男性が女性に気軽に花を贈る文化を育もう (フラワーデザイナー:田中秀行さん主催) 「AFRIKA ROSE」主宰「AFRIKA ROSE アンバサダー x 花屋女子会」開催(前編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
男性が女性に気軽に花を贈る文化を育もう (フラワーデザイナー:田中秀行さん主催)

(左)本イベントを主催したフラワーデザイナーの田中秀行さん。 6月15日(火)放映のNHK『ひるまえほっと』生放送に出演するなど、今後の活動に増々目が離せない。

アフリカ・ケニアの大地とエネルギーが育んだ色鮮やかな大輪のバラを輸入、東京・広尾の直営店「AFRIKA ROSE」で販売しているソーシャルアントレプレナー、萩生田愛(はぎうだめぐみ)さんとフラワーデザイナー田中秀行さんの呼びかけによる「AFRIKA ROSE アンバサダー x 花屋女子会」が、先日、都内のレストランで開催されました。

欧米に比べて、日本は男性が女性に花を贈る機会は誕生日などの記念日に限定されてしまっています。そうした風潮を変えて、何でもない日でも気軽に男性が女性に花を贈るようになればいい。女性も期待していない時に花をプレゼントされれば、そこにサプライズが生まれるのではないかという萩生田さんが、その思いを広めようと考えたのがAFRIKA ROSE アンバサダーです。

年齢も職業も様々な15人のAFRIKA ROSE アンバサダーは、萩生田さんが日頃の仕事やお店を通じて知り合った、花好きな心優しき男性たちです。現在は月に1回集まって、

1.AFRIKAROSEの良さを世の中に広めること=Publiic Relations

2.バラの日常使い文化を根づかせること=Life Style

3.男性から女性への花贈り文化の創造=Gift

4.花育(小さな子供たちに、花が身近にある生活の素晴らしさを伝えていく)=Education

5.社会問題の解決(晩婚化が進んでいる日本の男女に、花を通じてのコミュニケーションを進める)=Social

の5つの目的を達成するため、萩生田さんとともに活動しています。

萩生田愛(はぎうだめぐみ)さん

ハープの生演奏をバックに、シェフのお勧め料理やワインが振る舞われ、終始和やかなムード♪

一方、花屋女子会は、萩生田さんが推進している、花屋の1日体験をするというプログラム。いつの世も女の子が将来なりたい職業のベスト3に入っている「お花屋さん」ですが、大人になってくるにつれて「朝が早い」「手が荒れる」などいろいろな理由で花屋になることを断念してしまいます。

そこで、大人になって一度は体験してみたいという女性のために、「AFRIKA ROSE」で1日働き、ブーケづくりや接客を体験してもらおうというのがその狙いです。

今回は、そのプログラムに参加した女性たちが集まり、AFRIKA ROSE アンバサダーの男性たちと話し合いました。

花屋女子会メンバー 牧野まほさん

男性が最も気になる「花を贈られた女性はどのような印象を持つのか」

テーマは大きく分けて

1.男性から女性に花を贈ることについて、女性はどのような印象を持つのか?

2.どんな時にもらうと嬉しいか? もしくは、嬉しいと思われるか?

3.この活動を広めるためにどのようなことをしたらいいか?

の3つ。

その中で、男性たちが特に知りたかったことは、1番の、花を贈られた女性はどのような印象を持つのかということでした。それに対して、女性たちからは、

「普段、女性に花を贈ることをしないような人からいきなりもらうと、正直いって戸惑うこともありますね。相手にやましい気持ちがなかったとしても、自分だけに渡されたりすると、たとえ1本でも強い思いを感じてしまいます」

「奥さんや恋人とうまくいっていることを知っている人、そういうことを広言している人なら抵抗なく素直に受け取れます。でも、そうではない人からだと、やっぱり考えてしまいますね。私は花をもらうということに慣れていないので、余計に重く感じてしまうのかもしれませんが」

などの意見が出されました。

では、変な下心なく、純粋な気持ちで花を贈りたい場合、どうしたらいいのかというと、アンバサダーから、

「花に添える、何かPOPのようなものがあればいいのではないでしょうか? 例えば『いつも、あなたに感謝しています』といったようなPOPを添えて贈れば、妙な誤解をされずに済むのではないかと思います。男性から女性に花を贈る時というのは大義名分が大事ですが、多くの男性はそれを説明するのが苦手なので、そういうPOPがあれば嬉しいです」

といった意見が出されました。

(左)田中秀行さん (右)萩生田愛(はぎうだめぐみ)さん

会は大いに盛り上がり、終了予定時間を1時間もオーバーするほどでした。会を終えて、男性は、

「いろいろなプレゼントをありますが、その中で花は一段ステージが高く、バラは花の中でもさらにステージが高いアイテムだと思います。だからこそ贈り方は難しいですが、うまく使えば素敵なことが起こるのではないでしょうか? その素敵なことが何かは、これからみんなで考えていきたいですね」

「男性から女性に花をスマートに贈るにはどうしたらいいか、こんなことを真剣に話し合っているのは、おそらく、この会だけでしょう。でも、一つのことでこんなに盛り上がれるのは素敵なことです。ここから草の根的に広がって、日本でも男性が女性に花を贈ることが普通のことになっていくといいですね」

と、感想を述べていました。

会合は、ハーブの生演奏をBGMに、東京湾の夜景を眺めながら、シェフの一押し料理やワインを楽しみながら終始和やかなムードで盛り上がり、ついつい時間を忘れるほど白熱した空間に......。

また、萩生田さんは、

「普段は花を売っていますが、花を贈る人、贈られる人が、何をどう感じているのかがよく分かって、とても有意義な1日になりました。こういうつながりがどんどん広がれば、素敵な男性や女性が増えていくのではないかと思いますね」

と、感想を述べていました。(後編につづく。)

あなたにとって「私によくて、世界にイイ。」とは?AFRIKA ROSE アンバサダー6名に伺いしました!(フラワーデザイナー:田中秀行さん x ethicaコラボ企画)「AFRIKA ROSE」主宰「AFRIKA ROSE アンバサダー x 花屋女子会」開催(後編)

主催者 田中秀行さんのご紹介

AFRIKA ROSE
Flower Designer/取締役
金融業界を経て、クリスチャントルチュ、エリック・ショヴァンを輩出したフランス政府公認フラワーデザインスクールにて基礎を学び
フレンチスタイルを取り入れた独自のデザインを築く。ジョエル・ロブション装花をはじめ、LEXUS(シークレットレッスン)、アルファ ロメオなど活動の幅を広げている。
AFRIKAROSEを通じてこころが豊かになれる人が1人でも多くなるよう尽力している。

記者 清水 一利(しみずかずとし)
1955年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、1979年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。1986年、同社退社後、1987年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。2012年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、2013年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

ーーPLAYBACK ETHICAーー

日本初、ケニアから最短であなたのもとへ薔薇を届ける、「AFRIKA ROSE」。~エネルギーあふれるアフリカの薔薇で彩るエシカルウエディングも提案~

ーー“ethica” Movie Recommendationーー

・GLOBAL WORK(グローバルワーク) 『世界人』 #037 萩生田愛

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

清水 一利

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

北欧デンマーク生まれの「フライング タイガー コペンハーゲン」と「ホームパーティー検定」がコラボレーション TIPS記事は、 ホームパーティー検定1級取得者のフードコーディネーター、 久林紘子さん
神戸の街を元気にしたいという声からスタートしたファッションイベント「神戸コレクション」2016 AUTUMN/WINTERを9月17日(土)開催 今年のテーマは「#ハッピーオーラ」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます