エシカが注目する女性シンガー「Ryu Miho」さん、”JAZZY POP” な新作「Call me」7月27日リリース (前編)知的でセクシーな女性JAZZY-POPシンガーの約3年振り、待望の新作。
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
エシカが注目する女性シンガー「Ryu Miho」さん、”JAZZY POP” な新作「Call me」7月27日リリース

写真提供:キングレコード株式会社

女性ジャズシンガー 「Ryu Miho」さんが約3年振りとなる待望の新作「Call me」を7月27日リリースしました。

Ryu Mihoさんはロサンゼルスに生まれ、幼少期に帰国し鎌倉で育つ。ジャズ好きの父親、R&B好きの母親の影響で、幼少よりさまざまな音楽に慣れ親しんできたそうです。

7歳の時にヘレン・メリルに衝撃を受け10 歳よりピアノを始め、音楽のセッションに目覚めたRyu Mihoさんはキリスト教系の中学校に入学し聖歌隊へ所属。高校ではロックバンドを結成し、キーボード、ギターを担当するとともにこの頃から作詞、作曲を始めました。

そんな中、再びジャズに目覚めスタンダードを歌い始めたところ、多くの関係者の注目を浴び、2009 年デビューアルバム「woman with LOVE」をリリース。センスの良い選曲のジャジー・カヴァー、ハスキーでコケティッシュなウィスパーヴォイス、知的でセクシーなヴィジュアルが 魅力で、オシャレに敏感な同世代女性はもちろん、男性ファンもじわじわと増加中の、エシカ注目の女性ジャズシンガーです。

今作では小沼ようすけさんとのデュオ「The nearness of you」を含む数曲を、ネイティヴDSD11.2MHz の最高音質での録音にも挑戦し、アルバム発売に先駆けて6 月よりリードシングルとしてハイレゾ配信で先行配信し、その心地よいウィスパーヴォイスがジャズファンのみならずオーディオファンの心も掴み、「ハイレゾクイーン」と称され人気を集めています。

また、ジャズ・スタンダードを中心とした選曲の中、ジェームス・ブラントの名曲「You’ re beautiful」のカバー、切ない女心を言葉少なに官能的に綴った渾身のオリジナル曲「Call me」も必聴です。

後編につづく。

ーーBackstage from “ethica”ーー

Ryu Mihoさんの声はかすれていて艶やかでありながら、どこか少女らしい、女性の中にある中性的な側面をも感じさせる気がいたします。彼女のことを3年前に知っていたファンは彼女の成長した大人の魅力に、これを機に知るファンはその容姿と声の美しさにうっとりすること間違いなし!ジャジーなテイストとポップが融合したような、そんなおしゃれで耳馴染みの良いメロディは、雨の日のカフェで聴いてみたいようなやさしい耳心地です。

視聴はこちらから
https://itunes.apple.com/jp/album/call-me/id1133051085

ペンネーム:M. M.

後編では、Mihoさんに”JAZZY  POP”  というジャンルについて、Mihoさんのライフスタイルなどについてお聞きしました。

(後編)Ryu Mihoさんインタビュー エシカ注目の女性シンガーのMVをご紹介!

ーーPLAYBACK ETHICAーー

ethica × KING RECORDS インタビュー映像(制作:株式会社トランスメディア)

・南里沙さん ETHICA TV VOL.1

・ナガシマトモコさん ETHICA TV VOL.2

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

今年は日本・イタリア国交樹立150年のアニバーサリーイヤー!小松菜奈とVarvara Shutovaがカバーを飾る『VOGUE JAPAN』9月号別冊「ITALIAN Lifestyle in Japan」でイタリア最新情報を紹介 日本の歴史に残る名所、東京・三田のイタリア大使館を舞台に、日本とイタリアの素敵な関係を演じる映像も公開
人気料理家 栗原はるみさんから、親子で楽しめるパン作りアイテムの新提案 Pick Up! PR 

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます