「ペロペロ★スパ~クルズ」で注目のイラストレーター:せきやゆりえさん 「記憶イラストリレー」にチャレンジ!!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「ペロペロ★スパ~クルズ」で注目のイラストレーター:せきやゆりえさん

女の子なら誰でもキュンとくるような、大きなキラキラの瞳が特徴のイラストを見たことがありませんか? そのオリジナルキャラクター「ペロペロ★スパ~クルズ」の生みの親として注目されているのがイラストレーター、せきやゆりえさんです。

1987年生まれのせきやさんは2010年に多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業後、プロとして仕事を始め、ファッション誌やブランドなどで幅広く活動。昨年10月には東京・中野のギャラリー「pixiv Zingaro」で初めての個展「キラキラおめめのおんなの子」展を開催して話題になった他、この2月20日からは「ペロペロ★スパ〜クルズ」グッズが「KIDDY LAND原宿店」で販売されるなど今、乗りに乗っている新進気鋭の女性クリエーターです。

広告イラストを伝言ゲームのようにつないでいく

そのせきやさんが参加している「記憶イラストリレー」が公式Webサイトおよび関西地区の駅貼りポスターで2月28日(日)まで公開されています。

これは、多機能IC決済サービス「PiTaPa」のサービス内容理解促進を目的とした、情報伝達の可能性を探る実験的広告。1分間で前の作家のイラストを覚えて、広告イラストを伝言ゲームのようにしてあやふやな記憶で描きつないでいこうというものです。

参加しているのは、せきやさんの他、JUNBOwさん(デザイナー・イラストレーター・立体クリエーター)、山根慶丈さん(イラストレーター)、藤井亮さん(アートディレクター)、スージー甘金 さん(マンガ・イラストレーター・コミック画家)、フカヒレさん(イラストレーター)、森田まさのりさん(漫画家)、しりあがり寿さん(イラストレーター・漫画家)、寺田克也さん(イラストレーター)、100%ORANGEさん(イラストレーター)の全部10人。果たして「PiTaPa」の広告がどうなってしまうのか、大いに興味をそそられるところです。

今回の企画に関して、せきやさんは、

「これはもちろん褒めているのですが、何とふざけた企画だ!!と思いました。豪華メンバーにも震えました。プロが全力でふざけるという、最高の企画に参加させていただけて本当に光栄です。

とくに注目していただきたいのが、私がPiTaPaのイメージキャラクターである忍者の『ぴたまる』をクマに変えてしまい、しかも、そのクマが最後まで残っているところです。PiTaPaさん、ぴたまるくん、すみませんでした!!!!」

と感想を語って頂きました。

また、エシカのメインコンセプト「私によくて世界にイイ。」ことについては、

「私は、よくtwitterを活用するのですが、『イラストレーターなのに私生活を結構赤裸々に書くね』と言われます。

『そんなことイラストレーターのくせに書くなよ』という人もいますし、『その赤裸々な部分がすごく良いです』といってくださる方もいます。最近、これはわたしにとっての強みなのかな?と思い始めています。

『そんなことわざわざいうなんて』と思われるようなことも、あえていってしまうことで、親近感や意外性、共感や批判を生んで、より興味を持ってもらうきっかけになるのかなぁと思っています。

逆に私生活が一切みえない、ミステリアスな作家に強い憧れもありますが、それは他の人に任せようかなと!! そして赤裸々になることは自分にとってもすごく気持ちがよく、いつもみんなに見られている!という気になって背筋が伸びます。これからもすべてをさらけだして作品作り頑張ります!!」

というコメントを寄せてくださいました。

Photo Gallery 「関西地区の駅貼りポスターで2月28日(日)まで」

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回の記事は広告会社(関西支社)コピーライターの石本藍子さん(20代・大阪府出身)から、エシカ編集部宛に「多忙な女性のみなさんの昼休みや、残業のおともに、ちょこっと笑って話題にしてもらえたら・・・」との投書が発端で、掲載が実現しました。石本さん情報提供ありがとうございました!(ethica編集長:大谷賢太郎)

公式サイト:http://www.pitapa.com/kioku/

掲出場所:大阪市営地下鉄各駅、北大阪急行ハーフジャック、阪急電鉄梅田駅、阪神電鉄梅田駅、近畿日本鉄道大阪難波駅、南海電気鉄道なんば駅、京阪電気鉄道各駅、京都市営地下鉄各駅、神戸市営地下鉄各駅

~私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)
http://www.ethica.jp/

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

ピープル・ツリーのロングセラー商品「オーガニックダージリンティー」がパッケージをリニューアル
政府が文化庁の京都移転の方針を明らかに

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます