オーガニック認証の世界基準ECOCERT(エコサート)を取得した、使う人にも地球にも優しいヘアケア商品、アデランス「スカルプガード オーガリッチ」デビュー!
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
オーガニック認証の世界基準ECOCERT(エコサート)を取得した、使う人にも地球にも優しいヘアケア商品、アデランス「スカルプガード オーガリッチ」デビュー!

左から「プレトリートメント」、「シャンプー」、「トリートメント」、「ヘアエッセンス」

洗い心地や仕上がりで選ぶヘアケア商品。でも、原材料だって気になるーー。そんなこだわり派注目、使う人にも地球にも優しいヘアケアシリーズが誕生!それが、ウィッグ開発、頭皮や毛髪研究のフロントランナーであるアデランスからこの6月発売された「スカルプカード オーガリッチ」です。とことんオーガニックにこだわったという新シリーズ。アデランス研究開発部課長の伊藤憲男さんが、開発秘話や新商品にかける思いを語ります。

オーガニック認証の世界基準ECOCERT(エコサート)を取得した「本物」のヘアケアライン

ーー「スカルプガード オーガリッチ」シリーズは、どんな背景で生まれたのですか?

毛髪や頭皮に関する様々なお悩みに応えるため、当社ではシャンプーやコンディショナー、育毛剤といったヘアケア商品の開発も手がけています。これまではどちらかというと、お悩みへの効果を訴求した商品が中心でしたが、ヘアケア市場を見ると、特に女性を中心に「自然派」「オーガニック」といったライフスタイルを重視して商品を選ぶ人が増えている。そこで、「髪や頭皮の悩みを考えながらも、自分のライフスタイルは大切にしたい」という層に向け、新しい商品を開発しようと考えました。

12種類の天然成分「MOISTURE 12」 ※1ボタニカル美髪エッセンス(保湿)、※2エコサート認証のオーガニック原料(保湿)

長年、皮膚や毛髪科学の分野で研究を進めてきた当社としては、髪や頭皮に本当に効果を感じてもらえる「本物」を提供したい。そこで、フランスの国際有機認証機関で、オーガニック認証団体の世界基準とされる「エコサート」の認証を取得しました。アルガンオイルやタンカン果実水など12種類の天然植物成分を使用。原材料のうち、天然由来成分を97%以上、有機栽培成分を5%配合しています。その上で、シリコン、パラべン、合成香料や合成着色料、フェノキシエタノールといった保存料や添加物は一切使用していません。

さらに、成分・パッケージともに循環型社会作りを目指した素材を採用し、遺伝子組み換えをした植物成分は不使用と、地球環境改善にも取り組んでいます。また、議論がされている動物実験についても、この商品の開発において一切行っていません。

『スカルプ ガード オーガリッチ』は、フランスの国際有機認証機関でオーガニック認証団体の世界基準といわれるECOCERT(エコサート)の認証を取得

ーーラインナップは?

「プレトリートメント」「シャンプー」「トリートメント」「ヘアエッセンス」の4種です。「プレトリートメント」は、乾いた頭皮に使用することで落ちにくい皮脂汚れを浮かし、その後シャンプーすることでスッキリと洗うことができる。いわば、頭皮のクレンジングです。「シャンプー」は刺激が少なく、保湿成分がエイジングダメージのある頭皮を優しく洗い上げます。コンディショニング成分と保湿成分を豊富に配合した「トリートメント」は、頭皮に潤いを与え、さらに傷んだ髪の毛を補修して髪にハリやコシを与えます。そして「ヘアエッセンス」はブロー時の熱やブラッシングによるダメージから髪を守ってツヤとボリューム感のある仕上がりに。朝の寝癖直しなど、ブローローションとしても使えます。

地球環境改善への取り組みとして、成分・パッケージ共に循環型社会づくりを目指した素材を採用し、遺伝子組み換えをした植物成分は使用していない。

ライフスタイルを大切にするすべての女性の髪や頭皮の悩みに

ーー最近、オーガニックのヘアケアアイテムは増えてきていますが、そうした商品との違いは?

毛髪にアプローチする商品がほとんどなのに対し、「スカルプカード オーガリッチ」は、髪とともに頭皮をケアし、育毛までを意識した成分になっています。髪の毛のコンディションを整えるためには、頭皮の汚れをしっかりと落とし、代謝をよくすることが重要です。シャンプーでゴシゴシと力を入れて洗ったりすれば頭皮の汚れは落ちるには落ちるのですが、どうしても頭皮にも髪にも刺激となり、傷みの原因に。成分が低刺激だけでなく、頭皮にしっかりと働きかけることで少ない刺激で洗い上げることができる。それが「スカルプガード オーガリッチ」の大きな特徴と言えます。

アデランス研究開発部 伊藤憲男課長

ーーアデランスには美容系の商品をラインナップするブランドがあるとお聞きしました。

当社は長年、皮膚・毛髪研究の分野で研究に取り組み、最近は大学などとの産学連携、パートナー企業との共同研究などを積極的に進めています。そのノウハウを、毛髪だけでなく、スキンケア、スカルプケア、ボディケア、ヘルスケアなどに広く活かそうと、今年の4月に立ち上げたのが、先端美容をテーマにしたトータルビューティーライン「ビューステージ」というブランドです。「スカルプガード オーガリッチ」もこのブランドの1シリーズになります。

ーー「スカルプガード オーガリッチ」、今後どんな商品になってほしいですか?

一度使った方に「また使いたい」と感じてもらえる、長く愛される商品になれば。ライフスタイルを大切にし、健康的に暮らす女性の生活をさらに豊かにするーー。そんな存在に育っていってほしいと期待しています。

「スカルプガード オーガリッチ」シリーズは、全国のアデランス、レディスアデランス、アデランス公式サイトから購入できます。

ーーBackstage from “ethica”ーー

オーガニックの原材料や地球に優しい素材は大きな魅力ですが、やっぱり使い心地が良くなくちゃ!そこで取材後、早速シャンプーとトリートメントをトライアル。柑橘類の香りがさわやかできめ細やかな泡立ち、スッキリとした洗い心地ながら、仕上がりはとてもしなやか。ブローや紫外線などの刺激、日々のストレスでダメージを受けやすい毛髪や頭皮、ナチュラルなヘアケア商品でいたわってあげたいですね。

記者 中津海 麻子

慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞契約ライター、編集プロダクションなどを経てフリーランスに。人物インタビュー、食、ワイン、日本酒、本、音楽、アンチエイジングなどの取材記事を、新聞、雑誌、ウェブマガジンに寄稿。主な媒体は、朝日新聞、朝日新聞デジタル&w、週刊朝日、AERAムック、ワイン王国、JALカード会員誌AGORA、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」など。大のワンコ好き。

中津海 麻子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

コンセプトは「ナチュラル&オーガニック」自然にも人にも優しい数々の商品を世界中から集めた「BEAUTY LIBRARY」って? 〜斉藤アリスさんもご来場!〜
自宅をカフェみたいに心地いい空間に。『カフェみたいな暮らしを楽しむ本 部屋リメイク編』学研インテリアムック発売!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます