エシカが注目する女性シンガー「Ryu Miho」さん、”JAZZY POP” な新作「Call me」7月27日リリース (前編)知的でセクシーな女性JAZZY-POPシンガーの約3年振り、待望の新作。
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
エシカが注目する女性シンガー「Ryu Miho」さん、”JAZZY POP” な新作「Call me」7月27日リリース

写真提供:キングレコード株式会社

女性ジャズシンガー 「Ryu Miho」さんが約3年振りとなる待望の新作「Call me」を7月27日リリースしました。

Ryu Mihoさんはロサンゼルスに生まれ、幼少期に帰国し鎌倉で育つ。ジャズ好きの父親、R&B好きの母親の影響で、幼少よりさまざまな音楽に慣れ親しんできたそうです。

7歳の時にヘレン・メリルに衝撃を受け10 歳よりピアノを始め、音楽のセッションに目覚めたRyu Mihoさんはキリスト教系の中学校に入学し聖歌隊へ所属。高校ではロックバンドを結成し、キーボード、ギターを担当するとともにこの頃から作詞、作曲を始めました。

そんな中、再びジャズに目覚めスタンダードを歌い始めたところ、多くの関係者の注目を浴び、2009 年デビューアルバム「woman with LOVE」をリリース。センスの良い選曲のジャジー・カヴァー、ハスキーでコケティッシュなウィスパーヴォイス、知的でセクシーなヴィジュアルが 魅力で、オシャレに敏感な同世代女性はもちろん、男性ファンもじわじわと増加中の、エシカ注目の女性ジャズシンガーです。

今作では小沼ようすけさんとのデュオ「The nearness of you」を含む数曲を、ネイティヴDSD11.2MHz の最高音質での録音にも挑戦し、アルバム発売に先駆けて6 月よりリードシングルとしてハイレゾ配信で先行配信し、その心地よいウィスパーヴォイスがジャズファンのみならずオーディオファンの心も掴み、「ハイレゾクイーン」と称され人気を集めています。

また、ジャズ・スタンダードを中心とした選曲の中、ジェームス・ブラントの名曲「You’ re beautiful」のカバー、切ない女心を言葉少なに官能的に綴った渾身のオリジナル曲「Call me」も必聴です。

後編につづく。

ーーBackstage from “ethica”ーー

Ryu Mihoさんの声はかすれていて艶やかでありながら、どこか少女らしい、女性の中にある中性的な側面をも感じさせる気がいたします。彼女のことを3年前に知っていたファンは彼女の成長した大人の魅力に、これを機に知るファンはその容姿と声の美しさにうっとりすること間違いなし!ジャジーなテイストとポップが融合したような、そんなおしゃれで耳馴染みの良いメロディは、雨の日のカフェで聴いてみたいようなやさしい耳心地です。

視聴はこちらから
https://itunes.apple.com/jp/album/call-me/id1133051085

ペンネーム:M. M.

後編では、Mihoさんに”JAZZY  POP”  というジャンルについて、Mihoさんのライフスタイルなどについてお聞きしました。

(後編)Ryu Mihoさんインタビュー エシカ注目の女性シンガーのMVをご紹介!

ーーPLAYBACK ETHICAーー

ethica × KING RECORDS インタビュー映像(制作:株式会社トランスメディア)

・南里沙さん ETHICA TV VOL.1

・ナガシマトモコさん ETHICA TV VOL.2

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

今年は日本・イタリア国交樹立150年のアニバーサリーイヤー!小松菜奈とVarvara Shutovaがカバーを飾る『VOGUE JAPAN』9月号別冊「ITALIAN Lifestyle in Japan」でイタリア最新情報を紹介 日本の歴史に残る名所、東京・三田のイタリア大使館を舞台に、日本とイタリアの素敵な関係を演じる映像も公開
人気料理家 栗原はるみさんから、親子で楽しめるパン作りアイテムの新提案 Pick Up! PR 

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます