遠近由美子さん(前編):好きな事や目の前にある仕事を一つ一つ大事にしてきたら今日につながった。 キレイにがんばる、ワタシにコダワリのご褒美! 美活スタイル応援計画VOL.1 提供: Doleグミ・キャンディ
sponsored
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
遠近由美子さん(前編):好きな事や目の前にある仕事を一つ一つ大事にしてきたら今日につながった。

ラジオDJとして活動しながら、多彩な才能を発揮する遠近由美子さん  Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA) HM=KAYOKO HATANAKA

ラジオDJとして活動しながら、 株式会社Hearts easeの代表として カフェ経営や 店舗プロデュース、自身のティーブランド「TOCHICA」を立ち上げるなど、多彩な才能を発揮する遠近由美子さん。忙しい毎日をいつも美しく元気よく健康的に過ごしている、そんな遠近さんに、前編では「ラジオDJになるまでの苦悩、それを克服する心の持ち方とライフスタイル」さらに「アメリカ留学」のお話を伺いました。

自分の言葉が反響となってすぐに返ってくるラジオの楽しさ

もともと大学生の頃から雑誌でモデルをやっていました。その雑誌とラジオ局がタイアップする企画があって、それをきっかけに初めてマイクの前に座らせてもらったんです。

それまでやっていた雑誌のモデルのお仕事は、コミュニケーションというよりは一方的でしょう?それに比べてラジオDJというのは、自分が話をしたことに対してリスナーさんの反応が、その場でちゃんと反響としてかえってくるんです。

質問を投げかけると、すぐに大勢の方がメールで返信してくれるんです。こんなにたくさんの人と一度にお話ができるなんて、何て楽しいのだろう!って思いましたね。当時は、お仕事としてやるならラジオDJのほうがモデルよりも長くできるんじゃないかなという甘い考えもありました。実際は「喋る」という誰でもできる事を仕事にする難しさに、後で気づくんですけどね。そしてその時は、ラジオDJとしてやっていくのなら英語をしゃべれたほうがいいかなと思い、学校を卒業してからアメリカに留学したんです。

「もう一度ラジオの仕事がしたい」と必死の売り込み

最初はニューヨークから車で3時間ぐらいのボルティモアの田舎町に行って、そこで1年ほど英語の勉強をしました。その後、ニューヨークのファッションの学校に行こうと思っていたんです。

ところが、たまたまその学校に入る1カ月前に西海岸の友だちのところに遊びに行ったその時に、「私は絶対に東海岸より西海岸のほうがあってる!」と思ってしまい、急遽、ニューヨークからサンディエゴの大学に行き先を変更しました!で、結局そのままサンディエゴに2年くらいいましたから、アメリカには都合3年弱いたことになりますね。

日本に帰ってきて、普通に就職しようかなと思って会社の面接を受けたりもしました。
でも、やっぱり以前やっていたラジオの仕事が楽しかったので、できればもう一度やりたいなと思って、最初の番組を担当していたラジオ局のディレクターのところに売り込みに行ったんです。「海外から戻りましたので、ラジオのお仕事を本気でやりたいんです。」と。

普通3年も離れていたらなかなか復帰なんかできませんよね。だからそのディレクターがいるクラブイベントにしょっちゅう押しかけ、ニコニコ笑いながら「いつお仕事のお話しできます?」と冗談ふうに、でもかなりしつこく真剣に売り込んだんです。諦めない子だなと思われたんじゃないですかね?

ラッキーなことに、深夜番組で使ってもらえることになったんですよ。いわば突撃レポーターのような役回りで、ラジオなのに時には水着を着たり、衣装を作ってダンスのコンテストに出たり、とにかくいろいろなことをやらせてもらいました。当時の私のウリはノリと勢い!とにかく楽しかったですね。

「ラジオDJとして本気でやっていくのなら英語をしゃべれたほうがいいかなと学校を卒業してからアメリカに留学したんです。」 Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

明日もう一回やってダメなら明後日辞めよう

こんな話をすると、私は性格的にアクティブで物怖じしないタイプと思われるかもしれませんが、実はそうでもないんですよね。

結構小さなことも気にするし、人知れずひとり反省会もします。「今日、番組でいったあの一言、どうだったんだろう」とか、家に帰ってからしばらく気にしていることもあります。初回の突撃レポートの時もド緊張のあまり生放送が終わった瞬間に知恵熱が出ちゃってフラフラで帰ったり。

自分なりに考えると、ちょっと無理をしても、元気を装うタイプ、カッコつけたがり屋なのかもしれませんね。時には失敗をして落ち込んだり、悲しい事があったりすることもありますね。でもリスナーさんが求めているのは、元気な私なんだろうなって。それに落ち込んでるDJの話なんて誰も聞きたくないよね?と思うので、なるべく自分が理想とする自分でいたいんです。私はやせ我慢でも笑っているうちに本当に笑えるようになるタイプなんだろうなと思います。

ご自身で経営されているレストラン&カフェ「スコッチバンク渋谷」のスタッフさん。パンケーキが行列が出来るほど大人気!! Photo=YUSUKE TAMURA (TRANSMEDIA)

ラジオのお仕事をしてきた中での失敗談は、挙げたらキリがないくらい沢山ありますし、もう辞めようかなと思ったことも何度もあります。

特に最初の数年は毎回、本番が終わるたび思っていたような気もしますね。駆け出しの新人は経験もないのでプロフェッショナルとして完璧な仕事なんて出来ないんですよね。それなのに、できるふりをしてオーディションを受けなくてはいけないし「私はラジオDJです」っていって番組をもらいに行くわけですよ。

でも、「ラジオDJです」といっても、ラジオDJになりたいだけで、実際はまだ「ラジオDJの仕事がこなせる訳ではないんですよね。ただありがたい事に、実力とは別にラッキーでお仕事をいただける時もあります。 でもやっぱり当然、思い描いたように上手にはできないんです。

そういう時、いちばん辛いのは、怒られることよりも、期待外れだったと周りにがっかりされること。そのたびに「自分には向いていないのかな」と考えてしまうのですが、落ち込んだ時にはいつも「本当に辞めたくなったら、明日辞めればいい!」と思っていました。取りあえず、明日もう1回マイクの前に座ってみて、そこでやっぱりダメだったら、明後日辞めよう。そうやって1日1日、目の前にあるお仕事をこなしていったら、今日になっていた、という感じです。

与えられた仕事を経験がなくても期待されている以上にやり遂げられる人というのは本当に才能がある人だと思います。でも、私はそういうタイプではないので、「経験」という名の薄い紙を1枚1枚を積み上げていって、気がついたらあの時できなかったことが今はできるようになっていた、そんな感じです。

仕事の上で影響を受けたという意味では、特にこの人という人はいませんが「ああ、こういう言葉の使い方をすると相手に気持ちが伝わるな」とか、「この人の間の取り方はいいな」とかいろいろな人の好きなところをちょっとずつちょっとずつ真似して、自分の番組でコッソリやってみたり、「自分だけの秘密の課題をクリアする」みたいなことはよくやっていましたよ。

まもなくオープン!お客様をお出迎え。

グミの差し入れに、おもわず、スタッフさんの自然な笑顔が...

キレイにがんばる、ワタシにコダワリのご褒美!

エシカ: 「いっけん華やかなイメージが多いお仕事ですが、遠近さんのお話をお聞きしていると、いくどの挫折を克服しながら、毎日を一歩ずつ積み上げてこられたのですね。お仕事を頑張ることと健康的で美しくあることとの両立は努力が必要だと思うのですが、アメリカ留学中、現地の方の食事に対する意識はいかがでしたか?」

遠近: 「ニューヨークでは歩きながら野菜やフルーツを食べている人をよく見かけました。特に朝の通勤時です。私のルームメイトも、小さな人参をポリポリ食べながら通学していましたし、『朝に野菜やフルーツ』をというヘルシーな嗜好は日本よりも早い段階から浸透していたと思いますね。『仕事ができる人』=『セルフケアができている人』、『セルフケアができない人』=『仕事ができない人』みたいなことが既に言われていましたからね。エリートビジネスマンは、仕事前にジムに行き、ワゴンショップでフルーツを買い、それをかじりながら颯爽と会社へ行く。そんなイメージがあったので、爽やかにリンゴをかじりながら歩いているニューヨーカーはとても格好良く見えました」

エシカ: 「先ほども遠近さんからお話もあった、ヘルシー趣向にイメージにぴったりの食物繊維やビタミンC、更にはコラーゲンを配合したフルーティーなグミをおやつで用意しております。スタッフの皆さんとご試食いただき、後ほどエシカから皆様にプレゼントキャンペーンのご紹介もありまして、ご感想をお聞かせいただけますか?」

スタッフの皆さんと、NEW(コラーゲン・食物繊維配合)実感果実グミを試食♪ (巻末でエシカからプレゼントキャンペーンのご案内があります。)

遠近: 「忙しい時ほどこういうフルーティーなグミがあると、持ち運べるフルーツのようで気分転換にもなりますね。仕事の合間のリフレッシュ、次の仕事に行く前に『よし!頑張ろう!』とスイッチを入れる時にピッタリだと思います。甘酸っぱいものを口にすると頑張ろうと思えるので、そういう時に良さそうですね。『果汁たっぷりのピューレ入り』でおいしいですね。
それに『コラーゲン』や『食物繊維』も入っているので、美容や健康を気にされている女性にとっては『美味しい』『キレイ』ダブルで嬉しいですね」後編につづく

遠近由美子さん(後編):お仕事を頑張ったあとに、自分へのプチご褒美ではじめたハーブティーがライフワークにつながった。

提供:DOLEグミ・キャンディ

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

オリジナル健康飲料「しょうがと蜂蜜のドリンク」新発売
「サラヤ・東京サラヤ」が「エコマークアワード2015」金賞を受賞

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます