くしくも今日は2016年のボジョレー・ヌーヴォー解禁日! 映画『ブルゴーニュで会いましょう』自然派ワインを生み出す伝統的なぶどう足踏みシーン公開!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
くしくも今日は2016年のボジョレー・ヌーヴォー解禁日! 映画『ブルゴーニュで会いましょう』自然派ワインを生み出す伝統的なぶどう足踏みシーン公開!

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

秋も半ばをむかえ、ぶどうの収穫シーズンがやってきた。
今やワイン王国山梨をはじめ、北海道、長野、栃木などでもワイン造りがなされている日本。
昔はちょっと敷居の高い嗜好品だったワインも、今は仕事帰りに1杯できるごく身近な楽しみに。

10月下旬から11月中旬にかけてはワインラバーにとってビッグイベントの収穫祭の開催も各地であり、秋の深まりとともに益々深まるワインの楽しみ。
今週末いよいよ公開となる映画『ブルゴーニュで会いましょう』には、ワイン好きなら垂涎のシーンが散りばめられている。今回解禁となる本編映像は、今ブームの自然派ワインを生み出す伝統的なワイン造りのシーン。

バラバラになった家族を再生させるのは、幸せをもたらす1本のワイン。

20歳の時にブルゴーニュを離れパリで著名なワイン評論家となったシャルリ。ある日順風満帆な人生を変える出来事が起きる。実家のワイナリーが倒産の危機だというのだ。久しぶりに実家に戻り父親と再会するが、長い間疎遠になっていた溝はなかなか埋まらない。

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

「ワイン造りは家族で行うもの」という父親は、ワイナリーを捨てて出ていった息子を許すことができず、シャルリは頭の固い父親を疎ましく思っていた。しかし、家業であるワイナリーを売り払うということは、実家を失うということ。シャルリは家族を守るため、ワイナリー再建を自身の手で行うことを決心する。新しい技法を取り入れ、美味しいワインを作ろうとする息子と、そのやり方を受け入れられない父。

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

しかし、ぶつかりながらもいつしか互いに手を取り合い、家族に幸せをもたらす最高のワインを作り出そうとする…。

誰よりも家族を愛しながらも、素直にその気持ちを伝えることのできない不器用な父を演じるのは、『そして友よ、静かに死ね』(2012)等に出演し、フランスを代表する俳優、ジェラール・ランヴァン。そんな父に反発しながらも、ワイン造りに情熱を傾けていく息子には、役者であり、「イヴ・サンローラン」他、監督としても高い評価を受けるジャリル・レスペール。彼らを見守る女性たちにアリス・タグノリー、ローラ・スメットなどが顔を揃え、フランス映画界の多彩な俳優たちが物語を紡ぎます。

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

自然派ワインを生み出す伝統的なぶどう足踏みシーン公開!

昔ながらの本格ワイン製法といえば”ぶどう踏み”。ぶどうを人が足で踏み、それを発酵させワインが作られる。どこかで見かけたことがある人はいるかもしれないが、経験したことのある人はなかなかいないはず…シャルリは実家のワイナリーを再建するため、自然農法を採用し、自分にしかできない最高のワインを作ろうと奮闘するのだった。

この度、そんなシャルリたちが挑むぶどうの足踏みシーンをたっぷり公開!

大きな壺の中でブドウを踏むシャルリとその仲間たち。それまで父フランソワと確執のあったシャルリだったが、ワイン造りに真摯に向き合う息子の姿に、思わず顔のほころぶ父。
プチプチたくさんのぶどうを踏みつけているその様子はなんだか楽しそうでこちらまでワクワクしてくる!
くしくも今日は2016年のボジョレー・ヌーヴォー解禁日!
ワインが一層美味しく楽しめる季節がやってきた。さあ!映画館へ行った後は、心許せる友人、家族、恋人とともにワイングラスをかたむけて美味しい時間を過ごしてみては!

全編ブルゴーニュでの撮影はフランス映画史上初!
『ブルゴーニュで会いましょう』11月19日(土)、Bunkamuraル・シネマ他にて公開です。

(c)ALTER FILMS - TF1 FILM PRODUCTIONS – SND

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「宇治抹茶」を世界のブランドに! 西川史子さん・佐野ひなこさんが着物で登場
藤田ニコルさんが初プロデュース「彼からプレゼントされたい!」ペアリング 学生カップルにお勧めの一品!【シリーズ】サスティナブル・カップル

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます