入し、おにぎりを食べるシーンの写真を特設サイトに投稿すると、参加者に代わって協賛企業が写真1枚につき100円をTFTに寄付し、アフリカやアジアの子供たちに温かな給食5食分をプレゼントするというものです。

また、もう1つのアクションは、店舗や社員食堂でTFT寄付付きの商品を購入すると、代金のうち20円が寄付となり、ヘルシーメニューの喫食でのカロリーオフを通じて、同じくアフリカやアジアの子供たちに温かな給食を届けようというものです。

どちらのアクションも10月16日から11月30日まで行われます。

■西友ホームページ内「サステナビリティ・ページ」
http://www.seiyu.co.jp/company/sustainability/

■おにぎり『いただきます!』ソーシャルアクション
http://jp.tablefor2.org/campaign/onigiri/

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

清水 一利

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

国連WFPとジャパンラグビートップリーグが キャンペーン「タックルハンガー~飢餓へ立ち向かえ~」に協力
「ジャポニカ学習帳」に自然以外のテーマが37年ぶりに登場 「日本の伝統文化シリーズ『歌舞伎』」12月に発売

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます